この度メニューデザイン研究所は、2018年9月6日にMENU DESIGN SCHOOL(メニューデザインスクール)を開講いたしました。当記事では受講風景と本スクールの使命と特長をご紹介し、ご見学と二期生の募集を承ります。

外食企業で働く社内デザイナーのための養成スクール

メニューデザイナー養成スクール

西梅田駅から徒歩5分。メニューデザイン研究所本社がある堂島は、大阪屈指のビジネス街であり、お昼はランチ激戦区でありながら夜には様々な飲食店のネオンが灯る、「食」との造詣も深いエリアです。そしてこの秋、ここ堂島を舞台に新たに誕生したのが「メニューデザインスクール」です。

運営元になるメニューデザイン研究所は、創業から15年間で約10,000店舗以上にメニューブックを導入してきました。単にデザインだけを追い求めることはせず、飲食店が抱える課題を解決のためのデザインをご提供し続けてきました。そこで培った “課題解決型メニューデザインノウハウ” を、外食企業で働く社内デザイナーを対象に伝授し、ご繁盛に貢献する全く新しい業界初のスクールなのです。

 

メニューデザイン研究所本社地下1階のスクール会場

スクール会場

メニューデザイン研究所本社地下1Fにある、スクール会場

 

当社、「メニューデザイン研究所 所長」満田晋二が担当します

講師の満田
メニューデザインの価値向上を一線で訴求してきた、満田 晋二が担当します。

企業広告デザイン、販促物デザインの経験を活かし、株式会社ウイングッド設立時に入社。以降15年に渡って、外食特化したメニューデザインを手掛ける一方で、デザイン部門の責任者としてスキルアップを目的とした社内資格制度を導入し、社員の育成にも力を入れてきたキャリアを持ちます。

今回、これまでの実務経験と育成経験のノウハウを活かしたデザイン講座を行います。

講師の満田

 

メニューデザインスクールで学べること

各種講座

本スクール最大のメリットは、’メニューデザインのいろは’ が学んで頂けます。

様々な業態の飲食店様から寄せられた多くの課題・お悩みに対し、「メニューデザイン」で飲食店様のご繁盛に貢献することを私たちの使命として飲食店様と向き合ってきました。

この実績により培ったノウハウを元に、外食企業社内デザイナーの方を対象に、印刷の基本知識からよりメニュー作成を実習形式で学んでいただきます。までを行います。

スクールで学べる内容
・飲食店ツールの印刷講座(ツール毎の最適な印刷加工やコストの違いを習得します。)
・手書きPOP制作(和風の筆手書き文字の書き方を実習します。)
・飲食店ロゴ作成(フォントを用いた簡易的なロゴ制作を行います。)
・シズル感の作り方(「シズル」を理解し、美味しさ表現の基礎を作ります。)
・画像の色補正と合成加工(トーンカーブを使った色補正テクニックを習得。)
・コピーワークとオノマトペの使用実践(文字を用いた「美味しさ表現」を行います。)
・グループブレスト(アイデアの共有と創造をグループで体験します。)
・課題解決メニュー制作実技(最終)(仮説を立てたプランに基づきラフを制作します。)
・店頭・店内POPとの連動(メニュー以外のツールと戦略的に連動させていく為の実習を行います。)
・その他 飲食店のご繁盛に貢献できる内容が盛りだくさん

次にスクールの ’5つの特長’ を1つづつ説明したいと思います。

 

1少人数制だからできる密度の濃い指導

少人数制度
1つ目の特長は、「少人数制による密度の濃い指導を受けられる」ということ。

少人数制のメリットとして、「授業に集中できる」「質問がしやすい」「学習能力や理解度を把握してもらえる」などが挙げられます。実際に本スクールが少人数制を採用した理由も、 生徒同士のグループワークやディスカッションを通じて学びを深められることにあります。

 

23ヶ月間で身につく実践スキル

短期集中2つ目の特長は、「3ヶ月で実践的なスキルを身につけることができる」ということ。

外食企業で働かれているデザイナーの方を対象にしているため、実務を抱えながら受講頂くことになります。実務への負担をできるだけかけないために、3ヶ月間という短い期間の中で効率的なスキルを体得できるプログラムをご提供します。また、週に1度の固定した曜日のため予めスケジュール調整が立てやすく、忙しい方でも両立できる学習環境を整えています。

 

3外部講師による講義で身につく多角的ノウハウ

外部講師
3つ目の特長は、「外部講師による講義でディレクション能力が身につく」ということ。

料理撮影について学ぶプログラムでは、現役で活躍している外部のプロカメラマンを招き、料理撮影時の注意点からディレクション力までが受けられます。そのためカメラマンに対して的確な指示がだせるようになる等、他では学べなかったスキルを身につけることができます。

 

4講座ごとに実感できるラーニングピラミッドを採用

ラーニングピラミッド
4つ目の特長は、「講座ごとに効果を実感できるラーニングピラミッドを採用している」ということ。

能動的になればなるほど学習の定着化は図れるとされています。このピラミッドからも分かるように、「講義」は全体の5%にとどまります。そのため、当スクールでは一人一台PCをご利用頂ける環境を設け、インプットした情報をすぐにアプトプットすることで理解を深めることができます。講座ごとに効果を実感して頂くことができる実践的な講座をご提供します。

 

5目的に応じて選べる2つのコース

選べるカリキュラム5つ目の特長は、「目的に沿って選べる2つコースがある」ということ。

当スクールでは「プロフェッショナルコース」と「1コマ受講コース」の2つのコースをご用意しています。「プロフェッショナルコース(週1回 全12回 計72時間)」は店舗のご繁盛に貢献できるメニューデザインスキルを身につけることができます。もうひとつの「1コマ受講コース(1回 3時間)」では、プロフェッショナルコースの人気講座を1コマからご提供します。目的に応じて自分にあったコースをお選び頂けます。

 

2期生の募集は「東京6名」・「大阪6名」2018年12月に開講!

2期生募集
「プロフェッショナルコース」第2期生の募集人員は6名です。また2期生からは東京でも、「プロフェッショナルコース(18年12月スタート)」・「1コマ受講コース(18年11月スタート)」開講を予定しています。

今まで誰も教えてこなかったシズル感の作り方や、料理が美味しく見えるような色補正・合成加工など、メニューデザインに特化したノウハウを受講頂けます。その他にもレイアウト構成からコピーライティング、手書きPOP作成など講義以外にも実習から学ぶ力をつけられるのが当スクールの強みです。

外食企業のデザイナーとして働いていく上で、スキルアップ、キャリアアップをお考えの方は是非お気軽にお問い合わせください。

 

『メニューデザイン研究所のノウハウを一緒に学びませんか?』

募集要項や資料請求の詳細は下記の公式サイトをぜひご覧ください。

 

 

みなさまからのお申し込みお問い合わせをお待ちしております!

 

ご見学も大歓迎です。(大阪 堂島)

ご希望をお伺いしながら、スクール会場をご案内いたします。
“まずは、ちょっと見学してみたい”“しっかり授業内容を見学したい”、などお気軽にご相談ください。

 

 

この投稿は役に立ちましたか?
5人中5人がこの投稿は役に立ったと言っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事