デッドは7.9(日)10,000pvいかなければ廃部。シルク部 石原からのお願いです。

メニューデザイン研究所のメディアがMEDIYへ名称を変えて1週間が経ちました。日替わりでメンバーがお役立ち情報を発信していますが、今日は少し趣を変えた内容でお届けいたします。パーソナリティーは初めましての石原でございます。

 

 

 

突然ですが、廃部の危機です

廃部の危機です

少しメニューデザイン研究所のお話しをさせて頂きます。私たちの会社には “ワクワクプロジェクト” という名のコンセプトの元、趣味を生かして毎日を楽しくする取り組みがあります。簡単に言うと大人の部活なのですが昨年からこの動きが活発となり仕事に遊びにとみんな力が入っています。

もともと非力な僕が選んだ部活はシルクスクリーン部です。これだけ聞いてもパッとしないですよね。平たく言うとプリントごっこです。好きなロゴやデザインの版を起こしてペイントを施す印刷部です。実際にメニューブックのロゴはこのシルク印刷で刷られているものもあります。(もちろんれっきとした職人が手作業で1冊づつお作りしています。) 部員は僕と幽霊部員の原口さんの2人だけです。(もう一人、初期メンバーの内藤さんがいましたが昨年の暮れに東京へ配属となり退部扱いとなっています。)

実質一人のシルク部が今、廃部の危機にあります。

 

 

このロゴ作ったの僕デース

話はMEDIYに戻りますが、カエルのロゴをご覧頂けましたでしょうか?キャッチコピーの「メニューで世界を変えたい。」から派生させて、

・気持ちを切りカエル

・視点をカエル

・世界をカエル

と言った具合に、ダジャレが生んだ産物です。それが急速に信憑性を帯び、あっという間に本命の座を勝ち取った “幸運のカエル” でもあります。そのカエルを作り出したのが、ハイ、私、石原です。

 

ここまで読んでお気付きの方はとても鋭いです。廃部の危機をMEDIYのリニューアルに便乗してアピールして、ちゃっかり我が部を救済する企画こそが本日のテーマなのです。今日は皆さんにその見届け人としてご協力をお願いしたいのです。それではWEBから飛び出した世にも珍しいMEDIYカエルをお見せするでやんす。

 

 

みんなで着れば、職場の雰囲気もカエル~♪

よく飲食店様でもスタッフTシャツを揃えているお店がありますよね。実は自分、あの光景に憧れていたんです。何かこう気持ちが繋がっているというか、一人ではないぞって言ってもらえてる気がして、そんな憧れのTシャツを今から作るっス!

 

 

★用意するもの★

レトロ印刷JAMさんで印刷機器を購入

 

 

★印刷の仕方 ①~⑨★

 

①ホルダーをテーブルに固定します

②先に仕込んでおいたフィルム版を挟みます

③フィルム版のセット完了

④ロゴの位置を合わせます

⑤インクを垂らします

⑥スキージーで伸ばします

⑦ゆっくりフィルム版を持ち上げれば

⑧記念すべき第一版、完成!

 

・・・

 

⑨そして量産

 

 

 

MEDIYは世界をカエル!

MEDIY -Tシャツ第一版が刷り上りました!自然と気持がちみなぎるっス。やる気がみちみちと内面から沸いてくるっス。なんでもできそうな気がしてきた~!

同僚の左:丸山さんと、右:中村さん(二人ともバスケ部)のバックアップを受けて部活の存続を誓います!

バックもシルク印刷でこの通り!

愛は地球を救う!そして、MEDIYは世界を変えます!!ちなみにこのイエローカエルには金運・健康運に良い色と言われています。ついでに恋愛運も欲しいでやんすよ〜

 

 

まとめ

無事にMEDIY-Tシャツは刷り上りましたがこれで存続の危機が回避された訳ではありません。勝負はこれからです。この記事のpv(ページビュー)が月間で10,000pvに達しなければ廃部が確定となります。これは管理部からの最後通告です。期限は7/9(日)。Dead or Alive. 人生に待ったはもうはないのでやんす。心ある皆様には是非拡散・シェアをお願いいたします。そして1ヶ月後に嬉しい近況報告をさせてください。最後までご覧頂きありがとうございました。

それと、新しくなったメディア MEDIYもよろしくお願いいたします!!

 

※シェアはコチラからお願いいたします!
https://www.facebook.com/menu.d.labo/

 

 

 

デザイナー 石原 佑亮

1985年10月16日生。鳥取県出身。メニューデザイン研究所クリエイティブ所属。マイブームは青じそドレッシング。

 



お問い合わせ