山崎
MEDIYライターの山崎です。

10月6日の記事では、「メニューデザインスクール」の開講をご紹介しました。

今回は「メニューデザインスクール」第2弾をお送りします。

 

記事のポイントは3つ

  1. 飲食業界でも内制デザインが増える中、育成に課題を抱える企業も増加中。
  2. メニューデザインスクール一期生へのヒアリングに見る内制化の希望と現実。
  3. 2018年11月から「1コマ受講コース」が大阪と東京会場に新たに追加。

メニューデザインスクールが開講に至った経緯を、スクール1期生の声を交えながら、なぜ今、「メニューデザインスクール」なのかを解説します。

働き方改革の注目で進む飲食業界の内制化

働き方改革が注目される中、制作物を内制し効率化を図る企業が増加しています。この流れは飲食企業も同様で、メニュー制作を始めとする販促物は社内デザイナーで賄う傾向にあります。

経営者が内制化にシフトする理由(期待するメリット)

内制化するメリットメニューデザイン研究所が取引企業(経営者を始めとする決裁者)に対して行ったヒアリング調査によると、内制化にシフトする理由上位3つが分かりました。

1位はスピードUP
内制化によって「要件纏め」、「校正依頼」、「修正指示」のフローが削減できるためスピードUPが可能。

2位はコストカット
年間の販促物を外注した時より、内制化した時の方がコストダウンできる。

3位はノウハウ蓄積
自社を良く知るデザイナーの方が情報密度の濃いデザインができ、かつノウハウを蓄積できる。

内制化することで得られるメリットは様々です。しかし企業側が内制化に向け積極的な採用を行っても、育成の環境が整っていないために、人材が育たないという課題を内包する企業が多いことも同時に分かりました。次は実際に社内デザイナーとして働き、スクール1期生の5名にヒアリングを行いました。

社内デザイナーの声

短期集中

1期生として9月6日からプロフェッショナルコースで受講されている5名の現役社内デザイナーの方にヒアリングを行いました。日々デザインワークをする上でのお悩みや、本スクールを受講するに至ったきっかけについて伺いました。

山崎
社内デザインする上でのお悩みを教えてください?

 

トラオム株式会社 制作・SP担当 夏川 綾さん
社内にデザイナーが私一人だけということもあり、自分の裁量がどこまでのものか分からずにいました。また、ひとつの伝達ミスによって各種ツールに影響がでもするので他部署との連動に気を使う場面が多いです。

 

ドリームフーズ株式会社 ディレクター 脇坂 栄一さん
飲食店のデザインは独学のため、文字組ひとつで悩んでいます。実用書を見ても本当にこれで良いのかと不安に思いながらデザインをしていることもあります。

 

情熱ダイニング株式会社 広報総務 住吉 郁恵さん
私もデザイナーが一人のため、依頼が複数同時に動いた時の優先順位のつけ方が分からないで悩むことが多いですね。

 

ドリームフーズ株式会社 商品開発 庄司 千華さん
私の場合、同時に案件が進行する場合が多いので、優先順位のつけ方に迷うときが多々あります。

株式会社高麗貿易ジャパン  金 凡年さん
私もしっかりとデザインを学んだことがないので、ほとんどが独学によるものです。しかし、これを誰に聞いていいか分からず、ネットで検索しながらやることが多いです。

 

 

山崎
スクールに通われたきっかけもこのような悩みが要因だったのでしょうか?

 

トラオム株式会社 制作・SP 夏川 綾さん
元々通ってみたいという興味は持っていましたが、どこに行けばいいか分からずにいました。その点、メニューデザイン研究所さんとは、元々お仕事でお付き合いがあったため安心感を持てたのが大きかったです。

 

ドリームフーズ株式会社 ディレクター 脇坂 栄一さん
自分のスキルアップになるから通ってみたら?と社長から告げられたのがきっかけです。経営者の視点からしても課題解決の糸口として感じる部分は大きかったのだと思います。

 

情熱ダイニング株式会社 広報総務 住吉 郁恵さん
デザイン学校には通った経験はありましたが、飲食店に特化したものではなかったため、きちんとした形で受講したいと思ったことがきっかけです。一度ショールームにお邪魔させてもらったとき、お手本にしていた他社のメニューブックが飾られていて、これを作っている会社がここだと知ってからは、メニューデザイン研究所への興味・関心がより高まりました。

ドリームフーズ株式会社 商品開発 庄司 千華さん
脇坂と同じくで、毎週木曜は空けてねと社長からの連絡がありました

株式会社高麗貿易ジャパン  金 凡年さん
自分も役員からの一言で受講することになりました。独学に頼る知識やスキルを見直せる機会ということをお声がけしてもらえました。

山崎
皆さんありがとうございました。

 

山崎
お悩みの多くは、デザインの知識が独学であること。タスクの優先順位のつけ方に悩まれている方が多い印象でした。またデザインの進め方に迷ったときも、自分以外にデザインを知る人がいないため、一人で悩むことが多いということも分かりました。

現場の声から生まれた「メニューデザインスクール」

お客様の声

『仕事の正解が分からない。』

『独学による知識に不安がある。』

『スキルアップのビジョンが見えない。』

経営者と社内デザイナーそれぞれの課題に対して、メニューデザイン研究所が培ってきたノウハウを提供することで、社内デザイナーとして必要なスキルを身につけることができるのが当スクールです。11月からはプロフェッショナルコースの人気の講座を1コマから選べる、「1コマ受講コース」を開始します。

ピンポイントにスキルを伸ばせる「1コマ受講コース」

1コマ受講コース

お客様の声によって生まれた「メニューデザインスクール」ですが、プロフェッショナルコースの人気の講座を1コマから選べる「1コマ受講コース」が11月より東京・大阪会場で始動します。

 

選べるカリキュラムは全7コース

  1. おいしく魅せるA4差し込みPOP(季節メニュー等の美味しく魅せるテクニックを習得。)
  2. メニュー内の文字組み実習(メニュー名・価格・キャプションを理解し文字組みのポイントを習得。)
  3. 飲食店ロゴ作成(フォントを上手く用いて簡易的なロゴ制作を行います。)
  4. 料理写真の画像色補正(トーンカーブを使った色補正のテクニックとカラー補正の知識を習得します。)
  5. 日替りメニューの書き方(手書きによる日替りメニューの書き方を習得します。)
  6. 手書きPOP作成(筆による手書き文字を実習を通じて習得します。)
  7. 印刷物のコストダウン講座(印刷費のコストダウンを目的に適正発注を行うための講座です。)

今すぐ欲しいスキルが選べて、実習を通じて習得することができます。

 

「1コマ受講コース」のスケジュール

詳細とお問い合わせはコチラから

2期生募集プロフェッショナルコースの人気の講座を1コマからご提供
〈会場〉メニューデザイン研究所 大阪(堂島)・東京(六本木一丁目)
※会場は変更になる場合がございます
〈料金〉15,000円~(税別)教材費含む
〈参加対象者〉外食企業の社内デザイナー、オーナー、店長、スタッフ
〈開始時期〉18年11月スタート

 

 

メニューデザインスクール オフィシャルページはコチラから!

この投稿は役に立ちましたか?
2人中2人がこの投稿は役に立ったと言っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事