60秒でサクッと分かる『口コミしたくなるお店の3要素』とは

きっかけは研究員 水口君の婚礼が京都で滞りなくとり行われた所から始まります。

披露宴後に、ちゃっかりと京都観光にも精を出し、私を含めた研究員4名が最後に向かった先が勝牛さんでありました。

身も心も満たされたていたはずでしたが、食した4人が顔を突き合わせて満面の笑みを浮かべたのがとても印象的でした。

それからと言うものの私は頼まれてもいないのに社内・社外問わず、京都に行く予定がある人を捕まえては熱心にお店の口コミをしていました。

何がそこまで駆り立てるのか?

あれから2ヶ月たたぬまの再訪を前に、その要因を探る事にしました。

題しまして、『口コミしたくなる3つの要素に迫るin勝牛  京都店編』


 

その1  素材は余すところなく、看板にまで使います!

IMG_1451

17時前にお店に到着。

暗くなりだした京の街をほのかに照らすショーウィンドウ。

アパレルショップでは見慣れた光景ですが、綺麗に整形されたお肉が並ぶと、とても迫力があり見入ってしまいます!

良く見るとそこには黒毛和牛と書かれた木板が。

IMG_1454

神々しくも見えるお肉は黒毛和牛の上級部位も扱われているそうです。

聞けば今まさに熟成中との事でした。

高級感のある演出と共にこのショーケース自体がお店のアイキャッチにもなっているため初めて見る方にもインパクト大ですね!


 

その2  数字のインパクト

12219618_729714983831910_9049342813578808368_n

会話の中に数字が入ることで内容は具体性を帯び説得力も増しますよね。

その点において勝牛さんのキーナンバーは『60秒』です。

通常揚げ物と聞くと3、4分をイメージしてしまいますが、60秒と聞くと一気にスピード感が増した様に感じられます!

お腹が空いている時の待ち時間は苦痛でありますが、60秒という言葉は待っている側からすればとても具体的で嬉しい数字ですね。


 

その3  シンプルに旨い

FullSizeRender (4)

3つの要素の中でもこれが一番ではないでしょうか!

先ほどの60秒にもあります様に高温・短時間でサッと揚げる事で旨味を最大限に引き出された牛カツは、中はミディアムレア、外はサクサクです。

それを自分好みの味付けで頂けるのが何とも贅沢であります。

IMG_1467

初来店の際、食べた4人が顔を突き合わせたあの衝撃。

今みたく情報が無い中でも、純粋に美味しいと思えること。これに勝るものは無いかと思います。

衝撃は時間が立つと衝動となり、誰かに伝えたくてしょうがない病になるのかもしれません。

 

また、再来店では新しい発見がありました。

IMG_1474

11月28日からグランドメニュー化される『京玉天』が新たに追加とのこと。

訪れた日は前日の27日でしたが、プレと言う事で頂くことが出来ました!

IMG_1476

和出汁が染み込んだ衣はそのままでも美味しいです!

箸で割ると熱々の黄身がこぼれ落ちます。(※勢いよく飛び出しますので割る際は十分お気を付けください。)

サクサクとトロトロの食感と味わいにお隣にいた外国人のお客さんも舌鼓を打っておりました♪

カレー出汁に付けて食しても良し、カツをくぐらせても良いですが、勝牛さんおすすめは卵かけご飯です!

IMG_1472

ご飯は無料でおかわり出来るため、これだけでも一杯はいけちゃいますね!


 

おさらい

その1  商品が看板に

その2  数字のインパクト

その3  シンプルに旨い

口コミしたくなる所以があることに気づかされました。

すっかりはまってしまった勝牛さんですがこの年末も出店ラッシュに沸いているとの事です。

寒空の下で、より一層勢いを増す勝牛さんでありました。

 



お問い合わせ