あなたは『一人外食出来る派?』気になったので聞いてみました

892 view

最近テレビCMでも良く見かけます俳優の重松 豊さん。人気ドラマ『孤独のグルメ』では井之頭五郎役を演じ、毎度のランチに情熱を振るう姿にこちらまで食欲をかきたてられます。お一人様の先駆者、井之頭 五郎は番組冒頭でこう紹介されています。以下、全文です。

時間や社会にとらわれず、幸福に空腹を満たすとき、つかの間、彼は自分勝手になり、「自由」になる。誰にも邪魔されず、気を使わずものを食べるという孤高の行為。この行為こそが現代人に平等に与えられた、最高の『癒し』といえるのである。

井之頭 五郎はこの大義名分の元、今日もランチに精を出します。またその一方では、『日本人男性の4割が一人外食に抵抗あり』との調査データもあります(2015年8月 ライフメディア調べ)

実際の所はどうなんだろう??今回は『一人外食』を研究します。


メニューデザイン研究員44人(男性:28・女性:16)に聞きました。『あなたは一人の外食が好きですか?』

  1. 一人の外食ランチは好きですか?
  2. 一人の外食ディナーは好きですか?
  3. 一人で外食したことがある飲食店はありますか?
  4. 一人外食を好きと答えられた方にお聞きします。一人ならではの良さは何ですか?
  5. 一人外食が苦手と答えられた方にお聞きします。一人で入りづらい理由は何ですか?

1、2.一人の外食ランチとディナーは好きですか?の回答

まずランチですが、34%の研究員が『まあまあ好き』と答え1位となりました。次いで『好きではないが出来る』が31.3%。3位は『大好き』で28.1%となります。

一方、ディナーになると『大好き』が約20%も落とし、ランチではわずか3%だった『あまり好きではない』『大嫌い』がそれぞれ票を伸ばす結果となりました。

昼と夜とでは『お一人様』に対するイメージがガラッと変わります。0218_1


3、一人で外食したことがある飲食店はありますか?の回答

下記は男女総合の回答です。1位は『ファーストフード』・2位に『チェーンのカフェ』・3位に『そば・うどん屋』がランクインました。0218_3更に男女別で比べますと、2位と3位に違いがでました。1位はどちらも同じく『ファーストフード』。男性の2位が『そば・うどん』に対し、女性は『チェーンのカフェ』となり、3位は男性が『牛丼屋』に対し、女性は『イタリアン』がランクインしました。

一覧

男性の順位から推測するに一人外食に求めるものは『早い・安い』に対して、女性はカフェやイタリアンの業態からして滞在時間を優先することから『居心地』を重視する傾向にあります。


4、5.一人外食が好きな理由は?嫌いな理由は?の回答です。

まず『好き 』と答えた研究員の回答からです。

『ランチタイムは時間が決まっていて、色々と考え事が出来るし、自分のペースで食べたいものを食べれるから。』(30代男性)

『お店のスタッフさんや、知らない人とも話が出来るから』(30代女性)

『食事と雰囲気を存分に楽しめる。そもそも一人が好き。「孤独のグルメ」の影響は大きい。』(30代男性)

『人目を気にせず、食事に没頭できる。集中する事でより料理も美味しく感じられ、 行きたい店と時間に縛られることなく自由を味わえる。人間観察もこっそりできるから。 』(20代女性)

好きな理由として、食べたいもの好きな時に好きな場所で誰にも邪魔されず食べれる!と言った意見が大半を占めました。実際に「孤独のグルメ」の影響を受けている研究員もいましたね。


次に『嫌い』と答えた研究員の回答です。

『周りから哀れみの目で見られているのではないか?一人になるには理由があるのでは?と思われていそうで抵抗を感じてしまうから。』(20代男性)

『ランチは仕事上仕方のないことだとは思うので、1人で食べている人を見ても何とも思わないですが、ディナーを1人で食べている人を見ると「寂しそうだなー」と思ってしまう為、もし自分が1人ディナーをするとして、他のお客さんやスタッフからそのように思われてしまうと思うと、どうしても出来ない。だったら自炊をして1人で気兼ねなく食べたいと思います。』(30代女性)

『寂しい。孤独。話し相手がいない。』(50代男性)

『「美味しいねー」という相手がいないのが淋しい。一人だと長居しづらいため、カフェくらいが限界。』(20代女性)

嫌いとだけあって、ネガティブワードが並びます。中でも周りからの目を気にするがあまり、一人に抵抗を感じる傾向が男女共にありました。中には切実に思っている者もおりました。。。


今回のアンケートで明確になったこと、それはランチとディナーでお一人様に対するイメージが異なることでありました。飲食業に携わらせて頂いている私共ではありますが、周りの目には勝てない事実も判明しました。(私も含めてでありますが。。。)

そもそも、この『お一人様』に着目した理由は昨年の11月まで遡ります。お一人様に対する興味が湧くと共に、飲食店様にとっても一躍を担う存在に成るのでは?とそのとき直感で感じたからであります。明日は研究所からの提案を発表させて頂きますので乞うご期待ください!



お問い合わせ