小野友暉
どうも!Google認定フォトグラファーの小野です。

 

飲食店を経営されている方で、「Googleマイビジネス」を利用されている方は多いかと思います。ですが、Googleマイビジネスの屋内写真(インドアビュー)は活用されていますか?今回は、インドアビューを活用することによって得られる飲食店のメリットをまとめていきます。

 

Googleマイビジネスについては過去記事はこちらから

 

インドアビューとは?

屋内、店舗内写真(インドアビュー)とはGoogleストリートビューの機能の一つで、Web上で建物内・室内を360°パノラマで見渡すことができ、実際に店舗を訪れたかの様に、お店の中を自由に見て回る事ができる機能のことをいいます。Googleマイビジネスの写真から追加することができて、お客様にお店の雰囲気を伝えることができます。

 

お店の雰囲気でお店選びをしている人は多い!

オープンテーブル株式会社の調査によると、飲食店を選ぶ際にどこを一番重要視するかの統計では「メニュー」の次に「雰囲気」が2位に上がっています。実はお店の雰囲気でお店選びをしている人は多いのです。

お店選びのポイント統計

参考:http://prtimes.jp/a/?f=d8718-31-pdf-0.pdf

メニューやお店の雰囲気作りにこだわっている飲食店は多いですが、それを来店する前のお客様にしっかりと伝えることができなければ意味がありません。

店舗内写真(インドアビュー)はお店の雰囲気を来店前のお客様に伝えるのに、とても有効な手段なのです。うまく使うことができれば効果的なWeb集客にも繋がります。

 

ちなみにメニューやお店の雰囲気にもっとこだわりたいという方は、こちらの記事もオススメです。

 

店舗内写真(インドアビュー)のメリット

店舗内写真(インドアビュー)を活用することによってもたらされるメリットをご紹介します。

1お客様に親近感を与え、お店に足を運んでもらいやすくなる

先ほどの統計でもありましたが、一般のお客様はお店の雰囲気で飲食店を選んでいる人がとても多いです。そういったお客様に対して、店内の雰囲気がわかる360度の店舗内写真(インドアビュー)があれば、お客様により親近感を感じてもらうことができ、お店選びの決め手となりやすくなります。

 

2MEO対策に繋がる

MEO対策

Googleマイビジネスの店舗詳細文や写真、口コミなど、コンテンツを充実させれば、MEO対策につながります。MEO対策をしっかりとしておけば、「ローカル検索」された場合に上位に表示されやすくなります。MEO対策については過去記事をご覧ください。

 

3お店のコンセプトや店舗ブランドがお客様に伝わる

店舗内写真(インドアビュー)は、お店の雰囲気をお客様に伝えるにはとても有効的な手段なので、お店のコンセプト店舗ブランドもより伝わりやすくなります。インドアビューを見て来店してくれたお客様は、お店の雰囲気やコンセプトが気に入って来店してくれているので、優良なお客様でリピーターにもなりやすくなります。

 

店舗内写真(インドアビュー)を依頼するには?

店舗内写真(インドアビュー)はGoogleに認定された「認定フォトグラファー」に依頼することで、店舗に撮影しにきてくれます。まずは動画で依頼した場合の流れを把握しておきましょう。

 

 

実際に依頼すると決めて、近隣のGoogke認定フォトグラファーを探す場合はこちらから依頼できます。

 

 

まとめ

以上、飲食店の店舗内写真(インドアビュー)についてまとめていました。飲食店の方はGoogleマイビジネスを利用している人もとても多いですが、数ある飲食店の中で、他店と差別化を測るためにもまだ浸透していない店舗内写真(インドアビュー)を導入してみると良いでしょう。

 

Googleマイビジネスのことから店舗内写真(インドアビュー)のことまで、メニューデザイン研究所が飲食店様のご相談に乗ります。何かご相談等ありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

 

この投稿は役に立ちましたか?
47人中47人がこの投稿は役に立ったと言っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事