小野
MEDIYライターの小野です。

 

今回は写真共有SNSインスタグラム(Instagram)を「使いこなせない」、「やり方がわからない」というSNS初心者飲食店様のために、新規会員登録から投稿までの流れをご紹介していきたいと思います。インスタグラムをうまく活用すれば、飲食店にとってとても便利な集客ツールとなります。

 

飲食店にInstagramをおすすめする理由

インスタグラム登録する理由

飲食店でSNS集客をするならば間違いなく「インスタグラム」をおすすめします!

「インスタ映え」という言葉が流行語にも選ばれたくらい、今やたくさんの方がインスタグラムを利用する時代になりました。

それにより、インスタグラムを使ったプロモーションというのも急速に伸びています。写真や動画を通したコミュニケーションを取るため、特に「美容系」「アパレル系」「グルメ系」とは相性がとっても良いのです。

飲食店の場合、写真を見て、来店するきっかけをインスタグラムで作ることができます。サイトを運営するよりも簡単、かつ投稿する写真(料理や店内・店外、スタッフ写真など)の内容にも悩むことも少ないので、継続性も期待できます。

 

飲食店にインスタグラムをおすすめする理由をまとめると....

飲食店におすすめする理由

  • 一般ユーザーの利用者がかなり多い
  • 「グルメ系」はインスタグラムと相性が良い
  • サイト運営するより手軽で簡単、継続性もある
  • ユーザーといいねやコメントでより近い距離でコミュニケーションを取れる
  • 情報のスピードが早い

 

 

インスタグラムの新規登録方法

それでは実際にインスタグラムを使うための新規会員登録までの流れをご紹介したいと思います。

まずはApp StoreもしくはGoogle Playで「インスタグラム」で検索します。

インスタグラムで検索

 

インスタグラムのアプリのインストールが完了したらさっそくアプリを開きます。

電話番号とメールアドレスで登録

新規会員登録の場合は「電話番号またはメールアドレスで登録」を選択します。

 

 

電話かメールアドレスで登録

電話番号かメールアドレスを入力して「次へ」ボタンをタップします。(※今回はメールアドレスで進めます。)

 

あなたの名前を入力

次に、名前を入力していきます。通常は「店舗名」で問題ないでしょう。

 

店舗名を入力したら次にパスワード入力欄に進みます。アカウントを乗っ取られないように、なるべくわかりにくいパスワードにしましょう。パスワードはログインする際に使用するので、どこかに控えておくことをオススメします。

 

ユーザーネームが勝手に決められる

パスワードを決めて次へ進むと、アカウントが作成されます。

 

その際のユーザーネームは自動で決められる場合があるので、自分でユーザーネームを決めたい場合は、ここで「ユーザーネームを変更」をタップして変更しましょう(後からでも変更できます)。問題なければ次に進みます。

 

Facebookと連携

次に、Facebookの友達を検索するか聞かれるので、アカウントにリンクする場合は「Facebookアカウントにリンク」ボタンをタップします。必要なければ「スキップ」で次に進みます。

 

連絡先と連携

今度はスマホ端末の中の連絡先に入っている人を検索するかどうかを聞かれます。これも必要なければスキップします。

 

プロフィール写真登録

お次はプロフィール写真の登録になります。通常はお店のロゴ等がユーザーにわかりやすいものがいいと思います。ない場合はお店の外観など、関連性の高い写真にしておくことをオススメします。

 

登録できました。

プロフィール写真が追加できました。デフォルトでは「この写真を投稿としてシェア」のところがONになっているので、特に意味がない場合は ここをOFFにしておきます。

 

オフにする

OFFにしました。

 

ログイン情報を保存

次にログイン情報を保存するかどうか聞かれます。

次回ログイン時に入力が不要になるため、問題なければそのまま「保存」ボタンをタップします。

 

お知らせをオンにする

続いて、お知らせ(通知)をオンにするかを設定します。最初のフォロワーが少ない状態であればONにしておく方がいいと思います。フォロワーが増えて、1万人を超えてくると通知だらけになってしまうため、そうなった場合はお知らせをOFFにしておく方が楽です。これも後から設定の変更は可能です。そして次へ進みます。

 

アカウント作成完了

ここでようやくアカウントの作成完了です。

 

次に写真や動画の投稿方法について解説します。

 

 

 

 

 

インスタグラムで最初の投稿をしてみよう!

