都会の真ん中でアジを捌く!話題の中之島漁港に行ってみた。

多くの外国人観光客が大阪にも毎年足を運ばれる様になりました。

中でも、人気を集めているのは黒門市場に代表される、全国の海産物が集まるスポットで

あります。

とある観光紙でも、是非ともお勧めしたい大阪の観光地ランキングでも取り上げられ、10選にも

選出される人気振りであります。

同じくベスト10入りされた今年の2月に開港されたばかりの中之島漁港を取材いたします!

この中之島漁港は水都大阪は阿波座に生まれた、新しいスタイルの漁港であります。

何が一体新しいのか?

それは全国各地で獲れた魚が活きたまま大阪に運ばれ所にあります。

当たり前ですが、一度〆た魚は冷凍しても生き返らすことは出来ません。

と、なりますと方法は一つ、すべての魚は泳がせたまま移送し、漁港内の生簀に移されるので

あります。

口で言うほど簡単なものでもありません。

しかし、そんな心配は露知らずか、活魚たちは涼しい顔して生簀を泳ぎまくっております!!

IMG_0947

このたくましくも元気に泳ぐサバは恵比寿サバと名称を持ち遠路はるばる鹿児島からお越しく

ださいました。

他にも全国からの海産物が所狭しと並びます。

IMG_0943 IMG_0942 IMG_0943

片手に白飯・片手に生ビールを持てたらどんなに幸せか。。

そんな夢見心地な光景が土曜の昼下がりに繰り広げられていますが、冷静に考えるとここは大

阪のど真ん中であることをふと思い出すのであります。

IMG_0962 IMG_0961 IMG_0951

活魚を買い求めるお客さんの後を辿り、反対側にあるプレハブ階段を上ってみます。

そこに広がるは新世界!海を挟んで見えるビル群にやはりここが大阪であることを思い知らさ

れる光景が広がります。

ここでの醍醐味はこの景色を眺めながら食べる事が出来るBBQです!!

食材はもちろん、全国の獲れたて活魚であります!!!

オープンして半年はたっておりますが、未だ人気は高くお昼時もあってか30分町のPOPが立

っておりました。

それでも、待っても食べたいものがここにはある。

BBQとまではいきませんでしたが、スタッフさんのお勧め3品を気前良くオーダーさせて頂きま

した。

IMG_0949

 

IMG_0950

写真ありのメニューはもちろんのこと、手書きのいち押しメニューも味があって、食欲そそられま

す。

IMG_0954

そして、圧巻の登場!!ありがとうございます!!!

奥に見えますお造りは、このボリュームで何と1,000円ポッキリです。

漁港に訪れたものだけが手にする特権であります。

対馬の穴子に三重の鉄火丼!

日本って素敵な国ですね。

口数少なめに15分程、お造りと丼に舌鼓を打たせて頂きました。

乾いた10月の空に響き渡りました所で、中之島漁港レポ、これにて閉幕。

これは黙っていても広まる訳です。

今後の展開にも目が離せませんね。