服を着こなすようにメニューブックもオシャレする、Cafe&Kitchen nanairo

カフェのスタッフさんってオシャレさんが多いですよね。

ファッションの参考に着こなしを真似ている人も多いようで、中には気に入ったコーディネートを真似て紹介するブロガーさんもいたりします。

 

55048372 - barista coffee maker machine grinder portafilter concept

一人でも来店需要が高いカフェは飲食以外にも寛げる場を重視するお客さんが多いため、内装にインテリア、食器や服装までと、お店作りに欠かせない要素は細部にまで至る傾向があるようです。オシャレ感度が高いことにも頷けます。

 

その視点で、お店をぐるーーーっと見渡してみたとき、メニューブックはどうでしょうか?

お客さんが一番最初に手に取り、目にするメニューブックの身だしなみもお店の重要な一部だと思う訳です。

 

今回はオシャレなスタッフさんにも負けない、オシャレなメニューブックをご紹介します。

 

 

 

今回お邪魔したお店は今年5月にオープンしたばかりのカフェ、nanairoさんです。JR奈良駅西口より徒歩1分の距離でありながら、店内はゆったりと寛げる落ち着きのある空間です。

真新しい内装は木をベースにお洒落でとても温かみを感じる造りです。インテリアに植物がふんだんに取り入られたボタニカルな空間はもう一つの自分の空間としてつい長いしたくなる気持ちを誘引します。

 

 

 

デニムをまとったメニューブック

img_8036

メニューの力:インディゴブルー ビスタイプ

こんなお店にしたい!』と、オーナーさんであれば完成イメージを描くはずです。そのイメージに近づけるため内装の材質やインテリアの家具や装飾など、数ある候補の中から比較検討してベストなパーツを決めるのではないでしょうか。ただメニューブックはそもそも比較検討できる商品の種類が少ないことが問題でした。お店のカラーとは明らかに違うものを選ばざるを得なかった、、、そんな経験が業態問わずお持ちではないでしょうか?

 

 

そこで開発されたのがデニムシリーズです。動機はいたってシンプルです。カフェスタッフさんがかっこよく着こなすデニムがメニューブックにもあったらきっとかっこいいはず。メニューブックになることで衣服では定番のデニムがとても新鮮でオリジナリティ溢れる一冊になりました。

このデニム素材のメニューブックは高品質オリジナルメニューブック通販サイトの「メニューの力」からお求めいただけます。

メニューの力

 

使っていくたびに味がでるデニム

img_8037

使用しているデニムは本物の岡山デニムを使用しているため、使うたびに独特の風合いが出てきます。オープンから半年たったnanairoさんのデニムは実際のジーンズの様に程良いほつれが出来ていました。またメニューブックの汚れはつきものですがそれさえもアジに変えてしまうのがデニムが持つ良さではないでしょうか。

 

 

 

カフェ・ランチ・ディナーがこの一冊に!

img_8038

カフェメニュー

img_8039

ランチメニュー

img_8040

ディナーメニュー

立地がら、一日を通じてライフスタイルの異なるお客さんが多く来店されます。ですがメニューはこの一冊にすべて集約されています。情報量がかさむと見にくくなってしまいがちですが、意図的にページごとの表現を変えているため単調になることなく分かりやすいデザインになっています。また、カテゴリーごとに色でも分かるようにページ下部に帯を設け、より見やすい工夫をしています。

 

 

 

シーンにあわせて本格的な食事が楽しめます!

img_8027

nanairoパンケーキ  Mサイズ 850円

奈良県産小麦使用のオリジナルパンケーキ。

 

img_8023

生ハムと季節の野菜ピザ 1,280円

季節の野菜と生ハムのハーモニーがGOOD!

 

img_7986

ガーリックシュリンプ 850円

お酒がすすむバルメニューも豊富です!

 

 

 

利用時間にあわせて楽しめる食事が豊富です!また14時から22時までたのしめるメニューは【当店イチオシ!】として店頭の黒板メニューで演出されていました。カラフルで可愛いイラストがアイキャッチ抜群でした。

img_7977

ALL Today’s メニュー

 

 

 

〆はデニム × デニム のコラボ!

img_7996

最後はnanairoスタッフさんとデニムメニューブックのコラボで撮影です。スタッフさんが着用するデニムとの相性もバッチリですね!これから使われていくことで、メニューブックもより渋くなっていくことでしょう。メニューブックもスタッフの一員なのです!再訪が今から楽しみな、Cafe&Kitchen nanairoさんのご紹介でした。



お問い合わせ