死角なし!!どこからでも絵になるメニューの洋食屋さん。

754 view

先日、使い勝手の良いカフェをご紹介させて頂きました。

 

そのお隣に、またまた記事にしたくなる、美味しそうなお店がございます。

 

 

イメージは街の洋食屋さん。

ただ、店頭から『本格』という名の香りが漂っております。

 

導かれるがままに、その香りの元へ。。。

 

 

【洋食屋さんのお腹が空いてしまう風景とは?】

 

洋食屋さんはお腹を空かせる力を豊富に含んでおります。

  • コンコンコンと野菜を刻む心地よい音。
  • 揚げ物をフライする際の香ばしい匂い。
  • お肉をソテーする際のジュワーっと響くシズル音。

挙げればきりがないですが、音や匂いが交ざり合うことで、空腹感は絶頂を迎えます。

 

大人をも夢中にさせてしまう、今回は洋食屋さんのご紹介です。

 

取材店舗様

洋食喫茶 犇屋

 

 

【大人がはまる洋食屋さん】

 

洋食屋さんは、何故そこまで人を惹きつけるのか?

それは、きっと、単純にお肉が好きだからではないでしょうか?

 

海老フライが無い洋食屋さんは許せますが、

お肉が無い洋食屋さんとなると話は別です。

 

当然の様ですが、【洋食=お肉】は普遍的法則なのです!

 

その点において、こちらのお店はお肉の卸問屋さんが直営されている洋食屋さんです。

 

IMG_4238

 

色んなもの食べてこられた大人の皆さんでも、振り向いてしまう『産地直送肉卸問屋直営』と言うフレーズ。

店頭からして期待が持てそうです!

 

 

そのお隣には同じく直営店の惣菜屋さんがあります。

匂いの出所はここにもありました。

IMG_4240

 

どこからでも目線に入ってくる店頭ツール!死角なしです。

 

お店が置かれるこちらの施設は、電車と高速バスが乗り入れるターミナルとしての機能を持つことから、国内・国外問わず毎日多くの利用客が行き交う場所であります。事前情報を持たない通行客を、自分のお客に出来るかは店頭ツールの出来にかかります。

 

その点において、視認性の高い店頭ルールはアイキャッチとなり、お店から少し離れた場所からもでも確認できるため、メニューをじっくり吟味することも可能です。

IMG_4239

 

最後に入店の後押ししてくれる入り口看板。

IMG_4236

 

見所多き店頭ツールでしたが、店内もまた様々な工夫がありました。

 

 

【メニューがとにかく美味しそう!】

IMG_4211

 

A4サイズ見開きのクリアテーピングメニューです。

差し替えが簡単なので、メニューを頻繁に変えられるお店には適した仕様です。

 

 

開くとお馴染みの顔ぶれが、飛び込んできます。

IMG_4217

写真が商品の魅力をたっぷりと伝えています!

 

IMG_4216

全商品が写真付きですと見難さが気になる所ですが、こちらのメニューはきちんと情報の整理がされています。どれも美味しそうで、見易いレイアウトとページネーションです!

 

中でも気になるメニューが!

IMG_4219

『お肉屋さんのよくばり犇めきプレート 』

がっつりパワープレート!草食系禁止」のキャッチコピーに対抗意識に火が付きました!

こちらのプレートを勢い良くオーダーします!!

 

 

オーダーを待つ間は、セルフでお変わり自由の【本日のスープ】を頂きます。

 

IMG_4206

 

日替わりで変わるスープは同施設で働かれているリピーターのお客さんにとっても嬉しいサービスです。訪れたこの日は寒の戻りで寒い一日でしたが、食事前に熱々のスープを頂けるのもまた嬉しいです。食事が来る前に2杯お代わりしました。

 

IMG_4207

 

2杯飲み終えた所で、『パワープレート』の登場です。

 

見ただけでも、、、

IMG_4227

 

幸せが零れ落ちます。。。

 

そして、コチラもまた、どこからでも絵になるメニューです!!

IMG_4226

 

こちらも死角なし!完璧です!!

 

IMG_4228

 

IMG_4234

 

お肉ぎっしりなボリュームハンバーグ!食欲が食欲を呼び込みます。

『パワープレート』名に偽りの無い贅沢なランチです。

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

食後に頂くコーヒーで余韻を楽しめます。ランチからこんなに贅沢して良いのでしょうか。

満足感の高いランチでした。

 

 

私にとって『洋食屋さん』は子供の頃には『ご馳走』でした。

 

家庭で食べるハンバーグもご馳走ですが、街の洋食屋さんで食べるそれとではまた赴きが異なります。特別なご馳走なのです。

 

そんな記憶が、音や匂いによって一瞬でフラッシュバックする。

そしてメニューやサービスを通じて大人でも、あの時に感じた憧れや期待を上げてくれました。子供の頃に夢中にさせられた洋食屋さんは大人になってもまた特別である事を気づかせてくれる『洋食喫茶 犇屋』さんでありました。

 

あと、草食系男子には特におすすめします。

食べたらキャラ変わりますよ!

 

 

取材店舗様

洋食喫茶 犇屋

 

☆グランドメニューはお店のスタッフの一員です☆

お問い合わせはコチラまで。「メニューデザイン研究所」

http://menulabo.com/

 



お問い合わせ