会員登録ができたところで、続いて写真投稿をしてみましょう!

投稿するには下メニューの真ん中にある四角のクロスのアイコンをタップします。

真ん中のボタンをタップ

 

次に、画像選択画面に写ります。

飲食店の場合、一般ユーザーに向けてお店の魅力が伝わるメニューや店内・店外、もしくは働くスタッフなどの写真を投稿するのが効果的だと思われます。

 

画像を選択

今回はこのお寿司の画像を投稿したいと思います。画像が決まったら次へボタンをタップ。

 

フィルターで色味を変えれる

次に進むと写真加工ページに進みます。ここではフィルター機能を使ったり、明るさや色味を細かく調整したりできます。特に必要なければそのまま次へ進んでも良いですが、多少加工した方が美味しそうに見えます。ただ、加工のしすぎには注意です。

 

編集で細かく調整可能

編集で細かく調整可能

 

加工が済んだら次の画面に進みます。

 

キャプション入力画面

キャプション入力画面です。ここでは一般のお客様に伝えたい情報などがあればここで入力します。(雨の日サービスや新メニュー情報など)

 

キャプション入力が完了したら次にハッシュタグを入れましょう。飲食に関連するハッシュタグをつけていれば、そのキーワードで調べているユーザーの検索結果に投稿した写真が表示され、プロモーションへと繋がります。

ハッシュタグ入力

ハッシュタグは最大30コまでつけることができるので、最大限つけてたくさんの人に見てもらえるようにしておきましょう!

 

位置情報

続いて、店舗の位置情報を追加しておきます。これがかなり重要なポイントで、飲食店の場合は毎投稿位置情報は入れるようにしておくことをオススメします。

位置情報

位置情報が追加されました。

 

位置情報が追加した状態で投稿すると、投稿された写真の店舗名をタップすると

地図に表示される

このように地図が表示されて、お客様にお店の店舗住所を伝えることができます。

 

位置情報まで入力できたら「シェアする」ボタンをタップしてシェアします。

 

シェアされました

シェアされました。

 

サムネイル画像をタップすると

シェアされました

このようにキャプションやハッシュタグ、位置情報などの細かい情報が表示されます。

 

うまく投稿することができました。

 

 

最後に

以上、飲食店のための、インスタグラムの新規登録から投稿までをまとめました。インスタグラムは飲食店にとってとても便利なツールへとなり得ます。さらに最近ぐるなびと連携して、インスタグラムからぐるなびの予約もできるようになりました。飲食店にとっては嬉しい機能ばかりなので、まだインスタグラムをしていないという方は、どうぞこの機会に始めてみてくださいね。

 

▼いますぐインスタグラムをダウンロード▼

 

 

 

過去に、インスタグラムを使った活用事例をまとめた記事も書いています。どうぞご覧ください。

 

この投稿は役に立ちましたか?
17人中17人がこの投稿は役に立ったと言っています。
飲食店向けメディアMEDIY LINE@はじめました!
MEDIYLINE@

友だち追加でMEDIYから飲食店様に向けてイベントやお知らせなどお得な情報を受け取ることができます。みんな友だちになってね♪

1.QRコード読み込みで友達追加
LINEの友だち追加ページの「QRコード」を選択しQRコードを読み取ると友だち追加できます。

2.ID検索
LINEの友だち追加ページの「ID検索」を選択しID「@eye1421g」を入力し検索して頂くと友だち追加できます。

3.友達追加ボタンクリック(スマホのみ)
スマホの方はこちらのボタンをクリックで友だち追加ができます!
※LINEアプリをインストールしている事をご確認下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事