人気ラーメン店に隠された心温まるスパイスとは!?

657 view

横浜は関内駅南口出口を出て東へ。横浜スタジアムを左から回り込む様に歩くこと10分もすれば玄武門が現れます。中華街では北に据わる玄関口でありますが、歩みを止めることなく更に20m程直進します。今回ご紹介しますお店は中華街から程ない場所にあります『中国ラーメン 揚州商人 横浜スタジアム店』さんであります。関東を中心に31店舗直営展開されております人気のお店であります。中華街と目と鼻の先ですが、お昼時のピークを越えた時間帯でも多くのお客さんで賑わっておりました。

店頭看板からも分かる様にこちらのお店はラーメンの種類が豊富です!

IMG_1320

早速店内へ。メニューはブックタイプです。開けばとラーメンの種類の多さに驚かされます。メニューは全24Pあり、その内の18Pをラーメンが占めています。その種類は全27種類!!

ラーメン

数えれば、種類は全27種類!!

ラーメン好きな私にとって両極端の想いが込み上げます。迷う楽しみと、選ぶ難しさです。。

私を含めた4名で訪れましたが、時間をかける事無くおのおのが重複する事無くお目当てのラーメンを注文できました。周りを見渡しても次々にオーダーがとられ、込み合っていることを忘れてしまうくらい素早い配膳が行われていました。


【研究員の疑問】

この回転率の速さは一体どこから来るのだろう?「込み合う店内」・「27種類のラーメン」と、配膳に時間がかかっても仕方がない様な条件が揃っているこのお店で、何故に素早い配膳が可能なのか??大いに疑問です。


【研究員の発見】

その鍵を握るのがメニューブックではないでしょうか。最初に登場する見開きには店頭看板にもありました『カレータンタン麺』が登場します!

IMG_1300

店頭看板からもメニューブックからもこの商品がこのお店の看板メニューであることが容易に分かります。迷ったお客さんには強烈な一押訴求かもしれません。私自身、来店が始めてではあったため一通りメニューを捲ってみましたが、迷う難しさはあったものの見難さからくるストレスは一切感じませんでした。


 

【アイコンでメニューをもっと簡単に!】

ラーメンデータで「具材」・「辛さ」・「酸」を見極められるのがとても分かりやすいです。

FullSizeRender (7)

誕生秘話からもこの一杯にかける想いが伝わります。

FullSizeRender (6)

初めて目にするメニューでもアイコンつきの説明や誕生秘話等があるととても親しみやすさを感じられたのが印象的でありました。それはお店の商品にかける想いであり、またこのメニューを読むお客さんへの配慮の気持ちであると感じました。ラーメンの味に隠された想いがたくさん詰った揚州商人さんでありました。

 



お問い合わせ