世界最大の口コミサイト『Yelp』の実力とは?

ロサンゼルス勤務の研究員、野間さんからのチャット。

そのタイトルに思わず二度見!!!

えっ、help??って、、

研究員の身に何が!?

焦ったのも束の間、我ながらに赤面の英語力。

正しくはYelp でした。。

見慣れない言葉に滅法弱い私ですが、冷静に読み返してみても知らない言葉。

それが、Yelp(イェルプ).

今回はこのYelp(イェルプ)についてのお役立ち情報をお送りします!


 

野間研究員からのチャットにはもちろん続きがあります。

そのまま転送しますと、、、

 

【LA情報】

世界最大のローカルビジネスの口コミサイト「yelp」

ご存知の方も多いかと思いますが、世界中でみんな使っている口コミサイトです。(世界30カ国で展開、約1億4200万人)
どんな情報でもこれ一つで探せます。

 

どうやらこの英語の正体は『口コミサイト』の様です。

世界最大・1億4200万人との言葉が早くも飛び出します!

 

更に読み進めますと、、、

日本でも飲食店の検索サイトで「食べログ」「Retty」「ぐるなび」などありますが、
アメリカではみな「yelp」をつかっています。
アメリカのYahoo!、アップル、トヨタ、ホンダなどとも提携していて米Yahoo!検索、
カーナビ、iphoneのSiriなどで「yelp」のレビューが使用されています。
(グーグルも買収しようとしたみたいですが失敗に終わったみたいです。)
飲食店でも大体のお店がyelpに登録していて店先にステッカーをはっています。

 

ここでようやくピーンと来ました!

なるほど、日本で言う所の食ベログサイトの機能に飲食以外のビジネスジャンルがあるという事ですね!

 

更に更に、、、

2014年の4月に日本でもサービスを開始してるそうです。
CEOは「2020年の東京五輪までにイェルプを広げていく」と言っているそうです。

日本ではまだまだレビュー数とかも少なく使い物にならないかもしれませんが、
本当に便利でレビューの質も高く日本に浸透すればNo.1になる可能性大だと思います。
特に外国人観光客には効果が高いと思います。

「yelp」
http://www.yelp.co.jp/

 

『日本でも昨年からサービスを開始』との事で早速URLをクリック!

検索窓に『梅田』と入力しボタンをポチっ!

Yelp

出てきました、パン屋に公園、焼肉、お好み焼き、飲食店以外にも情報が掲載されるのがこのYelpの特徴です。

店名の下には☆印の評価とレビュー数が記載されています。

そして、『レビューの質が高い』というのも気になります。

どのような理由で質が高いのか調べてみました。

すると、Yelpでは投稿されたレビューを全部同じように扱うのでは無く、投稿そのものや投稿者に関連する様々な情報をもとに、おすすめできるレビューとそうでないレビューを分けられ掲載されるとの事でした。

ビューアー数が多いと中にはどうしても『やらせ』が潜んでいるのではないのか?と疑り深くもなりますが、上記の様な独自のレビュー評価システムが作動する事でより信憑性の高い口コミを目にすることが出来るのであります。

これは知らない土地でも安心・快適なリサーチが可能ですよね!クリーン且つフェアなシステムであればユーザー側としても、ビジネスオーナー側としても嬉しいですね。


まとめ

今年も外国人観光客の訪日が活発な年でありましたが、2020年には東京オリンピックの開催とこの先のインバウンド需要からは目が離せません。

冒頭にありました様に世界最大のユーザー数を誇るyelpユーザーが訪れるとあれば、潜在的な顧客対策は今の内にでも打っとくべきかもしれません!

私はユーザー側の人間にはなりますが、実際に使用する事での感想もこの場でご紹介させて頂きます!