乾杯がもっと美味しくなるメニュー!BAR SALU

乾杯が似合う季節にいよいよなりましたね。でも、こうも暑いと乾杯の掛け声もうなだれてしまいそう ⤵そんな時はいつもの乾杯を変えてみましょう!ではせーのでいきますよー、せーの、『Salute(サルーテ)!』今日は何度も乾杯したくなるメニューのバルザルさんです。

 

 

BAR+SALUTE=バルザル!

BAR+SALUTE=バルザル!

フライングの『Salute(サルーテ)』すみません。先に何て言うかお伝えしていませんでした。『Salute(サルーテ)』とはイタリア語で乾杯を意味します。そして同じくイタリア語で気軽な酒場を意味するのが『Bar(バール)』です。この言葉同士が組み合わさった『バルザル』さんに本日はやってまいりました。リアルサルーテを早くしたい。飛び切りの生ビール早くサルーテ!

 

 

表紙はドリンクであってフードなメニュー

喉は干上がる寸前です。早く乾杯したい!そんな気持ちに応えてくれるメニューを発見!表1:フードメニュー 表:4ドリンクメニューとなっているため、ドリンクページにすぐに辿りつくことができます。何気ない工夫に見えますが客さん目線にたった嬉しい工夫ではないでしょうか。

表1・表4

迷わずドリンクページから始めます!生いったりましょう → 390円 (^^)b これでお願いします!

表紙はドリンクであってフードなメニュー

一仕事終えた後のフードメニュータイム。じっくりと吟味しましょう。フードメニューにつづく☞

 

 

RECOMMEND 天満’S オススメ

RECOMMEND 天満’S オススメ

アメコミ風のデザインが見開き一杯に躍動感たっぷりに踊ります。実はこちらのメニューは弊社で作成させて頂いたメニューです。関東・関西合せて12店舗も展開するバルザルさんですが、驚くことにこの見開きページは12店舗ごと別々なのです。地域によって売りの食材をかえ同じバルザルでも差別化を図られているのです。今回訪れた天満店は海鮮です。【本日の鮮魚・野菜の炉端焼】というメニューがありました!これはカウンターの頭上にある黒板メニューと連動しており、300円・500円に分かれた品から選ぶことができます。

黒板メニュー

 

 

 

多商品でもしっかりこだわる料理をメニューで強調

多商品でもしっかりこだわる料理をメニューで強調

RECOMMENDページにすっかり夢中になっていましたが、次のページもカラーチェンジがされて第2話のスタートといったところです。バルザル名物のトリオにアラカルトのメニューが4/3占める形で登場します。アラカルトとはエキストラ??いえいえ、バルザルさんのもう一つの特長はメニューの品ぞろいがあるのにこだわりをしっかりもたれていることです。全商品が写真付きで食欲をかきたててくれます。名物とアラカルトを見比べてメニューを選べるためオーダープランが立てやすいメニューともいえます。

 

 

本日のヒーロー登場!

お待ちかねのヒーローが続々登場してきました!

 

本日の海鮮炉端焼 鮪のカマ焼き ガーリックソース 300円
本日の海鮮炉端焼 鮪のカマ焼き ガーリックソース 300円

 

本日の炉端焼 ソーセージ 300円
本日の炉端焼 ソーセージ 300円

 

漁師風白ワイン蒸し バケツ盛り 1050円
漁師風白ワイン蒸し バケツ盛り 1050円

 

漁師風白ワイン蒸し バケツ盛りに+200円でオーダーできるパスタ
漁師風白ワイン蒸し バケツ盛りに+200円でオーダーできるパスタ

全員ヒーロー!ヒールは誰一人としていませんでした。

 

 

まとめ

でてくる料理にドリンクの注文も跳ね上がるバルザルさんでした。その出数を助長しているのがメニューであると感じました。ドリンクはどうしてもメニューに埋もれがちで頼まれいくい難点を、開きやすくするだけでスムーズなオーダーへとつなげることができていました。ドリンクの種類やサーブも早かったため新しいドリンクの度に乾杯したくなりました。今日はあと何杯乾杯しようかな~

 

 

バルザル 天満店
大阪府大阪市北区天神橋4-9-9
050-5869-1232

 

 

img_7299Webライター山崎達弥
1979年12月12生。新潟県出身。メニューデザイン研究所メディアの専属ライター。食べることと、飲食店さんをこよなく愛する山崎が執筆させて頂きました。


メニューの力

業態別からメニューブックを選ぶ