2015年 飲食業界のトレンドワード トップ10はこれだった

●今年の注目を集めたフード!
12月に入り今年もあと一ヶ月を切りました。ということで今回はキーワードではなく今年話題になった注目フードをまとめました。
先日クックパッドアワード2015大賞が発表され、キーワード検索やレシピ投稿数、アクセス数など、時代潮流を直に反映するSNSの間ではどんなキーワードが選出されたのでしょうか?
大賞に輝いたのは「おにぎらず」です。

photo03

 

元は2014からの連続入賞で老若男女を問わず支持されたそうです。レシピのルーツは、料理をしないオジサンたちでも知っている講談社の「モーニング」誌の長寿連載漫画「クッキングパパ」。1991年刊行のコミック第22巻に収録されている、「超簡単おにぎり おにぎらず」で楽しむ事ができるので興味の方は是非!

2位たこ焼き器、3位ジャーサラダ、4位ココナッツオイル、5位沼サン、6位怪味ソース、7位チアシード、8位ちぎりパン、9位マシュマロ、10位デトックスウォーターなどと続きました。
2位のたこ焼き器は普通に使うのではなく、アヒージョが作れることが注目されるきっかけとなり、カステラ、オムライス、焼きおにぎりなどいろんなレシピが発掘され話題となりました。

出典 http://zumin2013.blogspot.jp

 

6位の怪味ソースは調味料ブームから、7位のチアシードはご存知「スーパーフード」としてタレント発信やダイエット食材としても注目されました。
雑誌Hanakoでも、2015-2016年のフードグランプリ!が行われ、パクチー、ワインと餃子、丸鶏、マトン、シャルキュトリーなどが挙げられていました。

昨年の熟成肉からの肉ブームの火は衰えず若い女性層にもしっかりと浸透した年の様に思えます。飲食業界においても感度の高い女性が積極的に情報を取りにいき、また発信することで女性が店を選ぶ傾向が年々高まってきている気がします。以前は敬遠されがちであったパクチーが今やトレンドフードに上り詰めたのも影に女性層の支持があったからだと言えます。

_DSC9609

 

時代とともに消費者の傾向・嗜好の変化を感じます。我々も、その時々のトレンドをしっかりと捉えそれに伴ったニーズの多様性などを研究する事で、メニュー作りに反映していければと感じました。
出展クックパッドアワード2015 http://cookpad.com/articles/13434

 



お問い合わせ