2月はイベント少な目とかもう言わせない。早見表+サポートツールで売り上げUPの月に!

292 view

あっという間に1月が終わり、今日から2月に突入しました。
正月ムードはとっくに過ぎ、次は歓送迎会の準備と、飲食店の皆様は忙しい毎日を送られているかと思います。

ただ寒さのピークを迎えるこの2月は8月と並んで、飲食業界にとって売り上げが最も落ち込む時期と言われています。いわゆる、二八の法則です。

 

クリスマス・忘年会・新年会・送別会・歓迎会・・・等々

飲み会イベントが少ない時期だからというのが、大きな理由の一つのようです。
ですが本当にそうなのでしょうか?
調べてみると決してそうではないことが判明しました。

 

 

2月のおもな記念日・年中行事

● 2月2日は「夫婦の日」「麩(ふ)の日」
● 2月3日は「節分」「大豆の日」「のり巻の日」「にんじんの日」
● 2月4日は「立春」
● 2月5日は「ニゴロブナの日(~7日)」「ふたごの日」
● 2月6日は「海苔(のり)の日」「抹茶の日」
● 2月7日は「フナの日」「福井県ふるさとの日」
● 2月8日は「御事始め(おことはじめ)」「針供養」「白馬そばの日」
● 2月9日は「ふく(ふぐ)の日」「肉の日」
● 2月10日は「ふきのとうの日」「豚丼の日」
● 2月11日は「建国記念の日」
● 2月12日は「レトルトカレーの日」「黄ニラ記念日」
● 2月14日は「バレンタインデー」「煮干の日」
● 2月16日は「寒天の日」
● 2月17日は「千切り(切り干し)大根の日」
● 2月19日は「雨水(うすい)」「ひな人形飾りつけの日」
● 2月20日は「夫婦円満の日」「アレルギーの日」「水戸の梅まつり(2/20~3/31)」「愛媛県政発足記念日」
● 2月22日は「おでんの日」
● 2月23日は「富士山の日」「ふろしきの日」
● 2月25日は「ヱビスの日」
● 2月26日は「フロリダグレープフルーツの日」
● 2月27日は「冬の恋人の日(絆の日)」
● 2月28日は「ビスケットの日」

 

出るは出るはの毎日が記念日状態です。
気は持ちよう、イベントは使いよう!
と、言うことで今回はイベントを活用して売り上げアップにつなげるサポートツールをご紹介します!

 

 

メニューエクスプレスで寒い2月を盛り上げてみるw

記念日やイベントに絡めて売り上げUPにつなげてみませんか?使用するツールはおなじみのメニューエクスプレスです。もともとが日替わりメニューを訴求するために作ったアプリのため、1日だけの限定ものに強みを発揮します!

イベントに合わせた料理や商品をスマートフォンで撮影し、デザインテンプレートに入れ込むだけでイベント専用POPが作れてしまいます。簡単すぎるからと言って拍子抜けしないでください。例として既に利用頂いているアプリユーザーさんからの投稿作品をご覧頂きたいと思います。

それではどうぞ!

 

Menu Express
Menu Express

 

 

 

2月3日は節分の日

恵方巻きテンプレート

関東でもすっかり定着した感のある恵方巻きですが、最近では飲食店さんオリジナルの恵方巻きを店頭販売するお店も増えているようです。そんな時にぴったりなのがこのデザインテンプレートです。ぴったりと言うか、恵方巻き用に作った専用テンプレートのため間違いなく合うのです。撮影した商品写真を余白部分に入れ込むだけで簡単にPOPが作成できます!売り上げアップで縁起の良い節分にしましょう!ちなみに2017年の方角は北北西です。

 

 

 

2月6日は抹茶の日

抹茶テンプレート

愛知県の西尾市茶業振興協議会が西尾茶創業120年を記念して制定。茶道で釜をかけて湯をわかす道具「風炉」から「ふ(2)ろ(6)」の語呂合せ。

あやかりましょう!!そんな抹茶の日にぴったりなテンプレートがこちらです!デザート訴求で1オーダーゲットしましょう!

 

 

 

2月9日は肉の日

肉の日テンプレート

近年の肉ブームの影響か、昨年あたりから2月9日の語呂に合わせた肉の日フェアを開催するお店も増えています。当日だけの目玉商品として事前告知すれば効果は期待できるのではないでしょうか。

 

 

 

2月10日は豚丼の日

豚丼定食テンプレート

北海道で豚丼などのたれを製造する株式会社ソラチが制定。「ぶ(2)たどん(10)」の語呂合せ。十勝名物の豚丼を記念する日。

今年の9日、10日は肉2連投であやかりましょう!!

 

 

 

 2月14日はバレンタインデー

バレンタインデーテンプレート

2月一番のビッグなイベントはバレンタインデーではないでしょうか。お店からのさりげないサービスとして、ワインとショコラのマリアージュを提案されてみてはいかがでしょうか。どのワインでもPOPにできるようにラベルの箇所だけ撮影してはめ込めるテンプレートになります。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?
オーソドックスなものから、やや強引なものまでありましたが、いずれも超簡単に作れるのがメニューエクスプレス最大の特長です!2月の売り上げアップのために今日から仕込んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

img_7299Webライター山崎達弥
1979年12月12生。新潟県出身。メニューデザイン研究所メディアの専属ライター。初めてのラーメン屋は必ずチャーシュー麺を食べる派です。飲食店さんをこよなく愛する山崎が執筆させて頂きました。


お問い合わせ