”飲食業界で「従業員が不足している」割合は80.5%” という統計データがあります。※帝国データバンク調べ(参考:人手不足に対する企業の動向調査 2017年1月)人手不足はもはや店舗運営にとって避けることのできない問題です。人手不足が続くことで従業員一人ひとりの負担が増え、仕事への不満が募り、せっかく人を増やしても人が辞めてしまう危険性もはらんでいます。そんな人手不足に悩まれる方に読んで頂きたい「人材紹介サービス」を紹介します。

 

この記事はこんな方におすすめです!

  • 採用募集をしても希望とは異なる人材が集まってしまう。
  • やっと入社してもらえても1ヶ月ともたずに辞めてしまう。
  • 人材不足の為、求人広告を常に使っているが、思うように人が集まらず広告費がかさんでいる。

 

飲食店の人手不足はなぜ起こるのか?

飲食業界の80%が人手に悩んでいるのに対し、全体での平均は30%弱にとどまります。飲食業界の危機的状況がこの差からも見てとれます。ではなぜこれ程までに飲食業界は人手不足に陥るのでしょうか?

従業員の給与水準の低さ

飲食店では料理のつくりおきがほとんどできないため、従業員は常に一定数確保する必要があります。人件費が多くかかりやすく、食材の仕入れやテナント料などかかる費用も多いため利益率が低い傾向にあります。そのため従業員の給与水準にも影響があると考えられます。

 

休日の少なさ、拘束時間の長さ

土日休みが多い一般企業とは異なり、飲食店は土日での営業が多いため、従業員の休日は不規則です。また、祝日やGWなども営業日であるため年間休日も少なく、飲食サービス業の年間休日平均は95.7日と、全体平均の108日と比較すると10日以上も少ないのです。こうした労働環境の厳しさも、人手不足の大きな要因と言えます。

 

人手不足が引き起こすリスク

人手不足に陥っている飲食店では、既存の従業員による穴埋めの負担が増え、労働環境がさらに悪化します。結果として、採用しても人材が育ちにくい環境を生み出し、早期退職してしまうという負の連鎖に陥ります。とは言え、不足している人材は常に補う必要があります。次では求人募集の種類を正確に知ることで、現在している募集方法が適正であるかを見ていくことにしましょう。

 

適正別に見る求人募集の方法

求人募集を行っても面接の時間だけが増えて希望とする人材に中々出会えない。そんな経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。それは求人募集の方法そのものを誤っている可能性があります。

 

求人マトリックス

上記の図表は募集方法ごとの特徴を「コスト」×「人材のスペック」×「人材の母数」の3軸でポジショニングしたものになります。今行っている募集方法にミスマッチがないか例をあげて見ていきましょう。

 

「知人紹介」という方法

「コスト 」が最もかからず、「人材のスペック」にも一定の期待がもてるものに 「知人紹介」が挙げられます。即戦力としての期待ももたれますが、一般的な採用プロセスの段階を踏まないケースが多いため、のちのちミスマッチが起きるリスクも潜んでいます。

求人方法を誤ることでミスマッチを招くリスクは募集側にもあることが言えるのです。

「人材紹介」という方法

「知人紹介」と対照的な位置にあるのが「人材紹介」です。コーディネーターと呼ばれる担当者に、求める人物像・スキルなどを伝えると基本的にはそれに合致する人材を紹介してくれて、候補者との連絡なども仲介してくれます。そのため、一般的な採用活動における応募・面接・選考にかかる手間を少なからず軽減できます。紹介してもらった人材を採用する場合、紹介手数料として人材紹介会社に報酬を支払います。

 

この投稿は役に立ちましたか?
0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事