【ポートランド特集5】アメリカ南部のおふくろの味がポートランドに上陸!! ビスケットサンドイッチ専門店【Pine State Biscuits】

一体なに?ビスケット?クッキー?それともスコーン!?

みなさんビスケットと聞いて、どんなものを思い浮かべますか?クッキーのような薄いものを想像したそこのあなたの脳はイギリス寄りかも。そしてケンタッキーのスコーンのようなものを想像したあなたは、アメリカ脳寄りかもしれません。なぜかというと、イギリスでのビスケットは日本でいうクッキー。日本のように、ビスケットとクッキーの区別はなく、焼き菓子は全般的にビスケットと呼ぶみたいです。ちなみにクッキーはアメリカ英語なので、イギリス人はほとんど使わないらしいです。 イギリスではスコーンがアメリカのビスケットと同等の意味で使われるんだとか。アメリカで言うビスケットは、日本ではケンタッキーフライドチキンのメニューとしておなじみ。丸〜くふんわりバターの香りがたまらないサクサクのあれです。美味しいですよね~!

さて今回紹介したいのはポートランドの人気ビスケットサンドイッチ専門店【Pine State Biscuits】です。

dsc00539 dsc00535dsc00536

ポートランドに4店舗構える、このお店は元々アメリカ南部(ノースカロライナ州)出身の大学時代の友人3人で立ち上げたそうです!子供の頃から食べ馴染んだ南部のカンファートフード(おふくろの味)を北部でも広めようと決断したのがこのお店のサクセスストーリーの始まりです。

dsc00547dsc00552  
dsc00551 dsc00550 dsc00549 dsc00545 dsc00544
dsc00542

店内は無機質なインテリアが特徴で、色々な工具が無骨にディスプレイされていたりして面白い空間。その中でメイソンジャーのランプがとてもいい感じで手作りオーガニック感を出していてます。

南部料理といえば、フライドチキンも定番中の定番です。Pine State Biscuitsのチキンはバターミルクとカイエンペッパーのタレに2日間漬け込んであるそう。そのチキンをTexas Pete Hot Sauceや黒胡椒など多種混ぜた自社秘伝のスパイスに絡めてカラッと揚げてあります。 そりゃー美味しいの間違い無し!!

dsc00558

今回頼んだのはこの店の鉄板メニュー The Reggie($8)

The Reggieはフライドチキン、ベーコン、チェダーチーズをビスケットで挟んだサンド。

グレービーソースがたっぷりかかっていて、見た目からしてとても美味しそう!チーズがとろけまくりです!!グレービーソースがクリーミーで濃厚なうえに、フライドチキンのスパイスがさらに味に深みを出しています!チーズのまろやかさもあるので、チキンのスパイスが主張しすぎず、ちょうどいい感じ。ビスケットのバターの香りとベーコンの塩味も見事な組み合わせで期待を裏切らない美味しさに感動!!!

 

dsc00560

こちらはSteak Club($8)

牛たたき脇肉ステーキと、ブルーチーズ、エアルームトマト、バターレタスのサンド。重くなりがちなステーキが、野菜とブルーチーズソースとの組み合わせによってさっぱり食べやすくなっています!ヘビーなものが苦手な女性の方にもオススメです。

今回注文したのはこの2つだけでしたが、お店にはまだまだ美味しそうなメニューがいっぱい!さすが南部料理とあって、サンドイッチの半分はフライドチキンメニュー!でもここに来たらフライドチキンはマストです。

いや~ 決まったメニューなんて、つまらない!自分でクリエイティブにサンドイッチを作りたいというチャレンジ精神いっぱいのあなた。ご安心ください。Pine State Biscuitsでは自分で好きなものを選んで作れるカスタマイズサンドもあるんです!!

多種多様な人々が暮らすアメリカではフレキシブルな対応ができるメニューが人気です。

 

当たり前ですが、同じアメリカ国内でも、色々な食習慣、風趣がありますからね!

アメリカ南部のおふくろの味を試しに、ポートランドに立ち寄った際にはみなさんもぜひ足を運んでみてくださいね!

Pine State Biscuits

2204 NE Alberta
Portland, OR 97211