真冬の夜を灯す、赤提灯コレクション in 大阪 キタ エリア

誘惑にめっぽう弱いWebライター山崎です。この一週間で1月らしい寒さが戻ってきたここ大阪でもありますが、寒ければ寒い程、私の心を掻き立てるものが3つございます。

一つに温泉、二つ目にハワイ、三つ目が赤提灯であります。

遠くのハワイより熱燗呑みに居酒屋へ行こう!と言う事で今回は大阪は北エリアの酒場に繰り出し、その中でも人の心を魅了して止まない赤提灯事情をリサーチしてきました。冷えきった体を熱くするコレクション5選のご紹介です。


【大阪 北エリア 赤提灯5選】

その1.堂島の大衆居酒場さんにて

おでん

冬の王道は何と言っても『おでん』ですよね!赤提灯と聞いて真っ先に思い浮かぶのもまたこの『おでん』ではないでしょうか。30m手前からでも人の距離を縮めてしまう今も昔も変わらぬ不変の赤提灯です。


その2.お初天神で見つけた可愛いやつら

IMG_2225

軒下に並ぶ小振りな提灯は良く見るとお品書きになっています。名物料理や店主オススメをそのまま提灯にしてしまうなんて、そんな手があったか~!な、赤提灯です。


その3.激戦地区の天満エリアで一際目立つ白抜き文字

肉五郎

天満は言わずと知れた飲み屋街だけあって、他のエリアに比べて赤提灯の数も圧倒的に多い地でもありました。その中でも一際目立っていたのが文字が白抜きで作られたこちらの提灯です。お肉に対してのまっすぐな想いがこの白抜きからも感じられる赤提灯です。


その4.天満で分かり易さ・インパクトがナンバー1な赤提灯

世界一統

頭上高々と掲げられた赤提灯は『酒』と『世界』のフレーズが飛び込んできます。これだけでもインパクトはありますが、サイズも入り口の窓一面をも上回る大きさです。天満中の、のんべえがこのお店に集結しそうな分かり易さとインパクトを兼ね備えた赤提灯です。


その5.福島で見つけた食欲に歓喜を灯す赤提灯

立食焼肉

立ち飲み文化が根付きだし個性を持った新しいお店が続々と増えている福島エリアにおいて、立食焼肉店を見つけました。名は体を表すと言いますが、提灯もまたしかり。勢い良く書かれた文字と『立食』と『焼肉』の新鮮な組み合わせが食欲を掻き立てます。


まとめ

歩き回ってみますと冬の夜道はとても誘惑に満ちていると改めて感じました。赤提灯は暗闇にそっと灯り、今日の酒の主を静かに待つのが今までのイメージでした。ですが赤提灯も今や攻める時代だと見方が変わりました。お店の特徴を表現し、集客効果も期待できる提灯は秀逸ツールであることは間違いありません。お店の色を出してオリジナルの提灯を作成してみるのも面白いかもしれませんね。

 

 

 



お問い合わせ