無理なく無駄なく作成できるMenuExpress

昨年来、食材原価の高騰と、食品の値上げが続いています。昨年の上半期には小麦や乳製品、酒類の値上げが相次ぎ、今後も値上げが予定されている品目は少なくありません。いずれにしろ、飲食店としては価格に転嫁せざるを得ない状況。ただ安易な値上げは客数の減少を招きかねません。それを最小化するために「素材の調達力、メニューの開発力、魅力の伝達力が重要」が挙げられます。売価を上げても高いと感じさせない工夫、安価な食材でも満足感につながる料理、魅力のある打ち出し方を工夫する、などの取り組みを緻密に重ねることが大切です。

その中でも今回は『魅力の伝達力』に使えるツールをご紹介します。コストと手間を最小限に抑えながら効果を発揮するメニューツール。

その名もMenuExpressです。

main_sp

MenuExpressは、スマートフォンやタブレットで簡単に魅力的なメニューが作れるアプリです。おすすめのメニューを魅力的に見せる雛形を選び、写真をスマートフォンで撮影し、文字を入れるだけで簡単です。その日に仕入れた食材を使って作るおすすめメニューも文字だけでは伝わる情報量も魅力も半減してしまいます。

IMG_2631

新作デザイン活用例 メニューコレクションより

 

毎日でも続ける事が出来るためお客様の目も飽きさせません。また価格も日ごとに変えられるので状況に合わせた売価設定が可能となります。春メニューへの切り替えも迫っている中、無理なく無駄なくまずは一枚から作成してみては如何でしょうか?

□3分で簡単にメニュー作成アプリ

MenuExpresshttp://menuexpress.jp/