今回は、飲食店オーナー様に向けて、飲食店のホームページの必要性についてまとめます。経営する飲食店のについての情報配信をSNSやぐるなび、食べログなどのポータルサイトですませてはいませんか?それでも情報配信するだけであれば、問題ないのですが、あまり効果的とは言えません。

 

飲食店のホームページをうまく利用すれば、優良なお客様の来店が見込めたり、優秀な人材を獲得できたり、様々なメリットをもたらしてくれます。

 

SNSやグルメポータルサイトではダメなの?

食べログやぐるなびではダメな理由

ぐるなびや食べログなどの、ポータルサイトはお店の情報を知らない人に知ってもらうための窓口としてはとても有効的です。ですがそれで充分とは言えません。ぐるなびや、食べログは自由にデザインやカスタマイズすることができないので、飲食店のこだわりや魅力のポイントをしっかりと伝えることができません。また、オリジナル性にも欠けるので、競合店との差別化もしにくくなります。

またSNSは自由に素早く情報を配信でき、拡散性もありますが、まずフォロワー(お友達)がいなければ全く機能しません。また手軽に無料で利用できる反面、情報の質としては低くなりがちというデメリットもあります。

 

 

飲食店ホームページが必要な理由とメリット

飲食店ホームページの必要性

競合店舗との差別化を測るためには、しっかりとお店側の想いやコンセプトをお客様へ伝えなければなりません。そんな時に情報配信の手段がポータルサイトだけだと、しっかりと伝えることはできません。なので、「今後飲食店のブランド化をしていきたい」という飲食店にとってホームページは必要不可欠なものと言えるでしょう。

 

飲食店のホームページがあれば、それを見ている人からすればサイトがあるだけで、信頼感を得られます。また、新規のお客様に向けて、お店の案内や、効率的なWeb集客ができたり、お店のこだわりやコンセプトをサイト上でしっかりと伝えることができれば、リピーター獲得にも繋がりやすくなります。さらにサイト上で求人募集すれば、お店の意図やコンセプトを理解した、意識の高い人材の獲得も期待できます。

 

飲食店ホームページのメリット

  • 情報の質が高く見ている人に信頼感を与えられる
  • お店の案内や、効率的なWeb集客ができる
  • お店の想いやコンセプトをしっかりと伝えられる
  • 意識の高い人材獲得も期待できる

 

 

2つのケーススタディと飲食店ホームページ実例

具体的に、飲食店のホームページがあったほうが良い理由を、2つのケーススタディと絡めて実例をご紹介したいと思います。

 

1ホームページがお店選びの決め手となる

「食材にこだわった健康食が食べれる飲食店」を探してるAさん。ポータルサイトで飲食店を探してみると、健康食を提供している飲食店一覧情報はすぐに調べることができました。ですがこれといって決め手となるものが、なかなか掴めません。どの店舗もそれなりによく見えてしまいます。

そんな中Aさんは一覧の中からとある食堂のオフィシャルサイトを見つけ、訪問します。素材や栄養バランスはもちろんのこと味付けや盛り付けにまでこだわりを持っている食堂に感動し、お店選びの決め手となりました。

タニタ食堂 ホームページ

出典:タニタ食堂 日替わり定食のコンセプト|タニタ食堂

 

飲食店のオフィシャルサイトで、お店のコンセプトやこだわりポイントを打ち出すことができれば、お店選びに悩んでいる人からすれば、それがお店選びの決め手となり、またお店側もしっかりとお店のコンセプトを理解した優良なお客様に来店してもらいやすくなります。

 

 

2見ているうちに足を運びたくなる

いつも見かける、行列できるラーメン店。行列のできる理由を知りたくて、ふとネットで調べたらホームページが出てきました。そこにはお店の人気メニュー、コンセプトやこだわり、働く人の顔など、様々な情報が載っていて、見ているうちに気がついたらついついお店へ足を運んでいました。

麺屋NOROMA ホームページ

出典:麺屋NOROMA | 奈良市南京終町のラーメン屋

お店側の想いをしっかりと発信していくことで、飲食店のブランド化にも繋がります。数あるラーメン店の中でも、なぜこのお店なのか。他店との差別化を上手にできているサイトです。

 

 

ホームページの作り方と費用感をご紹介

飲食店のホームページの必要性と、ケーススタディを紹介したところで実際にホームページ制作する際に、どのような方法で作ればいいかご紹介したいと思います。

 

Web制作会社に依頼する

Web制作会社に依頼する

ホームページにお金をかけれるのであれば、Web制作会社に依頼すると、安心安全にハイクオリティのサイトを作ってもらえます。サイトに必要な写真や動画の撮影から依頼できるところも多く、全て丸投げで依頼可能です。また細かい機能追加や仕様にもある程度対応してくれるのでオリジナリティの高いサイトも作ることができます。デメリットをあげると、制作費用が高くなってしまうことと、完成までに時間を要することです。

メリット

  • ハイクオリティのサイトを作ってもらえる
  • オリジナリティの高いサイトができる
  • 全て丸投げで作ってもらえる

デメリット

  • 制作費用が高い
  • 時間がかかる
  • 運用コストが高い

制作費用目安40〜100万円 + 運用コスト(サーバー代・ドメイン代・保守メンテナンス代)

 

 

 

自作(内制)する

自作する

ホームページにあまりお金をかけれないという飲食店はサーバーを借りて、ワードプレス等でサイトを自作する方法もあります。自作をすれば、制作費用を抑えることができ、サイトの更新もスピーディーに行うことができます。デメリットとしては、社内に、専門知識を持った人材がいないと厳しいという点と、クオリティは制作者のレベルに左右されてしまうという点です。

メリット

  • 制作費用を抑えられる
  • サイト更新や運用が簡単スムーズ

デメリット

  • 専門知識がないと難しい
  • サイトのクオリティは製作者の実力による

制作費用目安0円 + 運用コスト(サーバー代・ドメイン代)

 

 

最後に

以上、飲食店のホームページの必要性についてまとめました。ホームページはないよりはあったほうがいいに決まっているので、まだホームページを持っていないという飲食店は、ぜひ作ることをオススメします。ただ作ったで終わらないように、サイトにどのような役割を持たせるのかをしっかりと決めてから作ると良いでしょう。

 

この投稿は役に立ちましたか?
34人中34人がこの投稿は役に立ったと言っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事