この春、CRABデビューしませんか?手づかみが癖になる、あのお店。

402 view

春めいてまいりました!何か新しいことを始めたいと思いませんか?私は冬に溜め込んだ脂肪と糖質を分解すべく、ジムに通います。10年振りの決断です。

それはさておき、体を動かすっ事って良いですよね!その後に食べるご飯はもっと美味しいし!

 

今回はその二つを同時に体験できてしまう、画期的なお店のご紹介します!

 

 

シックな黒に『DANCING』のペイント文字が栄える外観。

IMG_2837

 

こちらは昨年8月に大阪グランフロントにOPENした『DANCING CRAB』さんです。

 

IMG_2834

 

テーブルの上にドパーっと広げられた蟹や海老、貝などを、手づかみで食べる。画期的でいて原始的なお店です。2014年4月にシンガポールにてオープンし、同年10月には新宿に出店して話題になりました。

 

IMG_2838

先程の外観といい、看板といい、何だかすごくオシャレです!!

気になる店内は、やっぱりオシャレでした。

 

IMG_2886_2

 

オシャレすぎて何だか落ち着かないぞ、、、

ザワつく私にスタッフさんが手渡ししてくれました物は、、、

 

 

この場所にあって、今の私に足りない物、、、

IMG_2910

コレです!蟹カチューシャです!何でも格好からって言いますし、恥ずかしがらず着帽して着席!

 

 

【ドリンクメニュー】

IMG_2841

オリジナルカクテルにハイボール、ワイン、ドリンクの種類は様々。どこかアメリカの古きと新しさを感じるデザインです。そして気になるYARD ヤード (650ml)を注文します!

 

 

 

【フードメニュー】

IMG_2856

 

国産を始め世界の漁港から寄せられる魚介達!『MARKET』と言う響きが世界の漁港をイメージさせます!

 

IMG_2858

こちらの看板メニューは何と言っても『シーフード コンボ』です。先程の【本日のMARKET】と【REGULAR  MARKET】から好きなものを自由に組み合わせて選べます。味付けはアメリカ南部ルイジアナ発祥のケイジャンソースに絡め、スパイシー且つワイルドに頂きます!

 

でも色々あって、やっぱり迷ってしまいます。ただ、そんな方でもご心配なく!メニューの下部にはそんな方にもおすすめなセットが2つ用意されていました。そこから、蟹たっぷりの【クラブバッグ】を今回は頂きます!

 

 

 

まず先にオーダーしていたドリンクがやってきましたよ!

 

 

ヤードビールってこんなに高いんだー

真上から眺める景色は絶景です!

IMG_2846

そこから待つことしばし、お待ちかねのシーフードコンボがやってきましたよ!!

 

 

予め引かれている、真っ新なペーパークロスの上に、、、

FullSizeRender (19)

 

 

運ばれてきたビニールの塊り、、もしやコレが!?

 

 

IMG_2944

 

 

スタッフさんが振りかぶるとすかさず、

 

ドッパーーーー!!!!

gv2HNo4Q

 

 

初めて見る光景に固唾を飲む一同。

 

そこにスパイシーな甘辛い香りが辺りを包みます

IMG_2950

 

 

恐る恐る手を出してみると、、、温かい!?      いや、熱い!!!

 

 

IMG_2946

 

 

握ったジャガイモが熱い、たったそれだけの事ですが、何だか笑ってしまいます。

 

慣れない手つきで掴みとり、口に運びます。

 

それだけの事ですが、笑いがとまりません。

 

 

汚れた手だけど気にせずグラスを握り締め傾けます。

 

ヤードビールのおかわりをプッハーー!!! (※傾斜があるので最後の一口はご注意ください、ドパーッと流れ込みます。)

IMG_2846

 

 

サイドメニューも充実です!アメリカでは定番の「クラブケーキ」は必食です!熱さに耐えてムッチムチの蟹の身を頬張ります!これも体験したことの無い食感でした。食べればケーキという名の意味が分かります!

IMG_2868

感じたことのない高揚感、そして幸福感。

食事ってやっぱり楽しいと、脇目もくれず楽しんでました。

 

 

 

この高揚感を更に盛り上げてくれるダンスパフォーマンスは圧巻です!!

バースデーサプライズの演出に【店内】、というよりかは【会場】の雰囲気は最高潮に達します。

 

 

 

・・・

 

 

 

 

持てる感覚を総動員して、楽しむ!これがDANCING CRABの楽しみ方です。

 

当然かもしれませんが今日行った仲間内4人が自宅で手づかみして食べても、お店で味わった様な気持ちにはなれないと思いました。

手づかみから得られる非日常をDANCING CRABさんは先回りして作り上げていると感じました。ただの食事ではなく、エンターテイメントの様相が強いのは巧みに仕掛けられた一つのおもてなしなのかもしれません。ただそこから先はもうお腹一杯で考えられません。。

 

ここ大阪の春はユニバもいいけどCRABもめちゃおすすめですよー!



お問い合わせ