10月11日にMS&Consultingとメニューデザイン研究所の共催によるご繁盛セミナーを開催しました。今回のテーマは “人手不足時代を乗り越えるマネジメント手法”です。超人手不足時代に直面する一般企業から外食企業様を対象に、コンサルタントによる講義を行いました。MEDIYではその当日の模様をご紹介します。

ご繁盛セミナーとは?

ご繁盛セミナー

左)司会を務めたメニューデザイン研究所 谷口 右)講師を務めたMS&Consulting 北村氏

『メニューデザインから飲食店のご繁盛に貢献する!』を使命に、メニューデザイン研究所は『売上』・『集客』の課題をデザイン力で解決しています。今回はミステリーショッピングリサーチにより、飲食業界でも数多のコンサルティング実績を誇るMS&Consulting(エムエス・アンド・コンサルティング)との共催企画とし、人手不足時代を乗り越えるマネジメント手法についてのセミナーが開催されました。

 

MSコンサルティングとは?

MSコンサルティングMS&Consulting(MSコンサルティング)は、 外食・サービス・小売り向け顧客満足度覆面調査の実施を行う業界トップの会社です。覆面調査とはモニターが一般利用者として顧客企業の運営する店舗を訪れ、実際に商品やサービスを評価する仕組みです。この評価は「2ストライク1ボール」と呼ばれる、2つの良い点と1つの悪い点(改善点)をあわせたレポートを提出し、顧客企業の現場改善に利用されています。

 

超人手不足が生む “負の連鎖” とは?

ES(従業員満足度)の視点からみても、人手不足の現代は深刻です。2000年から2016年までの間に944万人もの「働く人」が「サービスを受ける人」へと交代しています。高齢化社会の憂き目により、現代は益々人員の確保が困難となっています。またこれにより現場の疲弊が起こり、離職率の増加が増える。このような負の連鎖は結果として、ES(従業員満足)を著しく低下させているのです。

 

人手不足によって、

セミナー風景求職者1人あたり何件の求人があるかを示す有効求人倍率からも、人手不足の実態が浮かび上がります。厚生労働省が実施した「一般職業紹介状況」では、正規社員の「飲食物調理の職業」は2.80%となり全体の5位という倍率の高さです。非正規社員(アルバイト雇用等)でも同じく全体の5位となり、有効求人倍率は3.48%と正規社員の倍率を上回る高さが報告されています。このことから人材確保の競争率も激化している時代だといえるのです。

 

人手不足時代に必要なマネジメント要素

講師の北村さん

在籍数が圧倒的に足りていことが悩みだとします。しかし、それが分かっていても悩みは解決されません。そこから分解をしていくことで、明確な問題点を可視化することがマネジメント手法のファーストステップになります。

 

人手不足と言っても一概には言えません。何がどう不足しているかを分解してくことが重要!

■「在籍不足」に悩んでいる ⇒ 「採用ステップ」

■「出勤率不足」に悩んでいる ⇒ 「シフト貢献度」

■「定着率不足」に悩んでいる ⇒ 「離職率」

■「生産性不足」に悩んでいる ⇒ 「教育レベル」

 

『採用したけどすぐ退職してしまうからまた次の採用を行う。』このようなフローを繰り返していませんか?採用から退職までには、「求人広告」を出し、「面接」を行い、「採用」、「教育」、と踏むべきステップがあるはずです。これを細かく順を追ってみることで課題がどこにあるのかを見つけることができるのです。

 

面接を改善する!

面接について、北村氏からこのような質問がありました。

 

Q.時店舗ではどんな面接をしていますか?

Q.面接ではどんな話をするように指導していますか?

 

この質問の意図はこうでした。『勝てる面接をしなければ、人材採用はうまくいかない。』人手不足時代の今は、面接は雇用者からみても店舗を面接する場となります。店舗の魅力を伝えなければ人手の確保が難しい時代となっているのは確かなことなのです。

 

セミナー風景

店舗ごとに異なる「不足」の悩みが存在し、解決方法も異なります。人手不足を時代のせいにするのではなく、店舗ごとに問題の芽をみつけることから始めてみましょう。

 

他にも面接における具体的な事例紹介もあり、講義の後半には実際に覆面調査を導入した顧客満足度調査により人手不足を解消する施策も説明して頂きました。こんな時代にも明るい兆しがもてる中身の濃い2時間でした。

 

【告知】次回は10/17に黒板アートが学べるセミナー

10月17日にはお店に温もりを与える黒板アートが学べるワークセミナーを開催します。ご好評につき今回は東京での開催となります。ご興味ある方はMEDIYのセミナーページよりご確認ください。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

この投稿は役に立ちましたか?
1人中1人がこの投稿は役に立ったと言っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事