今日もアサリの山を築く!?行列のできる難波の天ぷら屋さん。

5/5(木)21時過ぎ。

ゴールデンウィーク2度目の3連休を間もなく終えようとする、大阪は難波の夜。

 

 

『明日の出勤に備え、今日は家でじっとしててください!』

自分勝手な願いを胸に、向かった先はやはり行列でした。。

 

IMG_6379

 

並んでも食べたいモノ、それは5月の夜空にサクッと響く、天ぷらです。

 

なんばCITYの新飲食ゾーン「なんばこめじるし」、その一角に店舗を構えるのが『天ぷら大吉』さんです。

 

IMG_6380

 

名店の見分け方として、まず汚い暖簾であるかどうかが挙げられます。くぐるお客さんが多いためその手垢で汚れるためと言われていますが、こちらは名店にふさわしい暖簾でありました。これは期待が持てます。

 

 

 

堺本店の営業開始は深夜0:00~!?

IMG_6382

順番を待つ間、もう一つ注目すべき情報が!

こちらの本店は大阪の堺にあるとのことですが、開店時間が少しおかしいぞ。。。平日の開始は深夜0:00~。金・土深夜は23:00とありますので、深夜開店であることにブレはなさそうですが、、、遅すぎ、いや早すぎ!?ではありませんか???

その場で調べてみますと、堺本店は深夜でも、早朝でも行列ができてしまう繁盛店であることが分かりました。堺魚市場の区画内にあるため新鮮な魚介を揚げたてで頂けるとあって連日行列を成すそうです。

 

 

 

聞きなれない音、見慣れない光景、ここ天ぷらやさんですよね!?

 

何やらしている内に順番が回ってきました。思っていたより早い!と思ったのも束の間、店内でもお待ちの席がありました。

入ってみますとお店の奥からは天ぷらを揚げる心地よい音が聞こえてきます♪その音に混じって今度は聞きなれない音があちらこちらから聞こえてきます。

 

ポツ、ポト…

ミシ、メキメキ…

 

そして、目を疑う光景。

足元に転がっているもの、それは貝殻??

IMG_6384

 

耳慣れない音と見慣れない光景が繋がりました。

それはまた後ほどに。

 

 

 

 

本店の良さ、旨さを引き継ぐ

 

正味30分程のお待ちを経てカウンター席に辿り着きました。ちなみに22時L.Oにも関わらず外にはまだお待ちのお客さんがおられました。

 

 

さてメニューの時間です!

写真、左手前にある注文用紙に好きな品を頼んで渡せばオーダー完了です。

IMG_6387

本日のおすすめには【お造り】まであります。旬の素材が多く、頼みたくなる品ばかりです。

IMG_6388

第一陣はこんな感じでいってみましょー!
IMG_6417

 

オーダーした後に気づきましたが【本日のおすすめ】には値段はありません。時価ってやつです。食べたい衝動にかられ気にせずに注文していました。。これが吉とでるか凶とでるか!?

 

 

始めに出てきたのはコレダ!!

IMG_6397

刺し良し、色よし、サイズ良し!

これはもう『吉』で良いと思います。価格は聞けずにいますが、、

IMG_6401

堺本店の良さを引き継ぐ、新鮮なマグロの中トロに悶絶。幸先良好な兆候です。

 

中トロに舌鼓を打っていると、カウンター越しに次なる吉兆の予感!!

IMG_6409

遅れてやってきた、つゆとたっぷりの大根おろし。

IMG_6411

これだけでもビールが進んでしまいそうな、食欲を掻き立てる美味しそうな湯気がたまりません。

 

食べたら言葉になりません。するとしたら『旨い!』月並みですが美味しいです。

IMG_6412

 

レギュラーメニューは別紙で用意されています。一品110円からオーダーすることができ、揚げたてを食べることができます。気軽さと目の前で揚げてくれるプチ贅沢感が人気の秘訣とみます。

 

IMG_6394 IMG_6395

 

 

つゆが無くなったらおかわりもできます!大根おろしもたっぷりで!!

IMG_6418

 

 

そして、そして、来られたお客さんがほぼ注文する【あさりの味噌汁 380円】

IMG_6421

アサリ1キロで2杯ちょっとしかとれないという、超原価高めの看板メニューです!!そして先程の聞きなれない音と見慣れない光景を作り出していたのもこちらのアサリさんでした。

 

 

食べた貝殻はお近くの足元にそっとリリースします。

IMG_6434IMG_6435

 

そのため、ポツ、ポト… ミシ、メキメキ…といった音があちらこちらから聞こえていたのです。

 

食べても、捨てても豪快な大吉さんの看板メニュー!

IMG_6443

私も1日の最後に大吉の山を築くことができました!!

 

 

 

 

アサリ殻のリリースは本店ならではのスタイルとのことでした。これができなければ2号店への出店は無かったとか。本店の良さ旨さをすべて引き継がれているのがここ難波店なのでありました。本店にも負けない盛況ぶりも頷けます。

 

会計レジ横にはお土産も用意されていました。

IMG_6445

美味しい余韻をお持ち帰りできる素敵な心配りでした。並んでも食べたい『天ぷら大吉』さんでありました。