日本上陸間近!緊急レポート「UMAMI BURGER」

927 view

この秋、アメリカで大ヒットしたUMAMI BURGERがいよいよ日本に上陸します。

UMAMIバーガーは、 創業者アダム・フライシュマンが日系スーパーで
昆布や味噌などの旨味の元である材料を混ぜ、
試行錯誤のうえ考案したグルメハンバーガー。
MSGを使わず、旨味素材を組み合わせ独特の味を引き出したことで既存の
ハンバーガーとの差別化を図りました。
2009年カリフォルニア州のラ・ブレア店を1号店として人気を博し
2010年にはGQマガジンでバーガー・オブ・ザ・イヤーを受賞する
という輝かしい歴史のあるお店。

そんなUmamiバーガーを筆者が、日本に先駆けて体験してまいりました。
全米24店舗あるうちから今回選んだのはアナハイム店
オレンジカウンティのディズニーランドからもほど近い、
カリフォルニアらしい立地です。

090116-9
090116-6

アナハイムのオールドタウンにはこの店以外にも人気のレストランが目白押し。
食い意地貼った筆者は完全に興奮状態。
UMAMI BURGERのとなりにはブルワリーもあり、そちらも大変気になるところでしたが、
仕事中なので我慢!

090116-24
090116-25
 090216-5

外観は窓が多いので明るく開放的。
パティオ席が広いのも南カリフォルニアのレストランの特徴の一つでしょう。
年間を通して温暖なので、真冬でもヒーターの下、外で食事をする人も多いのです。

090116-1

まるで自宅の裏庭のようなコージーさ。

090116-28

店内に入るとまず真ん中にある大きなバーカウンターが目につきます。
テーブル席が混んでいる時でも、バーカウンターが空いていれば
“first come, first served“、早い者勝ちで座ることができます。
子供は残念ながら座れませんが、大人には嬉しいルールです。ちなみに
おとなりのブルワリーとは関係ないそうですがそこで作られた地ビールも楽しめます。

090116-17
090216-8
090216-6

↓ラスティな感じのインテリア

090116-23
090116-18
090116-7
090116-2

まずは飲み物を注文。
↓Stumptownのアイスコーヒーと・・・

090116-8

↓地ビール、Anaheim Red。

090116-19

お通しのようにピクルスが出てきました。
ビーツとキューリのピクルス。
なかなかの酢かげんでおいしいです。

090116-20

Umami burger初体験の筆者、
まずはサーバーの方にどれがおすすめか聞いてみました。

↓すっぱい、しょっぱい、あまい、にがい、うまみなどメニューにひらがなも書いてあり、
オーナーの日本への関心の高さが伺えます。
こうして日本文化が外国に浸透して言うのは日本人としては大歓迎!

090216-7
090116-27
090116-4
090216-1

数あるバーガーの中で一番人気なのはTruffleバーガー
店の名前を冠したUmamiバーガーが一番人気と思っていたのでちょっと意外。
そして「あなたのおすすめはどれ?」との質問をしてみたところ
“Sunny SideとK-BBQ”という返事が帰ってきました。
Sunny Sideはその名の通り、目玉焼きが乗ったハンバーガー。
K-BBQはキムチの乗った韓国テイストを取り入れたハンバーガーです。

アメリカのハンバーガーといえば隣にあふれんばかりのフライドポテトが
ついてくるのが一般的ですが、この店では別オーダー。
ハンバーガー自体に付け合せはありません。
そこで人気のサイドディッシュも一緒に注文してみました。
これまたサーバーさんのおすすめでCheesy TotsとTruffle ‘emを食べてみることに・・・

Truffed ‘em(写真右)
トリュフチーズフォンデュ、トリュフソルト、チャイブのトッピングがかかった細切りポテト。
こちらは思ったより案外普通。

Cheesy Tots(写真左)
チェダーチーズ&パルメザンチーズ入りホームメイドテータトッツ
(テータトッツとはポテトを荒いみじん切りにして丸めて揚げたもの)
一番人気のサイドディシュということでしたが確かに美味しい!
カリカリのテータトッツの中に熱々のチーズ。ビールに良く合いそうなポテトです。

090116-11
090216-2

↓調味料はケチャップ、マヨネーズ、マスタード、ランチドレッシングのなかから
ハンバーガーもポテトも好みのものと食すことができます。
これらの調味料もすべてがUmamiオリジナル
こだわりを持って食材を合わせて作られたものなんです。

090116-14

↓きたきた〜!これがトリュフバーガー
ぽってりと丸いバンズにUの焼き印。
一瞬小さいように見えますが食べるとがっつりとボリュームが有ります。
着痩せしているマッチョマンのような?(え?例えがヘン??)

白いソースが分厚いビーフパティにかかっています。
このソースがトリュフド・アイオリソース。

090116-21
090116-22
090116-10

うまみの秘訣になる材料やシーズニングがビーフパティにもねりこんであるそうです。
パティのお肉は赤みと脂身が8:2の割合
程よくブレンドされており、ドライすぎず脂っこすぎず。
この日の焼きかげんはミディアムで・・・

アメリカのひき肉は日本のそれと比べかなり粗挽きなので、
噛むごとに口の中でしっかりと肉汁の味がひろがり歯ごたえもあります。

食べた感想としては、トリュフバーガーはこってりとしたソースが特徴で
うまみといういよりはチーズの味が際立っていました。
はっきり言ってかなりヘビー。濃厚な味が好きな方にはおすすめ。
個人的にはもう少しあっさり目のバーガーが好きです。

↓こちらはK-BBQバーガー
韓国風ソースにキムチがのっているというので、
日本人のみかくにあうのでは?と期待が高まります。

090116-15

さて、こちらのお味のほうですが・・・
残念ながらハンバーガーにキムチはあまり合わなかった。
これならむしろ一個目のトリュフバーガーのほうが美味しいです。

今回食べたメニュー以外にもJapanese Style Wings(手羽先)
サンタモニカ店限定のロコモコライスバーガー(ライスバーガー)などもあります。
日本ではどんなスペシャルメニューが用意されるのかも気になるところ。
店舗が増えた暁には、地域限定メニューを食べ歩くなどという楽しみ方もできそうですね。

もうすぐ日本上陸のUMAMI バーガー。
随所に日本を取り入れたハンバーガーチェーンが、UMAMIの本場
日本でどのような旋風を巻きをこそてくれるのか、乞うご期待!

Umami Burger
338 S Anaheim Blvd, Anaheim, CA 92805
Phone number: (714) 991-8626

 



お問い合わせ