【OPEN情報】コンセプトは “大人のとりかご” 権兵衛 なんばパークス店

大阪市内を中心に本格炭火焼鳥専門店を展開する「炭火焼鳥権兵衛」は、なんばパークス6Fに7店舗目となる新店を11/7にオープンしました。

dsc_3387_00028

 

店舗ごとに異なる空間

店舗ごとにコンセプトの違った空間が楽しめる権兵衛さん。スタイリッシュな空間の店舗もあれば、町屋風のほっこりする店舗、木の温もりを感じられる店舗など、エリアごとにそれぞれ違った印象を感じる事ができます。新店舗のコンセプトは “大人のとりかご” 。興味深いフレーズに早くも期待が高まります。

 

 

コンセプトは “大人のとりかご”

dsc_3471_00009

椅子や障子も言われてみればどことなくとりかご風

なんばパークスは南海なんば駅直結の都市型複合施設です。仕事帰りにショッピングや食事を気軽に楽しめるとあって、エネルギッシュにオンとオフを過ごす女性が多いのも特徴です。そんなアーバンライナーがそっと羽を休めることができる空間が “大人のとりかご” です。やや暗く落とされた照明の中で、周りを気にせず食事と会話を楽しめる憩いの場でもあるのです。

 

 

 

新店舗にもぴったりはまるメニューブックとは?

新店舗のオープンにあわせまして、ランチメニューのデザインとブックの作成をお手伝いさせて頂きました。都会的でありながら、落ち着いた雰囲気も持ち合わすお店のイメージにぴったりなメニューブックがこちらです。

dsc_3431_00071

DENIMシリーズ ブラックビスタイプ A4

本物のブラックデニム素材を使用しているため、使うたびに独特の風合いを楽しむことができます。【都会的】×【寛ぎ】【遊び心】も組み込まれたオリジナルメニューブックが新店に華を添えていました。

 

 

 

決め手はショールーム!

role_slide_05role_slide_01

新店舗の立ち上げには実に様々な工程が同時進行すると聞きます。図面上ではイメージできても、オープン間近にならなければリアルなイメージは掴めません。権兵衛さんの場合も新店舗ごとにコンセプトを刷新するため、都度まっさらの状態から始まり、未確定の情報の中で事を進めて行かなければなりません。

『内装を始め家具や食器までのトーンを統一するのがとても難しかった。』と、マネージャーである川辺さんはオープン前の状況を振り返ります。そんな手探りの中、来社頂いたショールームでは現物のメニューブックを手に取り、スタッフを交えた意見交換もその場でできるため決定までが迅速で何より確実だったとのご感想を頂いております。

シミレーションする上で確かな現物が一つでもあることは進行の上でとても心強いのではないでしょうか。

 

 

 

中身も、もちろん大事!

dsc_3433_00073

以前にも天王寺MIO店様のランチメニューの作成実績がありましたが、商品ラインナップも異なるためベースデザインを活かしたデザイン改定を行いました。この改定にあたり、大きく変えたのが上記の見開きです。左ページには【プレミアムランチ】の予告ページにしています。このページ左上にドッグイヤーがあしらわれており、近日スタートの臨場感を表現しています。印刷物は差込タイプのため、手軽に差し替えが可能です。

そして、右ページには新店の顔となる【近江黒鶏(おうみこっけい)】を丸々使った構成にしています。今までの商品はどれも均等に掲載していましたが、ウリをの商品を明確にしたいとの意図を汲み取り地鶏の魅力を伝える構成にしました。

 

dsc_3439_00079

フォントタイプとデザインのあしらいも天王寺店とは変えています。あらかじめコンセプトを共有することでブックにしてもデザインにしても、ぶれることないツールをご提供できるのです。

 

 

 

絶品の地鶏を食す!

dsc_3391_00032

客席から見ることのできる焼き場のライブ感は大人の好奇心と食欲を後押しする演出です。

 

 

店長おすすめのランチメニューはコレ!

dsc_3457_00095

近江黒鶏 炙り焼きランチ 1,480円(税別)

串に刺さず食べやすい一口サイズに切り分け、土佐の備長炭で一気に焼き上げることにより炭の香りと鶏の旨味を最大限に引き出しました。熱々の鉄板に乗せてご提供いたします。

 

 

dsc_3459_00097

チキン南蛮ランチ 980円(税別)

あっさりヘルシーな鶏のムネ肉を使用し、国産の大豆でさくりと揚げました。自家製タルタルソースでお召し上がりください。

 

 

スタッフさん一押しのディナーメニューはコレ!

dsc_3409_00049

お造り3種盛り合わせ 1,200円

歯ごたえと旨みのある薩摩地鶏のもも肉、むね肉、ささみを盛り合わせています。醤油にもこだわり、地鶏の旨味を最大限引立たせる様にしています。

 

 

店長の小河さんとスタッフさんとで〆のパシャリ!

dsc_3394_00034

店長の小河さん(右)が持たれているのはディナー用のメニューブックです。ランチとは異なるタイプでディナー用も作成頂きました。

 

ディナー専用メニューブック

dsc_3382_00023

スキニーに素材をベースに金の箔押しが映えます!

ランチとディナーのメニューブックを兼用されるお店様も多いかと思いますが、分けることで昼と夜との雰囲気を変えることができます。例えばランチからディナーへの誘導ができたお客さんにも昼とは違った印象を与えることができるからです。また忙しいアイドルタイムでも簡単に切り替えることができ、ブック自体への無駄な負担も防げるため長持ちさせることができます。

細部までこだわり抜くことで、サービスは目に見える所、また見えない所でも気持ちがこもるものだと感じました。メニューブックも手にとって頂くお客様の気持ちに添えられる心のこもったツールに近づけられたらと改めて感じました。

 

 

11月も中旬を過ぎると一気に年末ムードを迎えます。こちらの商業施設はいつも以上の活気に包まれそうです。これからがますます楽しみな、権兵衛なんばパークス店様のご紹介でした。

 

 

今回ご紹介した権兵衛さんもメニューブックは高品質オリジナルメニューブックのメニューの力からお求めいただけます。

メニューの力