時代はフードシェア!?

近年よく耳にする「シェア」というキーワード。外食産業も例外ではありません。

2016年3月22日 米スターバックスコーヒーが余った食品を100%寄付するプロジェクト「FoodShare」をはじめるとの公式発表をしました。

全米でフードバンクを展開するフィーディング・アメリカと提携して流通システムを構築。まずは米国内の7600店舗から500万食を提供予定。2021年までに年間5000万食を提供できるように計画してるようです。

格差社会の問題が深刻なアメリカでは、貧困によってまとも食事が取れない人が約4810万人以上いるそうです。

スターバックス以外にも、日本に上陸しているタコベル、KFCなども食品の寄付などをしているそうです。世界に目を向けてみても、賞味期限切れの食材を使用するレストラン、スーパーなどが登場するなど無駄をなくす動きがたくさん見られます。

確かに賞味期限切れでもまったく問題ない製品てたくさんありますよね!今後世界中でこの動きがどんどん広がっていくのではないでしょうか!?

 



お問い合わせ