約8割もの飲食店が人手不足に陥っているといわれる現代、人手のなさは余裕のなさとなって、さまざまなところに悪影響が及んでいます。

 

パワハラやセクハラといった問題も例外ではありません!

 

この記事では飲食業界で起こりがちなパワハラの事例を元に専門家のアドバイスを交えて対策します。

 

パワーハラスメントとは?

「同じ職場で働く者に対して、上司・店長などの職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」です。言っている本人に悪意はなくても、言われた相手がどう受け取るかで「パワハラ」になることもあります。

 

以下では、飲食業界でやってしまいがちなパワハラの事例をあげています。あなたは大丈夫ですか??

 

その1.休暇を認めない、理由をしつこく聞く

休暇を認めない
年休の取得を申し出ても、会社がそれを認めずに出勤を命ずるような場合には、労基法違反の疑いがもたれます。労基署に申告がだされることで会社への調査が入る可能性があるため十分注意が必要です。

 

その2.休日出勤を強いる

休日出勤を一方的に強いる
相手に有無を言わせず休日出勤を強制するのはパワハラにあたります。それ以外にも、研修や懇親会などの強制参加も休日出勤の対象となるので注意が必要です。

 

その3.ミスを必要以上に責める

注意や指導が「業務の適正な範囲 」といえるかが判断の基準です。例えば身体的な攻撃やひどい暴言は適正な範囲とは言えません。最近ではSNSを利用した被害も増えていますがこれも同じくです。

 

その4.閉店後に飲みに付きあわせる

閉店後に飲みに付き合わせる

誘いを断れているにも関わらず、無理やり付き合わせることも立派なパワハラとして認められます。好意で誘っているとしても強要する時点でアウトになります。

 

専門家に聞く対策例

井筒弁護士

四ツ橋総合法律事務所 井筒弁護士

パワハラを横行させない対策はあるのでしょうか?労働問題に精通している四ツ橋総合法律事務所の井筒弁護士にお話を伺いました。

 

井筒弁護士
四ツ橋総合法律事務所の井筒が解説します!

 

就業規則を作り周知徹底する

井筒弁護士
防止策としてまず考えられるのが就業規則によるハラスメント情報の周知となります。具体的にはパワハラが実際に起こった際の加害者に対するペナルティーを記載することにより、従業員の意識を日頃から高めることができます。

 

相談窓口の設置

井筒弁護士
相談窓口が名ばかりのものにならないために、相談者が相談しやすい配慮が設置には必要です。例えば男女2名体制にすることで話しやすさと公平性が保たれます。人手が足りず直ぐには無理という場合は、労働基準監督署の総合労働相談コーナーを利用することも可能です。

 

風通しの良い環境作り

井筒弁護士
コミュニケーションが活発に交わされている環境は、従業員のモチベーションを高め、生産性の向上につながります。依頼の仕方ひとつとっても、言い方を柔らかく変えたり、選択肢を与えることで相手側には余裕が生まれます。

井筒弁護士
窮屈な環境からコミュニケーションが行き届いた風通しの良い環境を心がけることが重要なのです!

 

それでもトラブルになった時は?

どんなに対策をしていても、実際に問題が生じた場合にはどのような対応をすべきなのでしょうか?

井筒弁護士
パワハラが発覚した際に最も重要なものがスピードです。精神的にダメージを受けている被害者のためにも、問題を長期化させないためにも、迅速な事実関係の確認が相談担当者には求められます。

 

井筒弁護士
またそれは事実が確認された時にも同様です。行為者に対しては就業規則に基づき、懲戒処分を行います。また被害者には報告とケアが必要となります。迅速な対応こそが事業所からの誠意と捉えられ、円満な解決を生みます。問題の発生を真摯に受けとめ、対策をカスタマイズしていくことも必要です。

 

パワハラにお悩みの経営者の方に朗報!

ハラスメントにお悩みの経営者の皆様に井筒弁護士から朗報です!

井筒弁護士
飲食店経営者の皆様にとって、パワハラには多大なリスクが潜んでいます。当然、パワハラが横行する店舗では従業員の定着率は望めないことでしょう。しかし、考え方を変えればパワハラが起こらない環境には、従業員が伸び伸びと働く姿があるはずです。

 

井筒弁護士
予防策や対応策をともに専門家に相談することで経営者の皆さまの負担は大きく軽減されます。私共四ツ橋総合法律事務所でもハラスメントに関する相談窓口を設けています。またこの記事をご覧頂いた方はMEDIYを見たよ!』で初回相談料無料とさせて頂きます。この機会にハラスメントでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事