4番キャッチャー酒甫手(さかぼて)。どんな酒豪も優しくキャッチする名酒なお店。

お酒はぬるめの 燗がいい~

肴はあぶった イカでいい~

 

 

冒頭からしみじみしてすみません。

八代亜紀さんのヒット曲、『舟唄』を口ずさんでしまいましたが、

古くより日本の港町には『舟歌』が民謡として受け継がれているそうです。

 

今回訪れました香川県にも、『金比羅船々』という唄があるそうで。

 

ただせっかくの香川、ぬる燗もあぶったイカも好きですが、

色々と目移りしてしまうお店を今回はご紹介いたします。

 

 

取材店舗様

酒甫手

 

 

先程、登場しました『金比羅船々(こんぴらふねふね)』は、香川県・金刀比羅宮(ことひらぐう)を題材とした日本の古い民謡です。金刀比羅宮はこんぴらさんの呼称で親しまれ、香川の観光スポットでありますが、江戸時代中期からは庶民の間で伊勢神宮へのお陰参りに次ぐ憧れの地だったと伝えられています。

その頃から願い事を絵馬に託す光景があったとされますが、時同じくして一部の人にとっては絵馬以上に意味のある手形があったとされています。

 

その手形こそ、ご紹介するお店の屋号でもある『酒甫手(さかぼて)』です。

IMG_5254

その当時は要所を通過するにも「交通手形」が必要だった様に、お酒を造るにも「手形」が必要とされていました。「酒甫手」は酒造りを許可する免許証でありました。造り手にとっては喉から手が出る程、欲しい手形だったのであります。

 

 

IMG_5214

店主のお酒への想いが強すぎることで、大袈裟な屋号になってしまったと、とこちらのメニューブックに記されています。大変勉強になります。

 

お酒好きの店主であればもちろん、日本酒の種類も充実しているはず。

その想いは店内にも良く現れています。

 

これは期待できます!

IMG_5226

 

 

 

B5サイズのコンパクトなメニューブックですが、字間が程良くとられており見え難さを一切感じません。何より手書きの文字がとても優しく綺麗なため見入ってしまいます。

IMG_5216

 

 

店内をぐるりと見回してみますと、黒板ボードには本日のおすすめメニューが。

IMG_5621 IMG_5622

他のお客さんも黒板に熱視線を注がれておりました。

ここは港町ですから、やはりお魚が気になります!

 

 

注文を待つ間、気になるPOPがありました。

IMG_5250

禁煙告知のPOPですが、お酒を楽しんでもらうための計らいでしょうか。禁煙時間内とて19時前には既に満席状態です。

 

 

瑞々しい海の幸と、

IMG_5231

 

肴は炙ったノドグロがいいー♪

IMG_5239

見た目は大変シンプルですが、上質な脂が溢れ出す正に絶品の一品。塩加減が調度良く皮には旨みが更に詰っているようでした。

 

 

となると、そろそろ日本酒の出番ですね。

 

 

 

こちらも非常にシンプルな日本酒リストです。

IMG_5217 IMG_5219 IMG_5244

赤はお燗青は冷がおすすめとして直感的に選べるのも嬉しいです。ページごとに金額がくくられているのもわかり易くこれだけのラインナップでも選ぶのが楽しくなります。

 

 

美丈夫(高知) おすすめの冷で

IMG_5246

 

 

タイラギのお刺身と四国コラボで頂きます。

IMG_5234

オリジナルの舟歌が生まれそうな程に、美味極まります。

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

初めてのお店とは思えない程、親しみ易いお店でした。ふらっと一人でも入りやすいカウンター席だったため、地元の方がとても羨ましくあります。

 

オリジナルの舟歌ももう少しで固まりそうですので、もう一軒、いやもう二軒、行ってみたいと思います。

 

美味しく楽しい香川の夜をありがとうございました。

 

 

 

取材店舗様

酒甫手

 

 

 

 

☆メニューの可能性を全力で追求し続けます☆

お問い合わせはコチラまで。「メニューデザイン研究所」

http://menulabo.com/



お問い合わせ