小野
MEDIYライターの小野です。

 

今回は飲食店のための、Instagram(インスタグラム)を使ったSNS集客についてまとめていきたいと思います。

インスタグラムのアカウントを持っている飲食店は多いですが、見ている限り、うまく活用できている飲食店はまだまだ少ないです。一般のお客様はInstagram内でお店を探す人も多く、しっかりと活用することができれば、効果的なSNS集客が期待できます。

まずは実際の飲食店のインスタグラム集客の活用事例と、実際にインスタグラムでフォロワーを増やすためのテクニックをご紹介したいと思います。

 

インスタグラム集客 飲食店の活用事例3つ

インスタグラムを活用して、SNS集客に成功している飲食店をいくつかご紹介していきます。

 

1SHAKE SHACK

SHAKE SHACK Japan

出典:@shakeshackjpn

SHAKE SHACK(シェイク シャック)は、アメリカ・ニューヨーク発祥のハンバーガーチェーン店です。クオリティーの高いバーガー、ホットドッグ、フローズンカスタード、シェイク、ビール、ワインが楽しめる、今までにあまりなかったおしゃれなテイストで人気のハンバーガー店。日本に入ってきてからもどんどん店舗数を増やしています。

 

SHAKE SHACKではハッシュタグを使ったお得なキャンペーン定期的にインスタグラム内で実施しています。

SHAKE SHACK

普段から一般のお客様にハッシュタグ「#shakeshackjpn」をつけて投稿するようにうながしていて、「#shakeshackjpn」の投稿数は現在1万を超えています。

 

View this post on Instagram

 

Shake Shack Japanさん(@shakeshackjpn)がシェアした投稿 -


また、おしゃれな店舗イメージにあった写真を投稿することで、店舗のコンセプトや店舗ブランドを一般のお客様へと上手に伝えています。

 

View this post on Instagram

 

Shake Shack Japanさん(@shakeshackjpn)がシェアした投稿 -

 

メニューの写真だけではなく、働く店舗スタッフの写真なども投稿することで、親しみやすさを感じさせて来店のハードルを低くしたり、またリクルートにもつながる取り組みもしています。

 

View this post on Instagram

 

Shake Shack Japanさん(@shakeshackjpn)がシェアした投稿 -

 

 

 

2Blue Bottle Coffee 

Blue Bottle Coffee

出典:Blue Bottle Coffee

言わずと知れた有名なカフェ、「Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)」。ヨーロッパ発祥のブルーボトルコーヒーの歴史はとても古く、日本でもおしゃれなカフェとして高い人気を誇っています。

 

ブルーボトルコーヒーのインスタグラムは「ストーリーズ」という機能をうまく活用していて、新店舗OPEN情報や採用セミナーの案内を配信しています。

Blue Bottle Coffeeストーリーズ

出典:Blue Bottle Coffee

 

Blue Bottle Coffeeストーリーズ

出典:Blue Bottle Coffee

普段見ることのできないお店の裏側や、来店したお客様の様子をストーリーズで配信することで、お店の魅力を高めています。

 

 

 

 

3徳島ラーメングラム

徳島ラーメングラム

出典:@sampa_ramengram

徳島鳴門で40数年以上、地元に愛される支那そば三八が運営している徳島ラーメングラム。インスタ映えするようなメニューを考案し、インスタグラムで発信したり、雨の日サービス情報や、キャンペーン情報などをインスタグラムを通して発信することで、集客につなげています。

View this post on Instagram

 

徳島ラーメングラムさん(@sampa_ramengram)がシェアした投稿 -


雨の日サービス

出典:@sampa_ramengram

 

またストーリーズのアンケート機能なども活用して、お客様とのコミュニケーションを上手に行なっています。

アンケート機能

出典:@sampa_ramengram

 

 

 

飲食店のインスタ活用テクニック

インスタテクニック

SNS集客をするためには、まずは飲食店アカウントのフォロワーを増やさねばなりません。ここでは飲食店のインスタグラムの活用するためのテクニックを4つご紹介します。

独自のハッシュタグ&キャンペーンで集客を!

店舗独自のハッシュタグを考案して、来店したお客様へハッシュタグをつけて投稿してもらえるようなキャンペーンを実施しましょう(ハッシュタグをつけて投稿でクーポンプレゼントなど)。お客様が来店する度にお店のメニューを投稿してもらえるようになれば、どんどんお店の情報が拡散され、宣伝になります。浸透さえしてしまえば、キャンペーンを行わなくても、お客様が自主的にハッシュタグをつけて投稿してくれるようになります。まだお店独自のハッシュタグがないという飲食店は、まずはお店独自のハッシュタグを作るところから始めてみましょう。

 

ハッシュタグのつけ方を工夫する

フォロワーを増やしたり、いいねをたくさんもらうために、人気のハッシュタグをつけて投稿しましょう。インスタグラムの場合、ハッシュタグは30個までつけることが可能です。付け方のポイントとしては、写真に関連する人気のハッシュタグをつけることです。例えば、ラーメンの写真の投稿に、「#おしゃれ」というハッシュタグをつけても、関連性はかなり低くなり、あまり人気のハッシュタグであれど、いいねはあまりもらえません。ラーメンの写真には「#ラーメン」「#グルメ」「#ランチ」などのハッシュタグの方が関連性が高く、このような人気のハッシュタグをつけて投稿することで、ハッシュタグ検索をするたくさんの人に見てもらいやすくなります。

 

ストーリーズを活用する

インスタグラムのストーリーズ機能をうまく活用しましょう。ストーリーズとはインスタグラムの投稿機能とは別の、15秒以内の動画や写真を配信する機能です。通常はアップされてから24時間で消えてしまうのですが、ハイライトという形で、プロフィール上にずっと残しておくこともできます。ストーリーズにはアンケート機能や質問機能など、フォロワーとのコミュニケーションするための機能がたくさんあります。ストーリーズの機能をうまく活用することで、お店のファン作りに繋げることができます。

 

インスタ映えするメニューの開発

思わず目を惹くような、あっと驚く、いわゆる「インスタ映えメニュー」の開発をしてインスタグラムで投稿しましょう!うまくいけば「インスタ映えメニュー」が話題になり、「インスタ映えメニュー」を求めてたくさんのお客様が来店してくれる可能性があります。実際、インスタ映えする写真が撮れる飲食店を求める人の需要は高まっていて、「Tastime(テイスタイム)」というインスタ映えする飲食店が見つかるインスタグラム公認のアプリなどもできています。

 

 

最後に

インスタ集客

以上、インスタグラムを使ったSNS集客についての成功事例と、フォロワーを増やすテクニックをご紹介しました。インスタグラムは飲食店との相性も良く、SNSならではの情報をより速く伝えることができるというメリットがあるため、しっかり使いこなすことができれば、とても優良な集客ツールとなりえます。まだ活用しきれていないという飲食店はぜひこの機会にインスタグラムの活用を見直してみてはいかがでしょうか。

 

 

この投稿は役に立ちましたか?
86人中86人がこの投稿は役に立ったと言っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事