使うたびに上達!?メニューエクスプレス写真術

写真を撮って、文字を入力するだけの簡単操作でA4POPができるメニューエクスプレスですが、仕上がりの肝は何と言っても「料理写真」です。最近ではスマートフォンの性能も向上しており意識せず撮影してもキレイに撮れたりします。ですが、カメラ任せで撮影できないのが料理写真ではないでしょうか?今回はメニューエクスプレスを最大限に活用して頂くための撮影術をご紹介します。

 

撮影NG例

鰹節踊る熱々のお好み焼きも、撮影次第で魅力は半減。マイナスイメージをも与えかねません。

 

 

まず初めはテンプレート選びから

メニューエクスプレスには様々なテンプレートがあります。普通に斜め上のアングルから撮ったほうが映えるもの、予めお皿がデザインされたテンプレートなどでは、そのデザインにあわせて真上からの俯瞰撮影をしたほうが良いものなど様々です。まず、メニュー作成に使用するテンプレートを決めてから撮影するとより完成度の高いメニューに仕上ります。

 

 

より美味しくみせるためにはズームは使わず撮影

料理写真の撮影は寄りでアップ気味に撮ることがセオリーとされていますが携帯のカメラアプリを使って撮影する場合、
ズームをすればするほど画質が悪くなってしまいます。綺麗に撮ることを優先するのであれば、ズーム機能は使わずに、カメラ本体(携帯)を近づけたり、遠ざけたりして、位置を決めましょう。また、メニューエクスプレス内では撮影後に写真を拡大したり背景をぼかすことも可能です。テンプレートにはめ込んだ際に主役の料理やきれいなお皿が切れてしまったりしないようにするためにも引きで撮影しアプリ内でトリミングすることを意識しましょう。

 

 

撮影角度(アングル)を意識して撮影

料理の種類、選択したテンプレートにより撮影する角度を決定しましょう。座った状態での目線の高さとされる斜め上45度、もしくは全体を捉える俯瞰(真上)から撮ると綺麗に見えます。斜め45度は料理をもっとも立体的にとらえられる角度です。盛り付けされて高さのある料理はこの角度で撮るとより立体的に綺麗に撮ることができます。
また俯瞰(真上)は高さのないひらたいお皿にのっている料理や、色鮮やかな料理に向いており、料理のの全体的なイメージをうまく伝えることができます。

 

 

ベストは自然光!なるべく明るい場所で撮りましょう

料理はなるべく明るい場所で、逆光・半逆光気味に撮ると綺麗に撮れます。光があるところには影が出来るので、料理に立体感が出ます。蛍光灯の明かりよりは、窓際で外から入ってくる自然光をうまく使って逆光で撮影すると綺麗に撮ることができます。でも環境によっては自然光をどうしても取りいられないケースが多々あるかと思います。そうした場合はオレンジ色の照明よりは白い蛍光灯の明かりを選んだほうが本来の料理や食材の色が出やすくなります。でも、撮影の時だけ照明を用意するのも手間だったりしますよね。そこで、自然光も環境も照明も選ばない、そんな神のボタン6つをご紹介します!

 

 

料理をおいしく魅せる、神ボタン6!

天候・設備・時間帯等々・・・。自然光が常に安定して入る環境は日本中どこを探してもないかもしれません。そんな様々な環境にも邪魔されることなく料理をおいしく魅せる機能が色調補正機能です。この色調補正に含まれる6つのポテンシャルを解説していきましょう。

 

1.プリセット機能  -あの頃の輝きとりもどす-

専門的なややこしい補正ではなくボタンひとつで一発補正。5つの選択肢の中から選ぶだけ!

 

2.ぼかし機能  -未来は無理でも過去はぼかせる-

写真の上に円が表示されており、料理のオイシイ部分をその円の中に収めます。この円の中心のピントはキープされスライダーを調整することで、それ以外の部分をナチュラルにぼかせますので写真に立体感が出ます。

 

3.コントラスト機能  -料理もメリ・ハリ-

コントラストとは、明るい部分と暗い部分の明るさの差のことで強くすれば差が大きくなりハッキリした印象の写真に変わります。

 

4.色相機能  -諦めていた色かぶりに効く-

全体の色目を極端に変えることが出来ます。よくある白いお皿の色が変わってしまうような色かぶりを補正出来ます。

 

5.明度機能  -明るくするだけでおいしさ3割増し-

明るさの調整です。暗く撮れてしまうことの方が多いので写真を明るくするだけでも印象が大きく変わります。

 

6.彩度機能  -鮮度適度に盛ります-

鮮やかさの調整です。プラスにすれば、より鮮やかにマイナスに振り切れば鮮やかさゼロ、即ちモノクロ写真になります。

 

補正後

ぼかし機能で後ろの部分をぼやかすことで、手前のソースの照りが際立たせることができました。明るさコントラストを調整することで立体感が生まれお好み焼き独特のボリューム感も強調できます。補正機能でお好み焼きはここまで美味しくできるのです!

 

 

まとめ

極めるには奥が深くなかなか難しいですが簡単にもっともラクな補正は「明るくして、コントラストを上げる」この2つを行うだけでもかなり美味しそうになります!もう一点、明るさを出そうとついやってしまうのがフラッシュ機能です。スマートフォンホ内蔵のフラッシュを発光させると順光になってしまうため、商品の奥行きがなくなりのっぺりとした印象になってしまいます。ノーマルで撮影した写真を上記の補正で明るさを補うのがおすすめです。使っていくごとに写真技術もきっと上達するはずです。日々のメニューエクスプレスを使いこなしていくうちに撮影の腕前も上がります!!自らの写真で売上アップにお役立てください。

 

 

img_7299Menu Express
2014年1月25日生。メニューデザイン研究所メが生んだメニューアプリ。どんなフードもドリンクも3分でメニューPOPを作成できる凄腕アプリ。2017年6月1日に新バージョン4としてリニューアル。