居酒屋で上司に嫌われないメニュー

居酒屋で「好きなものを注文しろ」と言われてフライドポテトを頼んだ新社会人が、上司から「いつまで学生気分なんだ」と怒られたことがネットで話題に。これを発端に各メディアでもとりあげられる等、話題を集めています。何が正解なのか?若手世代はもちろんのこと、メニュー作成においても上司世代の傾向をつかんでおくのもひとつの手かと思います。そこで週刊プレイボーイが行った、「居酒屋で部下が注文すると嬉しいメニュー」のアンケートを元に紹介します。

 

■対象:40、50代の上司世代の男性100名。
■内容:「居酒屋で部下が注文すると嬉しいメニュー」

■方法:居酒屋の定番メニューを7ジャンルに分け、それぞれで支持率ナンバーワンを決める。

 

支持率ナンバーワンの居酒屋 “神7”

  • 野菜部門の「枝豆」(95%)
  • 前菜部門の「たこわさび」(84%)
  • 卵部門の「だし巻き卵」(85%)
  • 揚げ物部門の「唐揚げ」(95%)
  • 肉部門の「焼き鳥盛り合わせ」(97%)
  • 魚介部門の「刺し身盛り合わせ」(93%)
  • 炭水化物部門の「ミックスピザ」(65%)

この顔ぶれにサプライズはなく、居酒屋の歴史を共に歩んできた “定番メニュー” が出揃う形になりました。中でも9割以上の超高支持を得たメニューは4つもある。これについての理由を同誌ではこう解説されている。

「枝豆は上司のサラリーマン人生が始まったときから、ビールとセットで『とりあえず』と頼み続けてきた食べ物。出なければ落ち着かないほど、彼らにとってのマストメニューと言えます」

というわけで、最初は枝豆で決まり!

「また、40代上司は居酒屋で飲むとき、“家庭で食べられないものを欲する”という原則を覚えておきましょう。例えば若い世代からすれば『唐揚げ』などいつでも食べられるものでしょうが、彼らは健康のために奥さんから禁止され、普段食べることを我慢している人が多い。

だからこそ若手が注文すると、『仕方ないな』と言い訳しながらここぞとばかりに喜んで食べます。同じ理由で、高価なため家庭で出ない刺し身も人気です」

全メニューの中で人気1位の「焼き鳥」に関しては、なじみ深い上に家庭では食べられないというダブルの理由で、居酒屋で上司が最も食べたいメニューとのこと。

「ちなみに、全体的に支持率の低い炭水化物部門の中でミックスピザが人気なのは、シメでなくおつまみとしても食べられるからでしょう」

週プレNEWS 居酒屋で上司に「適当に頼んで」と言われた時の正解ーー“神7”メニューとは? [2017年08月02日]

神7に選ばれるにふさわしい理由がありました。理解した上で注文すれば心もこもるはず!?です。

 

 

合せて知っておきたいNGメニュー

  • 野菜部門の「エシャレット」(39%)
  • 前菜部門の「チャンジャ」(42%)
  • 卵部門の「納豆オムレツ」(32%)
  • 野菜部門の「グリーンサラダ」(43%)
  • 魚介部門の「魚の塩焼き」(55%)

クセが強いエシャレットにチャンジャや納豆オムレツは支持率は伸びていません。グリーンサラダや魚の塩焼き等は取り分けが面倒だという理由で嫌われる傾向が高いようです。

問題の「フライドポテト」はというと、なんと78%もの支持を獲得する結果に。典型的なジャンクフードと知っておきながら食べる背徳感がおいしいスパイスになっているとも解説されています。

 

 

まとめ

みなさんの予想は結果通りでしたでしょうか?何でもある居酒屋はそれこそ多様な世代を取り込むことのできる総合デパートの様な存在ですが、上司がつぶやいた「好きなものを注文しろ」という言葉の背景には「メニューが多くて決めきれないよ。。」という気持ちの表れがもしかするとあったのかもしれません。今回の結果を参考に上司にも部下にも好かれるメニューつくりを考えてみるのもよいかもしれませんね。ちなみに次回は若手世代が喜ぶメニューアンケートを行います。是非お楽しみに!

 

 

img_7299Webライター山崎達弥
1979年12月12生。新潟県出身。メニューデザイン研究所メディアの専属ライター。食べることと、飲食店さんをこよなく愛する山崎が執筆させて頂きました。

 



メニューの力

業態別からメニューブックを選ぶ