【3年目の真実】メニューエクスプレス ユーザーさん、使って良いことありました? ~ボンシャンヌ 堂島店~

287 view

本メディアでも再三取り上げていますメニュー作成アプリ、『メニューエクスプレス』ですが、2014年にリリースした当時から使用頂いているアプリユーザー様からお話を伺うことができました。ユーザー暦3年の中でのエピソードから上級者ならではのテクニックまでをお聞きすることができました。ご紹介に先立ちまして今回の主役、 ボンシャンヌ 堂島店 から佃オーナーをご紹介します。

 

img_7299欧風パン サンドイッチ  ボンシャンヌ  堂島店  佃 義数 オーナー

大阪 堂島界隈のOL、サラリーマン御用達の焼きたてパンと手作りサンドイッチのお店です。テイクアウトはもちろん、店内カウンター席にてコーヒー等とご一緒にお召し上がりいただけます。

 

YAMAZAKI
美味しい料理は食べたがり、撮りたがりの聞き手 山崎が担当いたします。

 

MENUEXPRESS(メニューエクスプレス)

1551671_1563599367254511_1047760450769976305_n

 

YAMAZAKI
Q1)使用されている携帯電話の機種を教えてください。
佃オーナー
最初からずっとiphoneを使用しています。

 

 

YAMAZAKI
Q2)使用頻度はどれくらいでしょうか?
佃オーナー
月に1~2回程度、新商品のリリースに合わせて使っています。

 

 

YAMAZAKI
Q3)使ってみて良かったと思ったことはありますか?
佃オーナー
まずお客さんが店頭で立ち止まってくれる機会が増えました。新商品が出るたびメニューエクスプレスを使っていましたがそのことで認知度が上がり、買う人が増えまたことが良かった点です。以前は新商品がでても気づいてもらえず1週間で止めてしまうこともあったので。

 

%e3%83%97%e3%83%bc%e3%82%b5%e3%83%b3

店頭入り口にはクリスマス仕様のプーさんとメニューエクスプレスがお出迎え♪

mex%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%aa

左のおやき中華まん160円は今年最後となる新商品

佃オーナー
8月の新商品として発売した「枝豆チーズ」は元々季節限定のメニューでしたがお客さんからの『やめないで。』の声に後押しされついにはレギュラー化するまでに。メニューエクスプレスを使うまでは無かったことでした。
枝豆チーズ

レギュラー商品にランクアップした枝豆チーズ 150円

YAMAZAKI
Q4) それでは逆に不便と感じたことはありますか?
佃オーナー
説明文の箇所ですが文字数が限られているのが少し残念です。また説明文の箇所ですが携帯画面と、印刷した際の仕上がりの見え方が違っている場合があります。今はそれも味だと思いそのまま使ってはいますが。

 

 

YAMAZAKI
Q5)プリントやパウチ加工はどうされていますか?
佃オーナー
店内で撮影したものを自宅にあるパソコンにメールで画像データを送っておきます。帰宅後、自宅にあるプリンターで印刷し、所有のパウチメーカーで仕上げています。うたい文句にある『3分でできる』を意識して素早く作るようにしています。
img_8435

パウチ加工することでプリントの色彩をより鮮やかに表現でき、よれることなくPOPとして好きな場所に貼ることもできます。

 

メニューエクスプレス ミニも!

上級者向け

イートインできるカウンターではマグカップよりも小さいメニューエクスプレスが!A4サイズにプリントしたものを縮小コピーして作られたま上級者向けの仕様です。

 

YAMAZAKI
Q6)メニューエクスプレスはプリント以外にもSNSへの直アップできますが、ご使用されたことはありますか?
佃オーナー
その機能は知っていましたので過去に数回フェイスブックにアップしたことがあります。ただ、商品に対してのコメントを入れるため、商品のみを撮影してシンプルなものにしています。
cats

ボンシャンヌ フェイスブックから過去に投稿されたメニューエクスプレス

 

YAMAZAKI
Q7) 最後の質問になりますが、メニューエクスプレスへの要望や改善点はございますか?
佃オーナー
先程の質問にもありましたように説明文の箇所の文字数制限がもう少しあると良いかなと思います。フォントも選べればより表現の幅が広がるのかなとも。またせっかく気に入ったデザインがあっても、自店には無いランチメニューの表記があることで使えるテンプレが限られてしまうのも勿体無い気がします。

 

 

 

最後までご覧頂いた方に、ボンシャンヌ人気商品3つをご紹介いたします。

%e5%a3%b2%e3%82%8a%e5%a0%b4-%e6%ad%a3%e9%9d%a2

 

ボンシャンヌの顔  ちくわパン

%e3%81%a1%e3%81%8f%e3%82%8f%e3%83%91%e3%83%b3
%e3%81%a1%e3%81%8f%e3%82%8f%e3%83%91%e3%83%b3-%e4%b8%ad%e8%ba%ab

ちくわの中にはたっぷりのツナが!

 

モーニングの定番 ベーコンエッグ

%e3%82%a8%e3%83%83%e3%82%b0%e3%83%88%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88

パンと一緒に食べた方がベーコンエッグ単体で食べるより美味しいのはなぜ?

 

最初は甘目、後にじわっと辛目、そして玉子の救済が絶妙な辛口カレーパン

%e8%be%9b%e5%8f%a3-%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%b3
%e8%be%9b%e5%8f%a3%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%b3

玉子の癒しが辛さを和らげます

 

 

 

3代目ボンシャンヌ オーナー 佃さんと3年目のメニューエクスプレスと一緒にパチッ!

%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc

毎日美味しいパンとマスターの笑顔に癒されています。と、言いますのもこちらのボンシャンヌさんは私達メニューデザイン研究所の大阪本社と同じビルに入っているからであります。ただその歴史はずっと古く、ビルが竣工した1973年からお店を開けられている今年で43年目を迎える老舗のパン屋さんなのです。佃さんはその3代目として、毎日ここ堂島で400個ものパンを焼かれています。そんな老舗のお店でも新しい販促ツールとしてメニューエクスプレスを使って頂けることに感謝であります。

最後に今回のテーマでありました、良かったことをまとめてみますと、

 

①アイキャッチとしてお客さんが見てくれるようになった。

②新商品の認知度が増えた。

③新商品の売れ行きが以前より伸びた。

 

その反面、文字制限等の課題も伺うことができましたのでこちらについても検討を行い、よりよいサービス改善に努めて参ります。

佃さんありがとうございました。これからも美味しいパンを楽しみに仕事がんばります!

 

 

 

img_7299

Webライター山崎達弥
1979年12月12生。新潟県出身。メニューデザイン研究所メディアの専属ライター。今年の新米の出来は最高です。食べることと、飲食店さんをこよなく愛する山崎が執筆させて頂きました。



お問い合わせ