本記事の概要
・8月29日にご繁盛セミナーを開催しました。
・テーマは飲食店メニューで使用するキャッチコピーの作り方。
・キャッチコピー作成に悩める18名様を前に、緊張度99%のライター山崎が登壇。
・WEBでは味わえない、リアルな時間をこの記事ではできるだけ共有いたします。

 

ご繁盛セミナーとは?

コピーライター山崎達也
講師:コピーライター 山崎 達弥(やまざき たつや)
メニューデザイン研究所が運営するオウンドメディアMEDIYのWEBライターを努めるかたわら、飲食店メニューのコピーワークも行うコピーライターとして、キャッチコピーの書き方に悩める飲食店様に経験と知識を元にしたベネフィットを挿入する2時間です。

 

講義の流れと内容

  • 自己紹介
  • メニューデザイン研究所とは
  • キャッチコピーの必要性
  • キャッチコピーを取り入れることでのメリット
  • 書くために必要な四大テクニック公開
  • 四大テクニックを使ったデモンストレーション
  • 実践コピーワーク
  • ショールームにてアウトプット事例

それでは皆様よろしくお願いいたします。

 

セミナー開始にあたってのお願い

フォーム

セミナー資料P21 から抜粋

本日のゴール、それは、自分のお店で一番売りたい商品に自ら考えたキャッチコピーを書いて持ち帰るまでとします。そのため限られた時間内でより理解を深めるために質問させて頂くかもしれません。そのときは快く回答頂きますようよろしくお願いいたします。

 

キャッチコピーって本当に必要なのか?

講義風景2

この問いに対しては江戸時代に誕生した「元祖コピーライター 」と現代でも引き継がれる名コピーを紹介させて頂きました。飲食店とコピーとの関係性について、歴史的側面から紐解きました。

「元祖コピーライター」に名づけられたキャッチコピーは「日本のダ・ヴィンチ」名前を言わずともその人となりを表してしまうのもキャッチコピーの凄みではないでしょうか?(上記はその時の講義風景ですが、ネタバレとなるためモザイク処理を施しています。もうバレているかとは思いますが。。)

 

そこで、現代の飲食店がおかれている環境は、

  1. 参入障壁が低い、競合多数
  2. TV.雑誌.WEB等、飲食店情報が溢れている
  3. SNSによる情報発信で更に情報激増

 

こんな時代だからこそ、料理×言葉 = メニューコピー を磨くことが、自店の強みとなり、競合に差がつくと考える訳です。

 

メニューコピー

セミナー資料P10より抜粋

 

みなさんはどう思われますか??

 

講義風景6

ふむふむ・・・

 

書くために必要な四大テクニック公開

ここからがセミナーの本番です。ギアを一段上げて紹介したいのが コピーを書くにあたっての四大テクニック” です。今日はその中からひとつだけを抜粋してご紹介します。

 

【テク其の一】ターゲットを明確にしたいなら○○を挿入!

四大テクニック其の一

セミナー資料P23から抜粋

誰にも好かれようとすると誰からも好かれない説。八方美人では結局、意中の人の心は掴めないということ。この説明には自然と個人的な熱がこもり、一瞬変な空気が流れました。ざわつかせてすみません(汗)

 

好きなものは好きという勇気

Bambaのレモンサワー

「Bambaのレモンサワー」と聞いてすぐに「Bamba」の意味することが分かる方どれくらいおられますでしょうか?ほとんどの方が意味不明なはずです。しかし、分かる人には分かるし、愛着さえ生まれるのが 「Bamba」なのです。

 

一体どう言うことなのか?

Bambaのレモンサワー2

実はこの「Bamba」とは東京品川区にある馬場(ばんば)という地名のことをいいます。「地域名」×「商品」で地元の方には伝わるレモンサワーにすることができるのです。地域密着を根ざすお店では有効な、「地名」×「商品」= メニューコピー のテクニック例でした。

 

其の一、ターゲットを明確にするのまとめ

其の一まとめ

セミナー資料P27 から抜粋

とても簡単なことのようで、できないことも多いのです。恋愛もコピーもシンプルが大事ってことですかね!

ハイ、今、メモとるところですよー

 

カキカキ・・・

 

四大テクニックで強みを書く実践コピーワーク

テクニックが生きるのは、強い個性があってこそ!売りたい商品の個性(強み)をいかに見出すかが重要となるのです。そこで、このようなシートをご用意しました。

セミナー配布用リストP8より抜粋

予め強みのジャンルを5つに分け、例をあげておくことで強みを見つけやすくするシートでした。

 

山崎
えー、こちらのシートを元に少なくとも ”5つの強み” を挙げてみましょう!

 

受講者様
すみませーん、質問でーす!

 

山崎
はい(緊張でビクーーーン)

 

受講者様
ここにない強みを書いてもいいのでしょうか!?

 

山崎
はい、もちろんですとも(感涙でウルウル)

 

 

強みを見つけ、四大テクニックを駆使すれば必ずあなただけのコピーが書けます。必ずや!

 

 

講義風景4

時間の限り強みの見つけ方とオリジナルコピーの添削をさせて頂きました。

 

セミナー終了後の満足度レビュー

と、いう流れであっというまにセミナーは終了しました。この後には、大阪本社1Fにあるショールームにて作成したコピーのアウトプット方法をお伝えしました。

満足度94%達成!17/18名様が「大変満足」・「満足」と回答

セミナー終了後に行ったセミナー満足度アンケートから受講者様からの評価とお声を掲載させて頂きます。

大変満足

【6/18名】

【大変満足と答えた方からのお客様の声 抜粋】
- メニュー名に対する考え方が浅かったことが分かった。
- キャッチコピー作成時の頭の整理がつけれるようになった。
- メニューの「強み」や「付加価値」を見直すことができた。
満足

【11/18名】

【満足と答えた方からのお客様の声 抜粋】
ー しゃべりが少しスピーディーであったが内容は良かった。
ー 四大テクニックの考え方が参考になった。
ー メニューのウリを分解していく時に、今日使用したシートの考え方を社内全員でやってみたいと思った。近々新メニューのプレゼンがあるので提案してみたいです。
やや不満

【1/18名】

【やや不満と答えた方からのお客様の声】

ー 実際のメニューブックやヒアリングで実例を出して頂けると良かった。もっと実例があると良い。

不満【0/18名】 ー 回答者なし

ご参加頂いた皆様、貴重なご意見誠にありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

 

最後に「次回予告」をさせてください

次回予告

次回は11月に東京での開催を予定しています。また詳細が決まりましたらMEDIYでも配信します。皆様とお会いできる日を楽しみにしております。

 

 

山崎
東京のみんな、次回はぜってーきてくれよな!
この投稿は役に立ちましたか?
3人中3人がこの投稿は役に立ったと言っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事