やっぱり肉が好き!上半期も人気だった肉業態を振り返る、6つのMeat Impact !!!

771 view

早いもので今年も後半戦に突入です。外食チェーンの売り上げを振り返ってみますと6か月連続で増加にあることから全体では明るいニュースに見舞われる上半期だったことが言えます。その中でも肉業態は人気を得ており、特化した店舗も続々と誕生しています。本日はこの上半期の記事の中から肉業態に特化してインパクトがあった記事を6点ご紹介いたします。

 

 

1.上半期も勢いがあった肉バルは現在進化中

IMG_5157

昼間からニヤけてすみません。。美味しすぎるランチはなんばの地下で楽しめます。

人気の肉バルもお店独自の色をだして差別化を図るお店が増えてきました。こちらのお店では串焼きをメインに扱い、他にも大衆的なおつまみや女性でも入りやすいメニューが豊富にあります。木札のメニュー自体が店内装飾となり、新しさと大衆が会い交わる店内です。また黒板には色とりどりのチョークボードで手書きされていることも女性が好みそうなお店でした。

 

 

 

2.新大阪に新しくできた食堂内でLive感が味わえるお店

IMG_5099

Live感がモーとまらないステーキは、新大阪 北改札出口を出て3秒。

好きなお肉を量り売りで食べられるお店。カウンターからは新鮮なお肉をガラス越しに眺めなが注文することができます。また頭上には部位ごとの名称が並んでおり、本日のおすすめを簡単に確認することができます。立ち上がる煙に揺らめくPOP。焼き上げる調理人のLive感を味わえるお店でした。

 

 

 

3.肉とワインを調度良い加減で楽しめる無制限の見放題のお店

IMG_3268-1024x768

【朗報!】ワイン好きには勿論、苦手な人も必見、注文が楽しくなる肉バルに行ってきました

60cmジャンボカルビ串等、他には無いお肉料理を豊富に取り揃えるお店です。特注の黒板にはスタッフさんのニックネーム入りのおすすめ料理とそれに合うワインが実物で飾られてもいます。ワインを選ぶのが苦手なお客さんでも臆せず選ぶことができる食連動型の新しいお店でした。

 

 

 

4.塊肉の衝撃!最初から最後まで楽しめるプロセスを共有できるお店

IMG_5960

さぎりの夜風は、南の風ところによりお肉が美味しく香るでしょう。

肉業界の大型アイドルの登場です。仕上がりのインパクトは抜群!その日の仕入れによって部位と量が異なるため、スタッフさんとのやりとりの上で食べたいお肉を選びます。仕上がるまでの過程をこまめな演出と共に楽しむことができます。このプロセスがあることで口コミやSNSでの拡散をしたくなる名物があるお店です。

 

 

 

5.お一人様には嬉しい晩めしセットで気軽に一人焼肉

original

大衆と洗練さが煙るお店は、一人でも焼肉が楽しめるメニューおいてます。

今年にはいってすっかり定着した言葉に『お一人様』があります。誰にも邪魔されずに一人好きなものを好きなだけ食べる行為が、一般でも広く浸透した感があります。ただ入りやすい店と入りにくい店がはっきりしており、過去に行ったお一人様アンケートでは男女共に焼肉屋が入りにくいお店に選ばれました。お一人様からは煙たがれる焼肉屋において、こちらで提供されている『下町の晩めしセット』は目的が明確なため入店の際のハードルがぐっと下がります。一人でも、いつでも食べたい焼肉が気軽に食べれる、画期的なサービスでした。
 

 

 

6.肉寿司×バルの多様化が見せる、並んでも食べたいメニューがある店

IMG_6252

夏のイベントに強いミカタ!メニューエクスプレス活用術  ~フェス編~

ゴールデンウィーク中に大阪で行われたフードフェスですが、こちらでも肉業態の人気が堅調であることが分かりました。肉寿司とバルを組み合わせたこちらのお店でも一際長い行列をつくっており、並んでも食べたいメニューが幅広い層からも支持されていました。
 

 

 
まとめ

いかがでしたでしょうか?和牛の高騰等、決して明るいニュースばかりではない肉業態ですが時代の空気を読みながら様々なジャンルとのコラボがまた新しいヒットを生み出していくかもしれません。後半戦も引き続きお肉に注目したレポートをお送りしていきます。

 

 



お問い合わせ