大阪の飲食店は『筋』がよろしゅう、『通り』で旨い!京町堀編。

私ごとで恐縮ですが3年前に大阪に移り住んだ際、一番困惑したこと。

 

それは、大阪弁でもなく、食事でもなく、

 

『筋』『通り』の区別でした。

 

大阪市中心部には、御堂筋、四ツ橋筋、心斎橋筋など、『筋』という名称の道路と、千日前通、中央大通、本町通など、『通り』という名称の道路があります。

最初の頃、この区別がつかず、無頓着な私はその規則性を知ろうとしなかったため、道に迷うこともしばしば。。

 

その規則性は知ってみれば容易いものでした。

 

 

『通り』と『筋』の規則性

東西を走る道路は『通り』、南北は『筋』というのが大阪のルールです。

それだけの事ですが、更に私なりに噛み砕いてみますと、、、

 

東 ・・・ 大阪城

西 ・・・ 大阪湾

南 ・・・ 難波

北 ・・・ 梅田

 

こうする事でようやく頭の中の大阪地図に『通り』と『筋』とが開通しました。

 

 

また調べてみますと、まず『通り』の誕生、後から道をつなぐ『筋』へと発展したとあります。

また決定的な違いとして、『通り』とは町そのもの。一方、『筋』はあくまで、ある場所へ向かう道のりであり、通とは別物だったとされています。

 

人も車も多い、『筋』の方が町という感じもしていましたが、通りこそ昔から人が息づくコミュニティが築かれていたことになります。

 

 

そこで、大阪の『筋』に面した『通り』に、飲食店さんも栄えているのではないか?ならば今すぐ行ってみよう!ということで、今回はその第一弾企画、大阪は京町堀通りを歩いてみました。

 

 

 

四ツ橋筋とあみだ筋との間にある、レトロで風情を感じる京町堀


MAP

 

なにわ筋を北から南へ自転車で走行中、

京町堀1西の信号待ちで妙に静かな通りが気になりました。

 

昼間はオフィス街で賑わいを見せているだろうこちらの通りも、19時を少し過ぎた時点ではひっそりとしています。

 

でも、何か匂うぞ。。

いや、現に何か匂う。

 

その正体を掴むべく、匂いのする方へ進んでみます。

 

 

茂みの奥に見えるもの、そこはやっぱり大阪だった

IMG_4773

通りに入ってすぐ、早速現れたこちらのお店ですがこの店頭だけに生い茂るヤシの木。こちらもお店の店頭ツールの一部なのでしょうか?

IMG_4774

林を抜けると、そこには『お好み焼』の提灯が!リゾート地感覚で粉もんが食べれるのでしょうか?大阪の町広しと言えどあまり見かけない情緒を感じるお店です。

 

 

 

ドシンと構える粋なお店

IMG_4770

道路脇には大きな日本酒樽が並びます。先程のヤシの木があったお店とは目と鼻の先ですが、和食のお店もすぐに出会うことができました。

IMG_4771

この通りに隣接している、うつぼ公園からは花見客等で賑わう声も聞こえてきます。静かでありますが、桜を飾る店頭メニューも魅力を発揮されていました。

ゴリに見えた文字はブリでした。とても味わいのある手書き文字メニューです。

 

 

 

お客さんが店頭ツールに早代わり!?

IMG_4763

匂いの原因はこちらでした。ダクトからこぼれる生姜焼の香り。良い匂いです。

海外のアパレルブランドで、店頭・店内に自社の香水を巻くブランド戦略がありましたが、飲食店さんの歴史にはかないません。体が勝手に反応してしまう。空きっ腹には手強い集客ツールと言えます。

そしてこちらのお店はあまり見かけたことが無い造りをされておられました。店頭に突き出したカウンターでは楽しげに食事をされているお客さんがおられます。店頭だけなのかな?と思い、回り込んで見ますと、

IMG_4764

【入り口】と書かれた看板がありました。見てみると、1Fは外でも中でも飲める立ち呑みであり、更に2Fはテーブル席、そして3Fにはお座敷までも完備しているお店でありました。

スタッフさんの呼び込みも集客には大事なことではありますが、楽しそうにお酒を酌み交わすお客さんの姿に、心引き付けられてしまいます。言葉は悪いですがお客さんが集客ツールになってもしまえる無敵な店頭でした。

 

 

 

導線作りに欠かせない店頭看板

IMG_4759

京町堀の特徴として、ビストロやバルが多いことに気づきます。こちらのお店はやや奥まった場所にあるものの、店頭看板でしっかりと訴求をされていました。店頭看板は導線作りには欠かせないツールであることが分かります。

 

 

 

お店の看板メニューは店頭でもいい味でてます

IMG_4761

このお店に来たら、これは必ず食べる!そんな『キラーメニュー』があればお店選びする際に大きな来店動機につながります。

IMG_4760

注目させて、店内の説明をすれば、通りすがりのお客さんでも納得した上で来店して頂けるかもしれません。こちらのキラーメニューは『洋風おでん』ですね!温かさが伝わってくるデザインです。

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

思った通り!

良いお店がずらりと並ぶ京町堀でした。

店頭からだけでもこの町の特徴がみてとれるのもお店めぐりの魅力です!

 

 

日中は汗ばむ陽気でしたが、さすがに少し肌寒くなってきました。

夜桜には少し寒いかもしれません。

 

大阪は本日6日が満開のピークになるそうです。

ただ、お酒の美味しい季節は開幕したばかり!

俄然、お店めぐりに熱を上げ通な通りを今後もご紹介してまいります。

 

 

☆メニューの可能性を全力で追求し続けます☆

お問い合わせはコチラまで。「メニューデザイン研究所」

http://menulabo.com/