小野
普段はWeb関係のお仕事をしている、MEDIYライター小野です。

 

集客にお困りの飲食店経営者へ、今回は新しいWeb集客方法についてご紹介します。実は現在、食べログやぐるなびなどのポータルサイトで飲食店を探す人は徐々に減ってきています。逆に今一番、集客対策としてオススメするのが...

 

ズバリ「MEO対策」

 

「SEO対策なら聞いたことあるけど…MEO対策ってなに?」

 

という飲食店オーナー、この記事を読めば「MEO対策」について一発で理解できます

 

 

MEO(MAP Engine Optimization)対策ってなに?

自社サイトを特定のキーワードで上位表示させることをSEO対策というのに対し、MEO対策とはMAP Engine Optimizationの略で、Googleなどの検索結果で店舗の地図も上位表示させる対策のことを言います。別名「マップエンジン最適化」、「ローカルSEO」ともいいます。

 

例えばGoogleで「大阪 ランチ」で検索すると検索結果に地図が表示されますよね。

MEO対策をしっかり施せば、この検索結果に意図的に自分の店舗の地図情報を上位表示させることができ、効率的なWeb集客が可能になります。

 

 

MEO対策の必要性

記事冒頭でもポータルサイトで飲食店を探す人は減ってきていると書きました。

 

ですが逆にGoogle検索を使って飲食店を探すという方は非常に増えてきています。実際にGoogleトレンド(人気のキーワードがわかるツール)で「大阪 ランチ」で検索する人がどれだけ増えているのかを調べてみました。

 

Googleトレンドで「大阪 ランチ」で検索

 

ご覧のとおり2004年から2018年5月現在までで見てみると、右肩上がりで上昇し続けていることがわかります!Google検索による飲食店の探し方の需要は伸びてきています。ですがそれに対して、MEO対策を施している飲食店は実はまだまだ少ないのです

 

小野
Google検索でお店を探している人はとっても増えてきているので、飲食店のMEO対策は今後必須になってきます!

 

 

 

具体的にこんな人を集客できる

具体的にどういった人たちがどう集客できるのかを説明していきます。

 

例えば、東京にいる人が「中華 ランチ」と検索した場合の検索結果では「飲食店A」が表示されたとします。では次に大阪にいる人が同じように「中華 ランチ」で検索した場合は「飲食店A」ではなく「飲食店B」が上位に表示されます。

 

同じキーワードでも検索結果が違う

 

同じキーワードで検索していても、検索者が今どこにいるかの位置情報や関心内容などによって、検索結果は変化します。これはGoogle側がユーザーに最適な情報を提供するために、検索結果を最適化しているのです。

 

大阪に住んでいて「これから中華食べたい」と考えている人に対して、東京の飲食店を表示させてもしょうがないですもんね!

 

MEO対策を施していて上位表示させることができれば、その地域に足を運んでいる人、もしくはその地域に行こうと考えている人に自分のお店のことを知ってもらい、効率的に集客することができます。ローカルSEOと呼ばれるのはこういうところからです。

集客に成功

 

 

 

MEO対策の手順

それではMEO対策の具体的な対策方法を説明します。

小野
MEO対策を施し、検索結果上位表示させてお店の売り上げをどーんと上げていきましょう!

 

 

まずはGoogleマイビジネスに登録を!

MEO対策を施すにはまずGoogleマイビジネスに登録していることが前提になります。飲食店経営をされている方ならすでにGoogleマイビジネスに登録している店舗も多いと思いますが、まだ登録してないという飲食店は無料で使えるので登録することをおすすめします!

 

「何それ!初めて聞いた!」という方は過去記事でGoogleマイビジネスについて書いてますので下記リンクをご覧ください。

 

 

 

 

MEO対策その1、店舗情報はしっかり埋める

Googleマイビジネス内の店舗情報はしっかりと埋めるようにしましょう。また古くなっている情報はないか?もチェックし、見ている人が常に最新の情報を受け取れるようにしておきましょう。

 

情報を埋める

 

これがMEO対策の基礎的な部分にあたります。

 

 

MEO対策その2、口コミ投稿を増やす!

一般ユーザーはGoogleマイビジネスのナレッジパネルから口コミ投稿することができます。

 

Googleマイビジネス口コミ

引用スカイダイニングアブ Googleマイビジネス

 

口コミを多く集めることで、MEO対策に繋がります。Googleのヘルプページを確認してもそれがわかります!

 

Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEO の手法もローカル検索結果の最適化に適用できます。

 

Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEO の手法もローカル検索結果の最適化に適用できます。

 

例えば、口コミをもらいやすくするために、口コミ投稿画面のURLに直接飛べるQRコードを作成し、お店の目にとまるような場所に置いておき、来店したお客さんに対して、口コミをいただけるよう一言添えておくだけでも集まる口コミの数は全然違ってくると思います。

 

小野
口コミをたくさんもらうための施策を実施しましょう!

 

参考QRコード作成 【無料】:QRのススメ

 

 

 

MEO対策その3、口コミ投稿に丁寧な返信を

先ほど紹介した対策で、口コミが集まるようになれば次のステップです。Googleマイビジネスではユーザーの口コミに対して、返信して、コミュニケーションをとることができます。せっかく投稿いただいた口コミに対して、しっかりと感謝の気持ちを込めて返信をしましょう!

 

そのやりとりはWeb上に残り、これからお店を利用しようと考えている人が見ます。お客様の口コミやそれに対する丁寧な返事が多く集まれば、これから利用を考えているお客様はより足を運びやすくなります。新たなお客様の獲得に繋がるので口コミへの返信は怠らないようにしましょう。

 

 

 

 

MEO対策その4、SNS、運営サイトでも情報配信する

SNSや運営サイトなどのWeb上で店舗の情報をどんどん配信し知名度をあげましょう!Googleマイビジネス内のリンクや記事、店舗一覧などの情報も知名度に影響するとGoogleも明記しています。

 

ユーザーが求めている常に最新のホットな情報を配信し続けることで、それがMEO対策にも繋がり自然と上位に表示されるということです。サイトの更新やSNSでの配信がストップしているという飲食店はこれから稼働させていきましょう。

 

 

 

より良い効果を生み出すには継続が大事

MEO対策について4つほど紹介しました。SEO対策にも共通して言えることなのですが、これらの対策を継続させることが一番大事です。SEOにしてもMEOにしても"すぐに結果が出るようなものではない"ということを頭に入れておきましょう。

 

競合サイトに負けている部分は強化し、それを継続できれば、おのずとより良い結果は得られるようになります。これはGoogleの著名なスポークスパーソンである、ジョン・ミューラー氏もGoogle公式オンラインフォーラムに寄せられた質問に対してはっきりと答えています。

 

そもそも、検索順位を上げるためには、少からず時間と労力が必要なのです。 私なら、あきらめず対策を継続するでしょう。

 

小野
諦めずに継続!そうすれば効果の高い飲食店のWeb集客が見込めます!

 

 

 

最後に

以上、飲食店のWeb集客に繋がるMEO対策についてまとめました。Google検索によるお店の探し方は今後もまだまだ伸びていく見込みがあります。

 

ですが食店側はまだまだMEO対策ができていないところが多いので、早めの対策をすることをおすすめします!

 

小野
MEO対策できていない飲食店は急いで対策しましょう〜!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事