【ポートランド特集3】コンセプトは、ワーキング・ショールーム!? クラフトビール好きにはたまらないLabrewatory(ラボリュアトリー)

578 view

日本のキリッとスッキリした味わいの生ビール美味しいですよね〜
蒸し暑い日本の夏に飲むにはピッタリですね。
私もアメリカ在住ながら暑い日には、一杯目は日本メーカーさんのビールが飲みたくなります。

ここロサンゼルスも少しづつ気温も落ち着き、秋めいてきました(ほんのチョットですが…)
暑さも落ち着いてくると飲みたくなるのが味わい深いクラフトビール、味も香りも多種多様なクラフトビールをチョビチョビ楽しみながらソーセージでもパクつけば幸せそのものです。

今回ご紹介するのは、飲んで美味しい!! 聞いて驚き!!独自のビジネスモデルを展開しているタップルームです。

dsc00622dsc00623 dsc00624

 

ワーキング・ショールーム!?てなに?

さてこちらのお店ですが、ただのタップルームではありません。
実はいうとオーナー会社はPortland Kettle Works(ポートランド・ケットル・ワークス)という醸造設備メーカーさんになります。設備メーカーさんですからショールームがあっても驚きませんね。しかし通常のショールームと違うのはショールーム兼ビール醸造所になっているところです。(普通+普通=驚き!)
当然、大型で高額な設備になりますので、買う側も商品選びには慎重になります。
そこで実際に購入を検討する前に小型の設備を使用して自分たちでビール作ることが可能なのです。
これは購入する側からしたら安心ですね。

タップルーム奥にある醸造所、小型の醸造設備が並びます。↓

dsc00628 dsc00634 dsc00633  dsc00631 dsc00630

新商品を作りたいけど作れないもどかしい悩みを抱えた
ブルワーたちの救世主!!

なんと利用できるのは、購入検討としているお客様だけではありません
ワーキング・ショールームの他にもコンセプトがあります。
それは店名にもこめられている「Lab(店名:Labrewatory(ラボリュアトリー))」
読んで字のごとくまさに「実験室」。

・既存の商品をブラッシュアップしたい!

・新製品アイディアを試したい!

・全く新しい配合を実験したい!

などなどブルワーたちはアイディアを実現したいが、
お客様が待っている主力商品を製造する大事なラインは止められない
小型設備でいいとは言え、実験のために設備を増やすには費用がかかりすぎる等悩みは尽きません。
そこは、「共存・共生・共栄」の街ポートランド
醸造設備メーカーが使い手であるブルワー達を助けるのです!!
さらに、ここの設備を利用してビール醸造所がコラボしたりもします!

dsc00638

なんと、日本のブリューワーリーポートランドのブリューワーリーコラボビールまで

しかし残念ながら売り切れで飲めず ⤵

もうお気づきですね。ビールを作れば、飲みたくなる!これ自然の摂理です!!
なんと醸造所まえにあるタップルームで販売までしてくれるのです!!

どんだけ親切なんだ〜〜〜

正直、個人的には話を聞いてるのが面白くて面白くてワクワクしました!

ポートランドビジネスのテーマである「共存・共生・共栄」に加えてコラボレーションまで加わりました。

こんなことできたら楽しいな〜て思うことをとても自然にやってのけるポートランド、だ〜れも損しないこのビジネスモデルとても興味深いですね。

Labrewatory(ラボリュアトリー)

670 N. Russell St, Portland OR 97227
TEL 971.271.8151

 

 

 



お問い合わせ