クイックな編集と写真で売上機会を逃さないメニューアプリ

MEXお客様の声のアイキャッチ画像

スマートフォンだけでA4メニューが作れるアプリ、それがメニューエクスプレスです。手軽で簡単に作成できることから多くの飲食店様にご利用頂いています。しかし、『いざ作ってみたもののどう使っていいのか分からない?』というお声も多く頂くようになりました。今回はヘビーユーザー様の声を元に活用事例をご紹介します。

 

取材店舗様

マンマパルマ外観

MAMMA PARMA グランフロント大阪店(UMEKITA FLOOR)

イタリアパルマ産生ハムとワインが堪能できるカジュアルイタリアン『マンマパルマ』。ユーザー歴3年の井崎マネージャーからお話をお伺いします。

 

 

グランドメニューの商品をおすすめメニューに

操作して満足げな井崎さん

マンマパルマ マネージャーの井崎さん

その日に売り切りたいと思った商品が浮かんだ時にメニューエクスプレスは使えます。例えばグランドメニューにある商品を今日のおすすめしたいとします。スタッフからの呼びかけでお客様への案内は可能ですが、これだけでは中々注文にはいたりません。呼びかけに反応はしてくれるものの言葉だけではイメージしにくいのだと思います。

操作する井崎さん

その点、メニューエクスプレスは料理写真をそのままメニューにできるのでお客さんにも情報がスッと入りやすいのだと思います。結果、注文もスムーズにとることができています。それを可能にしてくれるのもメニューエクスプレスのクイックさがあってのことです。

 

 

スポット使いできるテンプレート

日替りメニューの見本

イタリアンでも旬の食材メニューは欠かせません。季節ごとにメニューを開発していますが、夏メニューとして実際に提供したものが、“トマトと生ハムのカッペリーニ” です。トマトとお店のロゴカラーでもある赤を基調とするテンプレートが気に入って季節メニューとして作成しました。

グランドメニューに差し込んで使っている日替りメニュー

グランドメニューに差込めば季節ごとにおすすめメニューとして訴求ができます

グランドメニューの改変は年に2回行っていますが季節メニューごとに作り直してしまうと時間もコストもかかってしまいます。その点においてもメニューエクスプレスは商品があれば一瞬でメニューを作成できてしまいます。グランドメニューとの併用で一年を通じてお客さんを飽きさせず出数を高めることができます。

夏メニューは日替りテンプレートを使用しましたが、毎月ごとにその時期にぴったりなテンプレートがリリースされるので自分たちに合ったデザインを選んで利用しています。

 

 

端材も売上に変える!

直径37センチのハンドスライサーでカットする「プロシュット・ディ・パルマ」

このお店ではイタリアパルマ産の生ハムをハンドスライスして提供しています。ですがスライスするとどうしても端材がでてしまいます。そのままでは廃棄になってしまうため別メニューにアレンジして翌日のランチにお値打ち価格で提供しています。

スペシャルメニューのテンプレート

イタリアパルマ産の生ハムの端材を利用して作ったランチメニュー

端材とはいえ物は良いので男性サラリーマンを中心に人気を得ました。とっさに思いついた料理でしたがクイックに編集ができて写真付きのメニューPOPとして一緒に提供できたのが良かったのだと思います。いくら端材を利用したメニューでも、お客さんの目に入らず注文されなければロスと変わりありませんメニューエクスプレスはタイムロスなく、売りたいときにすぐに売れることがでます。本当に助かっています。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?メニューエクスプレスは写真とクイックな編集機能で売りのチャンスを逃しません。無料アプリでここまでできるのはメニューエクスプレスだけです。気になるスペックやダウンロード情報は下記からご覧頂けますので是非こちらもご覧ください。

 

今すぐMenu Expressをダウンロードする▽▽▽