リピーターの胃袋を鷲づかみ!ずんどう屋のおもてなしとは?

私の時計は中々に万能。

それは正確にお昼の時報を告げる腹時計。

ワクワクなランチタイムの時を告げる時報!!

鳴るごとに、

あ~、お腹すいた~

お客様とのアポまで40分、自分の居る場所から話題のお店を見つけるのが密かな楽し

み。

一刻一秒を争う難題!躊躇している時間はありません。

ここ、東心斎橋には前から気になるラーメン屋があったはす。

そう、その名は確か、ずんどう屋

IMG_0091

行列が出来る事を想定してか、店は歩道から奥まっており、その前には長いベンチが横たわ

る。

ウエイティングボードに名前を記せば皆、思い思いに待ち時間を過ごす。

店頭看板にメニューが表記されているため待ち時間を有効活用出来るが嬉しい。

IMG_0092

姫路から世界へとうたうブランドポスターがはやる気持ちを更に掻き立てる。

IMG_0093

早々に前に居た2組が呼ばれ、5分もしない内に入店。

入店と同時に迷うことなく即オーダー、無駄が無い。

すかさずお水と一緒に運ばれてきたるものは、何だ!?

IMG_0085

高菜だ!!

見渡せばこの高菜は一人一人の目の前に小高い山を築いている!

器に触れてみると冷たい。細やかな心遣いが指先からお腹にまで伝わる。

メニューに目を向ければ赤と黒のコトラストが食欲に火をつける。

IMG_0087

脂の多さ・麺の固さは自分好みにカスタマイズ。初めてなので、並で。

ちなみに背油MAXはまみれ味、豚の鼻息も荒く!!

また麺の種類も選べるのも嬉しい。

そして、本日の主役登場!

IMG_0088

超絶クリーミーなスープに次回はまみれ味もありだと早くも目をギラつかす。

丁寧にこされたスープに何時になくよそ行きの食べ方をしてしまう。

見渡せば女性客も多く、子供連れのファミリーも目の前のラーメンに夢中。

高菜は途中で下でげられる事無く、最後まで独り占め可能。

食後の余韻を味わうために再びメニューに目を移すと、高菜お持ち帰りの文字が。

ラーメンの相棒もちゃっかりとお土産に早変わり。

無駄の無いサービス。ちゃっかりものの高菜に満腹、感服。

これから訪問する社長さんはもう食べたのかな?

お腹もネタも満たされ、本日のランチタイム終了。

次はまみれ味のちぢれ麺、固めで!!

リピートするには無駄も隙もありゃしない、ずんどう屋さんでした。

 



お問い合わせ