炭マスターが焼く唯一無二の究極RIBは3つの秘訣からなる

環状線に乗り込んだ時、既に腹積もりは出来ていた。

今日の俺は肉腹だ!

JR大阪駅から環状線に揺られること一駅。

その間も決して揺るがない決意。

駅に降り立つと7月の湿気を大量に含んだ空気が立ち込める。

一瞬で吹き出す汗を拭っていると、目的地の方角から肉の焼ける香ばしい薫りがした様な。

そう、間違いない。俺は肉が食べたいのだ。

降り立った場所はJR天満駅。

言わずと知れた大阪を代表する食楽街である。

目的地を決めているとは言え、もう辺りを見回すと飲食店が所狭しと犇いている。

無防備な今の私にとって見渡す限り誘惑の手招きが付きまとう。

中にはお惣菜屋も乱立し、ガードの外から無慈悲なまでに空きっ腹を突いてくる。

押し問答の末、無事に目的地到着。

本日のお目当てRIB MAX登場!

競争率高めなこの地にオープンしたばかりの炭焼き専門店。

images

看板メニューはスペアリブ!店名からしてめっちゃ潔い。

それではテンションマックスでRIBー!!と叫びたいと所ではあるが、実は小生、RIBが少々苦

手である。

大きい割に食べる所少ないし、かぶりつくと骨だったり、肉だと思ったら硬かったりで…

そんなリブコンプレックス解消も兼ねましてオススメの2フレーバーをオーダーする事に。

待つこと丁度15分、本日の主役とご対面!

IMG_4046

今にもこぼれ落ちそうなたわわな果肉は1本100gオーバーの食べ応え!

しかもめっちゃ食べ易い。

噛みしめると直ぐ美味しい!

噛む程に溢れだす肉汁に後押しされて、あっという間にもう完食。

リブへのコンプレックスもあっという間に完治です。

全6種のフレーバーに合う様、異なる3種の下ダレに前もって漬け込んでおく事が美味の秘訣

とか。

IMG_4043

秘訣その②は、

それは焼き場が焼鳥屋のそれに比べて4倍近くも大きく、全体に火が回る様な特注設計である

事。

P022009848_480

しかもこちらの店主、某有名焼鳥店の職人さんでもあり、炭を使わせたら右に並ぶものがいな

い程の炭マスターである。

最初から最後まで炭で焼ききるスペアリブはここでしかやっていないとの事。

秘訣③オーダーしてからテーブルに並ぶまでみっちり15分。これを長いと感じるか、早いと感

じるか、人それぞれかもしれませんが贅沢なスペースと時間をもらい職人が手がけるスペアリブ

は何人の期待を裏切らない正に看板な逸品でありました。



お問い合わせ