本家、秋葉原をも食べ尽くす、、食欲旺盛な『オタロード』看板特集!

大阪の“秋葉原”と呼ばれる日本橋は、今や本家をも凌ぐ程の

独自文化を築こうとしています。

 

独自の文化が垣間見れるワンシーンはコチラ

3月20日、大阪日本橋は荒れていた ・・・ !

http://spotlight-media.jp/article/260776532184845862

 

 

上記のイベントは後になって知ったのですが、

時を同じくして、私は筋違いの通りを取材していました。

 

その場所は、『オタロード』

 

『オタロード』

店舗の集積は日本橋筋商店街から北西へ広がり、南海難波駅前から日本橋筋につながる「なんさん通り」を含むようになり、さらにメインストリートの西側にあった片側一車線の「日本橋筋西通商店街」の両サイドにもマニア・オタク向けのパーツショップ、同人誌、コスプレ、フィギュアやおもちゃなどの店が多数進出するようになる。当初は地元資本の店が多かったが、後に東京資本の「アニメイト」「ゲーマーズ」「とらのあな」「イエロー・サブマリン」「メロンブックス」「ホワイトキャンバス」なども進出。

 

秋葉原と違って、まだまだ電気店の数は多いものの、ここに来る目的がアニメ・フィギュア・メイドと言ったサブカルチャーにシフトしだしている『西日本最大のオタクの聖地』であります。

 

『オタロード』は愛称ではなく公式の名称であることからも、

オタクを取り込もうとるす地域の意気込みも感じられます。

 

 

今回はこの『オタロード』に見る、飲食店の店頭看板を巡ります。

 

 

0323

上記の地図より、赤枠で囲んだエリアを下から北上してみました。

 

 

【ブームにも敏感!】

IMG_4155

人気が衰えない、肉ですが、コチラは先月オープンしたばかりの肉丼専門店であります。入り口に構える巨大タペストリーには迫力ある商品が並びます。アイキャッチには申し分ないですが、ここで商品を決めるれことからも一見さんにはありがたいですね!

 

 

【ラーメン屋さんなのに豚丼!?】

IMG_4144

豚丼屋さんを思わせる、特大のファサード!食ベログで高ポイントを叩き出す列記としたラーメン屋さんですが、豚丼が看板メニューであることからその自信の強さが感じられます。それにしてもオタ街には丼ぶりが良く似合います。

 

 

 

【大阪の新定番!?】

IMG_4143

県外・国外からも多くの人が集まるこのエリアで、大阪名物の粉モンは観光客からの注目度も高いです!食べ歩きには持って来いの『たこ焼き』ですが、こちらのお店は『えび焼き』の専門店でした。頭上に掲げられたモニュメントも大阪らしくて、アクセントが効いています!

 

 

【並んでも食べたい、でかっ!! 旨っ! 安っ!!な、ステーキ】

IMG_4159

オタロードも終盤にさしかかった所に人だかりが!

 

右に目を向けると、、、

 

【でかっ!! 旨っ! 安っ!!】の看板が!

IMG_4161

行列はこちらの『1ポンド ステーキハンバーグ店 タケル』さんに並ぶお客さんでした。

大阪に5店舗、秋葉原にも1店舗、出展されているこちらのお店ですが、売りは1ポンド(約500g)のステーキをお値打ちで頂けるところにあります。

まだ私は未体験ですが、エントランスはお店の魅力で埋め尽くされていました。

IMG_4161

ここでも、丼ものがありました!『STEAK丼』【一日5食限定】【1kg!特盛】と視覚に訴える看板はインパクト大です。この時点で15時を回っており当然の様に、【SOLD OUT】の貼紙がありました。

この人気ぶりだと【限定5食】にありつけるのは至難の業ではないでしょうか。値打ちがある分、食べた後にもSNSに投稿する等、楽しみ方が広がる看板商品かもしれません。

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

南北に伸びる『オタロード』はもう少しだけ続きます。

ですが今日はこのあたりでお腹一杯になりました。(見ていただけですが。)

 

魂心家さんのWランチ ご飯食べ放題・麺大盛無料のサービス

 

三豊麺さんの900gまで増量無料サービス

 

 

春分の日、この『オタロード』を歩いて、爽やかな春の風は一切吹き抜けはしませんでした。

 

体育会系、男メシ、肉食、特盛り、、、と

『部活飯』と言っても良い程に、ガツンとした食事がこの地では受け入れられていました。

 

『オタク』『インドア』というステージはもう過去のもの、

目的を持って、目を輝かせ、汗をかく姿は、一つの部活動の様にも思えます。

 

がっつり食べて、笑って、次の店へ!

 

新しいライフスタイルは街全体に活気を与えているのも事実であり、

人と街が共存している良い証拠なのかもしれません。

 

本家、秋葉原をも食べ尽くす程に、食欲旺盛な『オタロード』看板特集でした。

 

 

 

 

 

参照サイト

http://seyana.net/tiiki/375.html

http://spotlight-media.jp/article/260776532184845862

http://www.otamap.com/map/otamap_ponbashi.html



メニューの力

業態別からメニューブックを選ぶ