メニューブックもインテリアの一部です

南国のアジアンリゾートの香りが漂ってくる佇まいは大阪 阿倍野ハルカス14階にありますアジアンテーブルさんであります。入り口にはスタンディングバーに見立てたドリンカーが設置されており、実際に幾種ものお酒がこちらで作られています。

_DSC9592

ドリンク片手にビーチを散策、そんな開放感が味わえる店頭であります。悩みとは無縁に思えるこちらのお店にも、しっくりこないお悩みがあるとの事で、訪問したのが今年の10月でございました。


メニューブックがしっくりこない。

アジアを中心としたエスニック料理を本格的に味わえるのが売りのこちらのお店ですが、正にイメージ通りの内装が再現されています。温かみが感じられる木製テーブルは始めてのお客様でもリラックスした雰囲気で食事を楽しめます。しかしながら使っていたメニューブックがこの木製テーブルとの色が似ておりパッとしない事が悩みの種でありました。市販されている物は決まった色からでしか選べず仕方なく購入されておられました。それ以外はイメージ通りなだけに何とももどかしい。。そんな折に弊社のDMをご覧頂き、メニューの力を知って頂きました。カスタムオーダーは上記の課題を解決するにふさわしいメニューブックであります。また今回はご依頼頂いた店長さんにご協力頂き、ブックのビフォア・アフターを取材させて頂きました。


【カスタムオーダーのメリット】

→ 豊富な素材から選べる

内装にあった素材をサンプル生地から選べるのはとても新鮮です。カラーバリエーションも豊富なためお店のコンセプトカラーに合わせたセレクトも可能でした。ちなみにコンセプトカラーは緑と赤です。ブック自体は緑の素材を選び、ロゴの箔押しに赤を使用しました。

IMG_1616

食器やお箸ともトーンがあっています。

_DSC9606

【使ってみた感想】

色と素材を選べることでテーブルとの差別化することが出来ました。お店のコンセプトカラーを表現できたことでオリジナルの一冊に仕上げる事も出来、満足しています。お客さんの反応もとても良いと思います。一目でメニューブックであることが認識してもらえているので無駄も省けていると思います。低コストでお店の雰囲気を変える事が出来ます。ミスマッチだったブックがお店の内装トーンにマッチすることでお店の雰囲気がぐっと増します!カスタムしても3週間でできるスピード感も大事です。メニューデザイン自体を変えなくても作成できるのも嬉しい所です。


色彩豊かな食事の数々につい見とれてしまいます。提供するものすべてで作り上げるお店にとってメニューブックもその一つを彩る事が取材を通じて教えて頂きました。

_DSC9605

見て楽しい食べて嬉しい、生春巻き

_DSC9609

女性に大人気、パクチーサラダ

_DSC9611

特製ピリ辛ソースが決めてのよだれ鶏


アジアンテイブル アベノハルカスダイニング

http://r.gnavi.co.jp/kbyr100/