桃栗3年 柿8年、かつおたたいて半世紀、店長勤続40年 優しい時が流れるお店

京橋はええとこだっせ、グランシャトーがおまっせ♪

のっけからローカルソングを口ずさんでしまいすみません。大阪人には馴染みのソング、そうです、ここは大阪が誇る歓楽街 京橋だっせ。

昼でも夜でも賑やかな大衆酒場が似合う街に寄せて頂きました。

何とも言えない開放感が味わえるのは駅前からしてモツ煮の匂いが香るから♪

大阪の呑んべえが集う街では自然と肩の力も抜けるのであります。

今回ご紹介するお店はここ京橋にも2店舗構える平八亭 京橋別館さんでございます。

IMG_4504

系列店を含めると計7店舗、すべてが大阪に居を構える老舗の海鮮居酒屋さんであります。

今回お邪魔しました京橋別館さんは客席数260席を誇り、一歩踏み入れれば割烹料理が頂ける旅館の装いを感じることが出来ます。

忘年会シーズンを迎えるこの時期にとって最大70名を一挙に賄えるキャパは京橋中を見渡してもそうはありません。


手書きのメニューも味があります!

IMG_4508

売りは毎日仕入れる新鮮天然地魚料理がメインなだけに、直営店舗でもお店によっておすすめ料理の献立が毎日違うとのことです。

この素材を活かすも殺すも板前さんの手にかかります。

客席から職人さんの包丁捌きが容易に見えるのも、自信があっての事。

気合が伝わってくるたち捌きであります!

IMG_4511

これは地魚MAP!

見れば全席に設置されているランチョンマットであります。

お仕事の接待などで地元の名産が分かれば話も盛り上がりそうですよね!

IMG_1079

お魚MAPを眺めることしばし、早速運ばれてくる本日のお目当てにありつけます。

輝きを放った殊勲の鮮魚!板前さんに感謝であります!

IMG_1082

新鮮なお刺身を好みの醤油とお塩を合わせて食べられるのも心憎いサービスです。

素材と腕への自信が垣間見れます。

IMG_4522

感動そのままにグランドメニューに目を移せば馴染みのメンバーにも会えるではないですか!

IMG_1092

スタッフさんのおすすめもあって豚の角煮と長芋とろろ鉄板焼をオーダー!

IMG_1088

まだ私はこの感動を表現する術を知りません。。

こちらのお料理も手練の職人さんが仕込みから行うそうであります。

メニューも料理もすべて手作りな感じが伝わってきます。

それもこれも常にスタッフさんとお客さんとの距離感が絶妙であることが言えるのかもしれません。

最後にご紹介します道野店長は今年で勤続40年、ずっとこの京橋別館を支えてきたお方でありました。

IMG_4540

板前さんはもちろん、アルバイトスタッフさんには高校生もおられます。

チームワークというより一つの家族にもてなされている様な、そんな雰囲気が近いかもしれません。

わいわいがやがやのイメージが強い京橋ですが、ふとその喧騒から解き放たれ、なじみの酒と肴、そして人に会える。この上ない贅沢ではないでしょうか。

IMG_4507

京橋の粋と優しさに巡り合える。そんなハートフルなお店、平八亭さんでありました。

やっぱり、京橋はええとこだっせ♪