今回は大衆業態の飲食店オーナーの声から生まれた課題解決ツール「お店丸ごとメニュー」についてご紹介します。

個店居酒屋、大衆酒場、バルなど大衆業態において店頭・店内ツール等でのお店の雰囲気作りは、売上を左右するとても重要なものです。

そんなお店の雰囲気づくりを、メニュー専門のデザイン会社「メニューデザイン研究所」が提供する飲食店の課題解決ツール「お店丸ごとメニュー」で手助けします。

 

「お店丸ごとメニュー」とは?

お店丸ごとメニューとは

「お店丸ごとメニュー」とは、メニューデザイン研究所が提供する飲食店の課題解決ツールです。飲食店の課題を抽出し、それぞれに対して解決策を検証し、お店のメニューを丸ごとプランニングします。

特に個店居酒屋、大衆酒場、バルなど、大衆感のある飲食店にはおすすめのツールで、大衆感を出すため職人達による技と、納品店舗10000店舗以上の実績で培ったメニューデザイン研究所のデザインノウハウを組み合わせて、お店の課題解決や売上向上に取り組み、ご繁盛へと貢献していきます。

 

飲食店のこんなお悩みを解決!

お悩みの声から生まれたお店丸ごとメニュー

「お店丸ごとメニュー」は飲食店のお悩みの声から生まれました。実際の大衆居酒屋、大衆酒場の飲食店オーナーに多いお悩みの声を集めてみました。

お悩み飲食店
店内POPは張っているが、ごちゃごちゃ飾りになっていて、目に入らないしお客様もあまり見ていない...。

 

お悩み飲食店
内装がシンプルすぎるので、高そうなイメージがついている。日常使いの大衆感のあるお店に印象付けたい...。

 

お悩み飲食店
他の業務で手一杯で、メニューやお店の雰囲気作りに手をかけられない。1年中、同じ内容のPOPを貼りっぱなし...。

 

 

「お店丸ごとメニュー」で、このような飲食店のお悩みを全て解決することができます。

 

「お店丸ごとメニュー」5つの特徴

「お店丸ごとメニュー」の5つの特徴をまとめていきます。

1動線を考えた配置のプランニング

メニューの配置

入り口から着席までお客様の目線や動線を踏まえ、設置物の整理を行い、これまで培ってきたデザインノウハウで効果的に訴求します。配置や見せ方一つでお店の印象は大きく変わり、お客様の目に触れやすくすることで、客単価向上に繋げたり、そういった効果検証などを含め、お店を丸ごとプランニングしていきます。

 

2大衆感溢れるお店へ雰囲気改善

お店丸ごとメニュー

お店のイメージを形にするために手書きPOP、チョークアート、木工、エイジングなど、様々な職人たちの技によって具現化し、人の手が見えるツールで本物感、温かみ、オリジナリティを伝え、お店の魅力をアップします。親しみやすく、味のある文字やメニューに来店したお客様の安心感や満足度を高めます。

 

3短納期・低コストで導入可能

お店丸ごとメニュー

「お店丸ごとメニュー」は、通常のメニューデザインと比べ、納品までの工程が少ないので短納期かつ低コストでの導入が可能になります。これにより、チェーン店などの規模の大きな飲食店ではなく、個店経営のオーナーでも手の届くような価格設定が実現できました。

 

4商品鮮度を伝えるライブ感の演出

お店丸ごとメニュー

個店の強みである日替わり、季節メニューなど「旬」のメニューをうまく導入し、お客様に商品鮮度を伝えます。そうすることにより、メニューの希少価値を高めることができ、またお客様に狙い通りの注文をしてもらいやすくなります。

 

5「手書き」+「デザイン」の組み合わせ

書き文字職人が書きます

「手書き」+「デザイン」の組み合わせによって酒場・バルとしての賑やかしを演出し、飾りだけではなく見やすさ、わかりやすさ、機能性を兼ねたものにします。手書き文字はお客様に安心感や親しみやすさを感じさせることができます。その手書き文字の良さを大衆感を引き出すためにうまく組み込みます。

 

 

納品までの流れ

「お店丸ごとメニュー」の納品までの流れをご紹介します。

お店丸ごとメニュー納品までの流れ

  1. メニューデザイン研究所へお問い合わせ。
  2. 店舗にて現調・お打ち合わせ
(この際にお取り組みのゴール(目標)を設定・共有)
  3. ご提案書提出・ご確認
  4. 納品

 

※ツールにより納期は異なりますが、お問い合わせいただいてから大体3週間で納期になります。おおよそのスケジュール感です。

 

「お店丸ごとメニュー」導入店舗の声

インタビューを受ける畑本オーナー

有限会社グランドライン 畑本 拓様
有限会社グランドライン代表取締役。兵庫県三宮に、港町神戸のやたらと魚が旨い店、「ウオサンジ」と、本格炭火焼鳥と創作逸品料理「鶏力」を経営。

 

Q.「お店丸ごとメニュー」の依頼の決め手はなんですか?

畑本社長
 メニュー作成は内製していましたが、他の業務で手詰まりとなるにつれ、自分たちでサイクルを回していくことが困難になっていきました。経済的にコストをかけてでもプロに頼むべきと感じ、メニューデザイン研究所さんにメニューPOPの依頼をお願いするにいたりました。

 

 

Q.納品後のメニューの反響を教えてください。

畑本社長
 お客さんからの反響は上々です。手書きのPOPで店内に活気が生まれましたし、これを見て頼まれるお客さんも増えました。商品に対して、お客様からの質問も増えており、コミュニケーションのきっかけになっていることは確かで、コミュニケーションツールとして進化させることもできるのではと思います。

 

 

今すぐお店の課題解決を!

メニューデザイン研究所

メニューデザイン研究所は飲食店専門のデザイン会社で、飲食店様とより近い距離でお仕事することを強みとしています。お店の課題やお悩みを抱えている飲食店オーナー様はまずは気軽にご相談、お問い合わせください。我々が誠意を持って飲食店のご繁盛へと貢献します。

 

 

 

 

▼お悩み飲食店様へ こちらもおすすめ▼

 

この投稿は役に立ちましたか?
55人中55人がこの投稿は役に立ったと言っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事