【New York特集】ビジネスマン〜マダムまで!フードコートデザイン特集

フードコート。

みなさんどんなイメージでしょうか?

日本では大手スーパーに入っているカジュアルで手軽な飲食店のイメージですよね。女子のみなさんはファーストデートでフードコートにつれていかれたらちょっと引いてしまう・・・なんて声も聞こえてきそうです。

しかしニューヨークではそんなフードコートが流行中!これはぜひ行って研究せねば!

 


 

一件目はcity kitchin シティキッチン

IMG_2213 IMG_2215

CITY KITCHEN at ROW NYC
700 8th Avenue at
44th Street
New York, NY 10036

ニューヨークの中心地、タイムズスクエアから近く、「Row NYC」というホテルの2階部分にあります。

なんともおしゃれな雰囲気で、日本のフードコートとはすこし趣きが違います。

こちらには日本のラーメン店、一風堂さんの別ブランド「黒帯」さんも入っていました。

IMG_2216-2 IMG_2218 IMG_2223 IMG_2224

ラーメン一杯12ドル(2016年1月現在1,400円程度)〜。なかなかのお値段です。漢字は欧米人にとってオリエンタルで素敵だと言われます。漢字のタトゥーを入れてる人も多いですよね。英語にせずにあえて漢字を使った店名にしているところが工夫を感じます。

美味しい!!アメリカでも日本のラーメンが食べられるなんて感動です。

 

その他にもNYで何店舗もある人気ロブスター店Luke’s lobsterは、2015年から日本でもすでに3店舗オープンしていますね!

IMG_2227 IMG_2228 IMG_2234

 

ロブスターロールサンドイッチ16ドル(日本円で2,000円弱)

高い!でも美味い!!!!ロブスターがこれでもかと入っているのでお得なんじゃないでしょうか。

 

IMG_2219 IMG_2220 IMG_2221 IMG_2222

その他にも寿司やドーナツ、サンドイッチなどのお店があります。

メニュー研究員目線で言うと、フードコートは何屋さんかお店全体でぱっと見でわかるほうがいいと思います。なぜなら何屋かを理解するのに時間がかかってしまうほど、お客さんがそのお店を選ぶ対象から外れてしまうからです。混んで並んでいたりするとメニューが見えなくなったり余計にわかりにくくなりますよね。ですからぱっと分かる方がお客さんの選択肢に入りやすいんですね。これは大型のフードコートであればあるほど顕著だと思います。

 


 

2件目 The plaza food hall ザ プラザフードホール

ニューヨークの一流ホテル、プラザホテルの地下にあるフードコートです。

1件目と違って、ぐっとハイクラスなイメージです。

2016-01-12 14.19.22 2016-01-12 14.16.39

Fifth Avenue at Central Park South, New York, NY 10019

2016-01-12 14.07.19

陽気なお兄ちゃんがポーズをとってくれました。このきさくさがアメリカですね!

2016-01-12 14.08.26 2016-01-12 14.09.09 2016-01-12 14.09.40 2016-01-12 14.10.05 2016-01-12 14.10.11 2016-01-12 14.10.15 2016-01-12 14.10.28 2016-01-12 14.10.39 2016-01-12 14.11.29 2016-01-12 14.11.57 2016-01-12 14.13.06

 

このケーキ屋さんは「Lady M」といって、日本人がオーナーだそうです。

2016-01-12 14.13.28

 

お茶屋さん。パッケージもハイエンドでしゃれです!

2016-01-12 14.13.43 2016-01-12 14.13.59 2016-01-12 14.14.57 2016-01-12 14.15.17 2016-01-12 14.15.24 2016-01-12 14.15.48 2016-01-12 14.16.29

伺ったのが平日なためか、そんなに混み合っておりませんでした。

さすがは一流ホテル、店舗によってデザインの違いは若干ありますが、全体的に統一感があり、高級感でしゅっとしてます!

 


 

3件目Urban space venderbiltアーバンスペースベンダービルド

2016-01-12 15.03.30 2016-01-12 14.41.24

230 Park Ave, New York, NY 10169

ニューヨークで一番大きなグランドセントラル駅のすぐ近くにあるフードコート。

平日の昼過ぎだというのに人でいっぱい!

2016-01-12 14.35.08

2件目のプラザフードホールとは違い、統一感は全くないのですがそれがにぎやかさを出していてイイ!

2016-01-12 14.34.46 2016-01-12 14.35.22

↑オリジナルピザのメニュー名がしゃれてて面白い!

jesus christ(イエスキリストのこと)をもじった「cheeses christ」、(多分チーズたっぷりピザなのでしょう!)、「lil’ stinker」は「ちょっと臭いやつ」という意味なのですが、ピザの内容を見るといろんなチーズとダブルガーリック(!)とあります!ユニークな名前ですよね!

2016-01-12 14.35.28 2016-01-12 14.35.44 2016-01-12 14.35.52 2016-01-12 14.36.23 2016-01-12 14.36.41

 

メニュー看板は基本的にどれもシンプル。

そもそも英語アルファベットは視認性が高いんですけど、フォントも見やすいものを使用しているので(デザインの流行もあると思いますが)スッキリ読みやすい。無駄な情報も一切入っていません。

2016-01-12 14.36.58 2016-01-12 14.37.05 2016-01-12 14.37.30 2016-01-12 14.37.40

 

日本ではほぼ必ずフードコートは写真が入っていると思いますがこちらは写真メニューは一つもなしでした。サンドイッチやピザといった分かりやすい料理が多いからという理由もあると思いますが、ニューヨークでは写真が入っているメニューのお店はマクドナルドのようなチェーン店や、英語がわからなくても安心のカジュアルなチャイニーズフードレストランだったりしますから、写真つきのメニューは少し安っぽく見えてしまうのかもしれません。

 

2016-01-12 14.37.47 2016-01-12 14.37.56

 

お店ごとに本当にデザインが違っていて飽きません!

2016-01-12 14.38.05 2016-01-12 14.38.32 2016-01-12 14.38.41 2016-01-12 14.39.10 2016-01-12 14.39.16

 

こちらは別入り口。

2016-01-12 14.39.40

 

2016-01-12 14.40.00 2016-01-12 14.40.12 2016-01-12 14.40.34

 

1件目のcity kitchenにも入っていたドーナツ屋さんがここにも!

目の前にドーナツが並んでいるのでメニューは飲み物だけですね。

2016-01-12 14.40.46 2016-01-12 14.41.11

ゴミ箱ひとつもおしゃれです〜〜

2016-01-12 14.41.35

ドーナツを一つ買ってみました。

通路で食べる前に写真をとるとちょうど窓のむこうにニューヨークタクシーが。ニューヨークらしい一枚になりました!

2016-01-12 14.42.01

↓多分これ、アンティークの食器棚なんですよ。でもこんな風に使っていたら十分ディスプレーになりますね!

2016-01-12 14.42.12 2016-01-12 14.42.25 2016-01-12 14.42.30

 

グランドセントラル駅の近くということもあって、パンクなお兄ちゃんからサラリーマン、ハイクラスなおばさままでいろんな人がいました。狭いマンハッタンらしいですよね!


あれもこれもとつい食べ過ぎてしまうニューヨークのフードコート。

トレンドの場所にはトレンドのデザインがたくさんありました!