新感覚!! Hand Roll Bar 「KAZUNORI」

「Sushi NOZAWA」

寿司好きのロサンゼルスっ子でこの名前を聞いてお腹が鳴らない人はいないと言っても過言ではないレジェンド鮨職人 Kazunori Nozawa 氏がプロデュースする新感覚!! Hand Roll Bar 「KAZUNORI」のご紹介です!!

Nozawa氏は「KAZUNORI」以外にも「Sugarfish by Sushi Nozawa 」、完全予約制「Nozawa Bar」などの人気店もプロデュースしています。

場所は、ロサンゼルス ダウンタウン、歴史的な建物が多く残り、ニューヨークのマンハッタンを思わせる雰囲気です。目印はこの壁画と、赤い看板を探せば見つかります!!IMG_3266IMG_3265早速中に入ってみましょう!!IMG_3267IMG_3284さすがの人気店午後2時を過ぎた時間だというのに満席でしかも行列が出来ています。

店舗デザインにもびっくりしました。新進気鋭のデザイナーが手がけた店内は、カウンターのみの22席まるでカフェを思わせるようなデザインになっています。
IMG_3274IMG_3275IMG_3276IMG_3270 IMG_3271 IMG_3273注文方法も日本のラーメン屋さんで見るようなオーダーシート形式になっています。3品〜5品まで選べるセットメニュー、ロール単品、アラカルトのお刺身、ドリンクメニューの構成です。ドリンクに気になる商品が!!何と「ワンカップ大関」があるではないですか!これは頼まなければいけませんね。

待つこと30分ようやく席が空きました。ここでまたびっくり!!なんとお皿は再生紙の紙皿、醤油皿もプラスチック、カウンターにも再生紙の紙のシートとてもシンプルでカジュアルなセッティングになっています。IMG_3277IMG_3281いよいよ手巻き寿司の登場です。厨房にいるスタッフが1ロールずつカウンター上の紙シートの上に置いてくれます。その際にしっかりと何のロールかも教えてくれます。

お味のほうは……..!!間違えありません。そこには正統派の手巻き寿司がありました。さすがレジェンドプロデュースだけあります。ほんのり温かいスシ飯とサーモン、ホタテ、カニ、ロブスターの各具材がマッチして美味しいとしか言いようがありません。その昔Nozawa 氏は、ロサンゼルスの市場にまだスシネタに適した魚が少ない時代、交渉して自分の気に入るネタを仕入れてもらい、いつの間にか市場全体の取り扱う魚を変えてしまったエピソードをもっています。そのこだわりが、1つ1つの手巻き寿司に感じられるのです。

今ロサンゼルスでは、ファストフードだけど、スタイリッシュな店内でハイクオリティーな商品を適正価格で提供するお店がたくさんあります。こちらで大人気のメキシカンファストフードチェーン チポトレ・メキシカン・グリルもその代表格です。(冷凍食品などをいっさい使わず放し飼いの豚、鶏、野菜もオーガニックを使用した安全かつヘルシーなメキシカンファストフード)提供方法などの違いはあれど、安全でおいしい商品を手軽に楽しんでもらいたい!!そんなコンセプトに共通点を感じました

最後になりますが、食事をしている時にすこし違和感を感じたのです………最初はなんなのかわからなかったのですが、店内が少し「静か」なのです。これだけカジュアルな店舗だと皆さんワイワイ楽しく会話をしながら食事をすると思うのですが、スシの持つ伝統の力なのか気持ち声のトーンが小さめなのです。これは、不思議な経験でした。改めてスシと言う日本が誇る食文化の偉大さを感じた瞬間でした。

Hand Roll Bar 「KAZUNORI」
421 S Main St, Los Angeles, CA 90013

http://www.kazunorisushi.com/

pinterest

https://jp.pinterest.com/kazunorinozawa/

facebook

https://www.facebook.com/kazunorisushi

 

 

 

 

 



お問い合わせ