ちょっとブレイクのつもりが、遊びも真面目なんです。世界一山が好きな、デザイナー大川君の休日。

こんにちは、WEBライター山崎です。

人は好きなものがあれば時間を忘れると言いますが、みなさんはそんな没頭できる何かをお持ちでしょうか?

今回の登場するのは大阪本社で働くアラサーデザイナー 大川君です。1週間の英気を山で養う、自他共に認める山人間です。そんな彼の力の源に迫ってみました。それでは大川くんよろしくお願いいたします。

 

 

 

こんにちは。
毎週必ず金剛山もしくはどこかの山に登っている大川と申します。

001

登山といえばバキバキに足腰を鍛えられるイメージですが、
実は全身運動でホントに体力を使うんです。
一山登った後は当然お腹が空きます。
そこで今回はホームグラウンドの金剛山の麓で見つけたお気に入りのお店を紹介したいと思います。

 

 

 

蕎麦屋 縁(えに)

002

大阪唯一の村、千早赤阪村の登山口付近に噂の蕎麦屋があります。

 

 

 

2015年の夏にオープンしたばかりのお店で、
一見、普通の民家なので車で通ると見落としてしまいます。
営業日、営業時間も限られていますが、売り切れ次第終了する人気店です。

003

のんびり登山をして訪問すると既に売切れ御免で閉まっていることも。

 

 

 

ホントに民家です。
ご主人の話によると離れを改装したとの事で、
庭には山でしか見られない珍しい植物がたくさん自生しています。

004

 

 

 

店内は天井が高く明るい開放感があって
外観から想像できない広さを感じます!
晴れているときはこんな感じでいつも賑わっています。

005

 

 

 

 

人気の縁(えに)セット!
お蕎麦にいろんな小鉢が付いたお得なセットで
真っ先に売り切れる人気メニューです。
1300円。

006

 

 

 

 

このお蕎麦は目の前の金剛山の美味しい湧き水を使って作られています。
名水で作った手打ちそばに、生ワサビでをつけて食べる
ざる蕎麦や、にしんそばなどのあたたかい蕎麦メニューもあります。
茨城県は常陸(ひたち)から蕎麦の実を取り寄せ、
自身で挽かれて手打ちをされてらっしゃるとの事。

007

 

 

 

ちなみに金剛山の中ではカトラ谷ルートの湧き水が
一番の名水だと言われています。
登山道はこんな感じで清涼感があり美しく、珍しい
動植物も多く生息しているのでお気に入りの登山ルートです。
(バリエーションルートは危険箇所多し!滑落注意!)

008

 

 

 

 

大根入り肉だんごのみぞれかけ
小鉢でちょっとしたお楽しみがたくさんあります。

009

 

 

 

どの小鉢も彩り豊かで可愛い。
もちろん味はどれも満足度が高いと思います。
毎月料理内容は変わります。

010

 

 

 

蕎麦湯も出してくれます。
お蕎麦を頂いた後のお出汁に入れて楽しみました。

011

 

 

 

 

今月のデザートは蕎麦粉とココアのカップケーキ
毎月、趣向を凝らしたデザートが楽しめます。

012

 

 

 

 

過去の写真ですが、これはそば茶のブランマンジェ。
ほのかに蕎麦の香りが漂います。
最高傑作のデザート、もう一回出して欲しいなぁ…

013

 

 

 

 

薬味のわさびも香り高く美味しい。

014

 

 

 

別メニューの野菜天ぷら。
シンプルに塩で頂きます。

015

 

 

 

メニュー表も個店らしい手作りで
温かみを感じます。
山で癒された後も気持ちはさらにほっこり。

016

 

 

 

縁(えに)のご主人は植物に大変詳しい方です。
庭先の植物についても色々と教えて頂きました。
金剛山は花の多い山なので
癒しを求めて登ってみるのもいいでしょう。
絶滅危惧種のサイゴクサバノオも運が良ければ
見ることができます。
大阪では金剛山にしか生息していません。

019

 

 

 

 

山は時に厳しく、

022

 

 

 

時には優しく、思いもよらない情景を見せてくれます。

021

 

 

 

山で汗を流した後は
美味しいお蕎麦でお腹を満たして帰るのが
最高にオススメです♪
金剛山は登りやすい登山道から過酷なルートまで、
60以上もの登山ルートに恵まれています。
登山がてら麓でちょっとローカルな空気に浸って
ほっこり過ごしてみては如何でしょうか。

022

 

 

 

 

 

img_7299

デザイナー 大川 一
1986年6月16生。AB型。兵庫県神戸市(心の故郷:島根県浜田市)。毎週必ず登山をする山狂い。よく登る山は金剛山、大峰山系、台高山系。最高の山メシを求め、色んな山をさまよっています。金剛山の登頂回数は現在86回。



メニューの力

業態別からメニューブックを選ぶ