一人でも出来るレールタイプの交換方法(ムービー付き)

お正月も終わりましてほっとするのも束の間、春に向けての歓送迎会の季節がやってきますね。季節の節目においてメニューを一作り変えられるお方も多いかと思いますが通常業務をこなしながらの一新作業はとてもエネルギーを要すイベントだと思われます。そんなメニュー変えにおいて少しでも労力を抑えたい!メニュー交換の時短術をムービー付きでご紹介いたします。


カスタムオーダーには下記の3種類の形状に分類されます。

img01

レールタイプはスッキリ度ナンバー1が特徴で人気を得ております。ただ印刷物はお客様でご用意頂く場合はブックはバラの状態で納品させて頂きます。その際こちらの説明不足により組み方を迷われるお客様が多くおいでになられておりました。今後お手を煩わさぬために今回はレールタイプの交換方法をお伝えいたします。初めてご使用になられる時や、頻繁にメニューの差し替えを行われるお客様は是非ご一読ください。


まずご用意して頂くものはこちらです。

IMG_2337

お手数ではございますが、マイナスドライバーを1本ご用意ください。あくまで一人でセット出来るためのはさみ方となります。それでは本社ショールーム担当の原口による差し込み方ををご覧ください。

縦にしてスルっと差し込んだマイナスドライバーを横に返すのがポイントです!

IMG_2323

いかがでしたでしょうか?先に差し込んだビニールに印刷したメニューを入れれば完成となります。緊張でややあたふたした場面もございましたが女性一人でも力をかけずスムーズに差込ができます。念のため最後にNG例の画像もアップいたします。二人がかりで作業を行う場合、ブックを左右に引っ張ってしまいがちです。これをしてしまいますと両面テープで付着しているレールが剥がれてしまうのでお控えください。

IMG_2326

メニューに関する時短術でパッと終わらせて次の準備に備えて頂ければ幸いです。今後もメニューブックにまつわる疑問を解決していきますのでよろしくお願いいたします。