そのメニューに想いはあるか?メッセージ付きのメニューブックでリゾート感溢れる、アジアンテイブル

以前にもメニューブックの導入店舗様としてご紹介した、アジアンテイブル様から、グランドメニューの作成依頼までを頂き導入から3ヶ月経った今の反響を今回取材させて頂くことになりました。

 

 

いつ伺ってもリゾート感満載の店頭です。

IMG_7151

 

8月を迎えた大阪にはこんなしっとりしたリゾート空間が必要ではないでしょうか!?

IMG_7169

 

さてグランドメニューを作成するにあたり、メニューデザイン研究所が最も重要としていることがございます。それは始めに行うお客様へのヒアリングです。今回のメニューブックは何を目的として作成するのか?物事には理由が必ずあるように、メニューデザインの作成にも必ず理由があります。弊社プランナーが表面上の課題、そして潜在的な課題を吸い上げます。後のデザイン・レイアウトを決める上でもとても重要なお客様との時間です。

 

 

○水餃子をウリにした先頭ページ

IMG_1616

まずここにきたら食べて頂きたいもの、それは水餃子でした。お店のウリにしたいという想いを汲み取ることで水餃子に比重を置くデザインにしました。水餃子の美味しさを伝えるために、商品写真をただ載せるのでは無く、お箸で摘むシーンを撮影する等、その場の臨場感を表現しました。また様々な味を楽しめるのも特徴のため、メインとなる素材をアイコンにして掲載することで見やすくて選びやすいデザインを心がけました。限られた紙面でもこれなら問題ありません!

 

 

○アジアンリゾート感を押し出した前菜見開きページ

IMG_1617

華やかでリゾート感溢れ出すデザインを最初の見開きで表現することで、お店からのメッセージをこのページに組み込みました。具体的には蓮の花や麻材のあしらいを取り入れることで、世界観を作り、尚且つ商品を引き立たせる配慮をとりました。またドリンクもセンターに挿入することで同時に注文が取れる食連動を盛り込み工夫一杯の見開きページになりました。

 

 

○写真のメリハリを生かした頼みたくなる麺・飯メニュー

IMG_1619

以前のメニューはカタログの様だったと話されるのは店長の田端さんです。紙面に陳列された商品はみな同じように見えるため、分かりにくいとの感想をお持ちでした。【分かりにくい=個性がない】と考えた私達は商品の魅力が伝わる様に商品写真のサイズにメリハリをつけ、その商品が一番美味しそうに見える角度を探りました。そのことで商品が元々持つ魅力を引き出すことができました。業務的に選ぶメニューから、食べたいメニュー選びへと、お客さんの気持ちまで変えることができるのです。

 

 

○一瞬でも記憶に残す店頭看板

IMG_1610

メニューデザインがカタログ化していたのと同じように看板も単調なデザインとなっていたようです。また「何でも食べれる」という見せ方は結果として、お店の印象を残せていないことが分かりました。情報を敢えて絞り、ウリの商品である水餃子をメインに打ち出したことで一度見たお客さんがフロアーを一周した後にまた戻ってくるケースが増えたそうです。伝える内容の的を絞ったことで店頭の集客にも結びつけることができたのです。

 

 

メニューデザインの反響も上々とのことでほっと一安心、お腹も空きました。。

 

 

大連水餃子 トマト  1人前3個入り 380円

suigyouza_1627

ノーマルと比べて、見た目はさほど変わりありませんが口に入れた瞬間に溢れ出すトマトのフレッシュ感ですぐにも分かる一品です。酸味・甘味と餡がこんなにも合うなんて♪もちもちした水餃子ならではの皮の食感も楽しめます!

 

 

大連焼き餃子 6個入り 630円

yakigyouza_1639 (1)

中国の伝統工芸を思わせるような羽の焼目です。お箸を入れるのがためらわれます。。小龍包を食べた時のような一口噛むと溢れだす肉汁が絶品ものです♪

 

 

トマトとアボカド チョレギソース 480円

IMG_1628

日本でもおなじみのチョレギサラダですが、むしろアボカドの方がしっくりくるようなチョレギソースとの相性ばっちりな一品です。韓国料理の味付けはどうしてこうも食が進んでしまうのでしょうか?暑い夏にもおすすめな一皿です。

 

 

鉄板ステーキアジアンスタイル  1,280円

IMG_7213

やや細長で厚めにカットされたステーキは甘辛いソースとのなじみも良くバクバクと食べてしまいます。キムチ・白ネギ・パクチーとをお好みでとり、サンチュで巻いて食べれば食感も豊かに美味しさ倍増です!

 

 

リゾートホテルにあるプールサイドバーを思わせるバーカウンターで、ドリンクを実際に作られています。

IMG_7152

 

他では味わえないドリンクが豊富なので気分も上がります!!!

IMG_7150

 

 

最後に店長の田端さんにメニューブックと一緒に撮影させて頂きました。

IMG_7174

お店のコンセプトカラーである緑と赤を基調にしたメニューブックはお店の雰囲気を崩すことなく、インテリアの一部としてもしっくり馴染んでいました。ブック自体は1年近くご使用頂いていますが目立った傷も汚れもなく、想像以上の耐久性にご満足!とのお声も頂いています。

 

 

8月も1週目が終わろうとしています。短い夏、忙しい合間でもお腹の底から味わえて楽しめる、極上のリゾートタイムをアジアンテイブルさんで過ごされてみてはいかがでしょうか?

 

アジアンテイブル

http://tabelog.com/osaka/A2701/A270203/27073443/

大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス 14F

06-6654-6057

営業時間:

[ランチ]11:00~15:00

[ディナー]15:00~23:00(l.o.22:00)

ランチ営業、日曜営業

定休日:不定休(あべのハルカス近鉄本店に準ずる)