【New York特集】ビジネスマン〜マダムまで!フードコートデザイン特集【番外編】

【New York特集】子どもさん〜ビジネスマン〜マダムまで!ニューヨークフードコート特集

をご覧くださった皆様ありがとうございます。

今回は【番外編】といたしまして、メニューデザイン研究員がオススメする今ニューヨークでもっともアツい場所をご紹介しましょう!

chelsea Marketチェルシーマーケット

75 9th Avenue (Between 15th and 16 Streets), New York, NY 10011

正確にはフードコードではなくモールになるのですがここが超楽しい!!

フードコート、レストラン、ファストフード、スーパーマーケット、洋服まで買えるお店です。筆者私など今回の1週間の研修中、4回行きました(笑

さっそく中に入りましょう!

2016-01-12 16.18.292016-01-12 16.23.512016-01-12 16.19.482016-01-12 16.19.52

ん??なんとも言えない暗くて古くさい雰囲気??

実はここ、以前ナビスコのクッキー工場だったのを改築して作られているんです。

ですからモールのデザインがところどころ工場跡地のままになっていて、それがなんとも雰囲気がいいんです!

どんどんお店をご紹介していきましょう!

まずは有名なブラウニー屋さんFat witch bakery。日本に帰ってきてから知ったのですが、なんと日本で買えるようになっていました!こってりとしたブラウニーはコーヒーにぴったりです。

2016-01-12 16.23.21

実は今回日本へのお土産はこちらのブラウニーでした!パッケージがかわいいんです!お土産にもそのまま使える、パッケージデザインて大事ですよね!印象が全く変わってきます。

2016-01-20 20.10.56

こちらはAmy’s bread。超有名パン屋さんで、ニューヨークの高級ホテルはほとんどここのパンだとか。青い外装がパリのパン屋さんのようです。

こだわりが伝わってきますね。

2016-01-12 16.24.20

いろんなお店が入っています。

どのデザインも、お客さんに与えたい印象=ブランディング がしっかりしていると思います。だからお客さんも素直に反応してくれるんでしょうね。

2016-01-12 16.26.21 2016-01-12 16.26.35 2016-01-12 16.26.50

お店の外(モールの廊下)にテーブルが出ています!テーマパークみたいでわくわくしますよね。

2016-01-12 16.27.18-2

そしてこちらがLobster Placeロブスタープレイス。

扉をあけると。。。

2016-01-12 16.28.12

市場のように海鮮が広がっています!

2016-01-12 16.28.38

「売切」札もこんなにカワイイ!

「Sold out」じゃなくて「They’re gone for today」(本日分の彼らは行っちゃったよ=売り切れちゃったよ)という表現がユニーク。海鮮達が主役なんです。やはりこういうところでもお店のブランディングがしっかりしていますよね。

2016-01-12 16.28.51 2016-01-12 16.29.08

スープ鍋が並んでいるんですけど、「自分たちでとってね!」というちょっと無骨な感じが、市場の雰囲気を出していていいですね!無骨ながらもトレンドデザインなのでしっかりおしゃれに見えます。

2016-01-12 16.29.31

でましたロブスター!!どーん。

2016-01-12 16.30.03

スシバーもあります。買った食材を調理してくれるそうです。ライブ感もありつつ、ナプキンや小皿、お箸もきちんとならべてあるので「ちゃんとした感」があります。このバランスがすごい!

2016-01-12 16.30.19 2016-01-12 16.30.56

この迫力はまさに市場!臨場感であふれます。

2016-01-12 16.31.13

 

さて、まだまだお店は続きます。

2016-01-12 16.32.15 2016-01-12 16.33.05

日本にも支店ができたNYの朝食の女王Sarabethのベーカリー。ここで焼いたパンをニューヨークのお店に運んでいるそう。もちろんこちらでも食べられますよ

2016-01-12 16.34.06

クラフトビールのバー。

手書きの看板がクラフトビールの特徴である「手作り感」「地元感」を演出しますね。

2016-01-15 13.44.55

 

どこにも必ずお寿司は入っていますね!

チャイナフードと同じくらいアメリカではなじみのある食べ物になってきているようです。中身はだいぶ変わっていますが、デザインはスッキリ見やすいです。

2016-01-15 13.46.45 2016-01-15 13.46.52

砂糖でフレーバーを変えてくれるドーナツ屋さん。こちらは別記事で詳しく。。。

2016-01-15 13.48.34 2016-01-15 13.49.06-1 2016-01-15 14.08.08 2016-01-15 14.09.35 2016-01-15 14.10.03

こちらはサラダ&スープ屋さん。

2016-01-12 16.25.52

日替わりでスープやサラダやメインなどをテイクアウトできるお店です。下写真の赤い部分は「SIMMERS」(本日のアツアツ料理)。日替わりで楽しい!こういう手書きのメニューがあるとライブ感があって毎日見にきたくなりますよね!

2016-01-16 19.04.15

サラダは数多い食材から選べるタイプ。注文の仕方が書いてあります。丁寧でいいですね。お客さんにやさしいです。ふむふむ。

2016-01-16 19.03.08

 

まずはサラダのベースの葉野菜を3種類(ロメインレタス、ほうれん草、ミックスリーフ)から選び、トッピング、ドレッシングを選んでいきます。すると大きなボウルにまぜて、テイクアウトボックスに入れて、レシートと一緒に渡してくれますのでそれを持ってレジで精算します。

好き嫌いがある人、栄養の取り方をコントロールしたい人、ダイエット中の人、アレルギーの人、食へのリクエストが多い昨今ですから、このように細かくセレクトできるのはありがたいし、楽しいですよね!

 

英語わかんないし、選ぶものめんどくさい!という人もご安心を。

お店にはすでにパッケージされているシーザーサラダなどもありますのでご心配な方はこちらをどうぞ!

2016-01-16 19.02.55

 


 

まだまだご説明したいところはたくさんあったのですが今回はこのくらいで。

このチェルシーマーケットにはお土産物屋さんや、トレンド女子が今注目のブランドanthropologie アンソロポロジーや、スーパーマーケットやスパイス屋、雑貨屋も入っているので、食に興味がない方でもとても楽しめるんです。

結構お店の入れ替わりもあるようで、つまり常にトレンドのお店が入っているといってもいいチェルシーマーケット。ニューヨークで1店舗しか回れないとしたら絶対にこちらで決まりです!